スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館とビデオの2本

9月27日(土) 

 前日からの雨模様で山や海へは行かずに、午前は映画館で 「最後の初恋」 を観る。
リチャード・ギア&ダイアン・レイン主演ということで、原作がニコラス・スパークスであるということで観ることにした。少し前まで、「きみを想う夜空に」の映画化だと思ってました。

エイドリアン、45歳。ポール、54歳。
海辺にひっそりとたたずむ小さな村、ロダンテで二人は出会った。ともに結婚生活を失い、孤独な心を抱えたまま。冬の嵐がロダンテを襲った夜、二人は人生で初めての真実の愛に気づいた。五日間で知った、一生の恋。熱い恋を描きながら、終盤意外にも悲劇的な展開をみせる。それぞれの家族が抱えている問題もしっかり描かれている。
 
   hatukoi.jpg      hatukoi2.jpg    hatukoi3.jpg


 午後はレンタル店で 「つぐない」 をみつけ観た。

 幼さゆえの潔癖さが生んだ罪と、それを償うチャンスすら奪い去ろうとする戦争の残酷さを描いた本作は、イアン・マキューアンのベストセラー『贖罪』を格調高く映像化した作品。ヒロインのキーラ・ナイトレイとロビー役のジェームズ・マカヴォイは燃え上がる恋心と揺るぎない愛を見事に演じてみせる。そして物語の要であるブライオニーを新人シーアシャ・ローハン、ロモーラ・ガライ、大女優ヴァネッサ・レッドグレイヴが競演する。

 ブライオニーは、自分が59年間かけて何度も書き直しつつ完成させてきた回想記について考えます。いかにして贖罪を達成するか。ローラたちの死後でないとこの小説は発表できない。ブライオニーにとってこの小説で自分が宥(ゆる)されたとは思っていないという結びが映画とは違っている。ブライオニーのその後の様子など、映画では描かれない部分もあった。原作は内面描写を含めて圧倒される作品である。


    tugunai.jpg        tugunai3.jpg    tugunai4.jpg
 
スポンサーサイト

蒲生岳

久しぶりの映画2本

9月21日(日) 

   ダージリン急行  と やわらかい手  を観た。

   darjeling.jpg     softhand.jpg         mouitido.jpg

  は、「ずっと何か新しいことを始めたいと想っている人、でも始められない人。この映画はちょっとした勇気を与えてくれます。」とタラシにあった(鈴木おさむ)ので観てみた。

 父の死をきっかけに、長い間疎遠になっていたホイットマン3兄弟。長男の呼びかけで一年ぶりに再会した彼らは、失われた日々を取り戻すため、インドを横断する列車の旅に出る。おかしな出来事に遭遇しながらも、それぞれが抱えた心の傷がゆっくり癒されていく・・・

 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」も観たくなった。列車に腰掛けた3人いるチラシもいい。
  
  は、朝日の for your Collection に紹介されていたことと、あのM・フェイスフルが主演の映画ということを知っていたので観ることにした。

 難病の孫の高額な治療費を稼ぐため、仕事を探すおばあちゃん。見つけた仕事は彼女の天職ともいうべき、そのやわらかい手が十二分に生かされた風俗業! 細腕(手)一本で人生を大きく変えていく女性の姿に感動する。店のオーナーであるミキの考え方そして表情までも変えてしまった。そしてあのラストーシーンへ。

 M・フェイスフルが可愛くて魅力的だった。というより、見かけは随分と変わってしまったが顔の表情は昔を思い出させてくれました。


 

会津朝日岳

9月20日(土)  会津朝日岳  1624m

 福島県の只見町にあるこの山は、いつか登るだろうと思ってはいたけれど遠くに感じていた。朝2時間半車を走らせると苦労もせず登山口に着いた(7時50分)。車だ2台停まっていた。その一台が<徳島>であることに驚く。準備をしていたら、その人が下山してきた(1泊)。

 8時10分に登り始める。すぐの橋など、杉林の中や徒渉をしたりひたすら上りが続く。<三吉ミチギ>の水場で水を補給し、<人見の松>でしばし休む。

   asahi13.jpg     asahi2.jpg

 大クロベなるヒノキ科の大木に驚く、そして<叶の高手>付近から目標の山を捉える。
(左:周囲 385cm 高さ18m 右:周囲 535cm 高さ 22m 
                   =この樹と青空をとらえたアングルがちょっといい!かな)

   asahi4.jpg      asahi5.jpg         asahi3.jpg

 <熊ノ平>なる避難小屋を過ぎて(10時35分)、上りも次第にきつくなる。ロープもあり最後の急登を凌いで山頂に着く(11時10分)

   asahi7.jpg      asahi8.jpg      asahi9.jpg

 上りは休み時間(15分)を入れて3時間でした。山頂に若者が一人いて写真を撮ってもらったり、いろいろ話をする。30後下山し始める。途中、3人とすれちがう。先ほどの若者が途中で<キノコ>を採集していた。13時45分、無事に登山口に戻った。

 意外と早く降りてきたのでこの後、もうひとつの山を登ることにした。それについては後で追加または別にとり上げます。山の名は<蒲生岳>です。

   

 

燕岳

9月14日(日) 燕(つばくろ)岳  (2763m)

 5時に起きて、駐車場を後にして登山口に着いたらこれから登る多くに人がいた。5:48分登山開始。今日はコースタイム8時間の日帰りです。第一、第二、第三、そして富士見ベンチで少し休むも<合戦小屋>に着く(7:47)。これから合戦尾根を登っていきます。そして、8時30分<燕山荘>に着く。

   tubakuro1.jpg     tubakuro2.jpg    tubakuro10.jpg
 
  人のいない場所へ移動して目に入ったのが、時期はずれの<イワギキョウ>と<コマクサ>でした。

   tubakuro3.jpg     tubakuro6.jpg

 いよいよ、燕岳を目指します。だんだん近づいていって、ちょっと振り返ってみたり・・・

   tubakuro5.jpg     tubakuro7.jpg     tubakuro4.jpg

 山頂からの眺めです。私が写っている後方の雲がかかってるのが<槍ヶ岳>です。

   tubakuro9.jpg     tubakuro8.jpg    tubakuro.jpg



    

鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳

9月13日(土)    鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳  (2889m/2660m)

8月と違って天気の恵まれると思って、前日に出掛け駐車場での車中泊です。朝の準備の後、5時過ぎには登り始めなければ暗くなる前に戻ってこれるか心配になります。5時15分、小1時間の林道歩きの途中から雨が降ってきました。前回と違い、遠くの空が明るいし、視界も悪くないので頑張ることにした。

花に元気をもらって稜線に出る。青紫が鮮やかな<リンドウ>、そして<ミヤマキンポウゲ

         kyari1.jpg     kyari11.jpg

     kyari13.jpg     kyari4.jpg     kyari5.jpg

  稜線からの<冷池山荘>、 <小屋前の標識>、そして布引岳までの登り

     kyari7.jpg       kyari6.jpg      kyari8.jpg

 <布引岳>から<鹿島槍ヶ岳>左側の稜線の雲が消えたところをすかさず撮る。少し時間が過ぎると雲がかかって見えなくなる。中央は布引岳から振り返ったところです。右は、視界もきかない雨の中での鹿島槍ヶ岳の山頂です。

 山頂で出会った2人の戻る途中に撮った後姿入り写真と、「写真を撮ってあげます」と言われ・・

    kyari9.jpg      kyari10.jpg        mapkyari.jpg  

 さて、地図の赤岩尾根分岐に戻ってきたのですが、これから爺ヶ岳の往復が2時間程で帰ってこれるか迷うが・・
 
 <爺ヶ岳>へ向う稜線、振り返って鹿島槍ヶ岳を見たり(中央)    

    jiga1.jpg      jiga2.jpg   

 着きました! しばし雲が切れるのを待つ。13:40に戻り始め、赤岩尾根分岐(14:25)、そして明るいうちに登山口に戻りました(16:50)。最後は、朝暗くて撮れなかった登山口の写真。

    jiga3.jpg     jiga4.jpg     jiga5.jpg

 山登りを終えて早い夕食、そして日帰り温泉でしばしの休息。その後、燕岳登山口の駐車場へ行く。駐車場に入りきれず道路にも多く車を停めてあった。遅い時間に下山した人の車があったせいか、運良くスペースを確保できました。  


   
  

普通でない物ふたつ

 今日はちょっとした画像を2枚紹介します!

 その1>くるみ

  kurumi.jpg

 家族の一人が、ここより更なる田舎に行って、胡桃の<実>を採ってきました。多さにびっくりしましたが、このあとこれを乾燥させて・・・!? いわゆる誰もが知っている<クルミ>を食することができるのでしょうか。悪戦苦闘が始まります。今後も写真と共に紹介していきますが・・・

 その2>タケノコの水煮


  mizuni.jpg

 この缶詰はある特殊な所で製造されて、数も限定されて販売され購入しました。ラベルも見慣れないもので、この地域の特殊な人たちだけが購入できるのです?! 24缶まで購入できたのですが、私は5缶で千円ちょっとでした。いろいろな料理に使えて便利なのです。

別な話題を少し

>話その1 野菜のこと

 8月にこの<ひょうたん>の形の野菜?!をもらったのですが・・・

     kabocha.jpg

これは<かぼちゃ>でした。最近になって食したのですが、皮が剥きにくくちょっと食べつらかったです。他に、長くて白い<なす>もあったのですが・・・

>話その2 釣果のこと

 8月31日(日) 久しぶりに海釣りに出掛けました。

     chouka.jpg


 キスを狙ってジャリメを餌に奮闘するも、他の魚(メゴチ)が・・・
 1時間半後、サビキ仕掛けの竿にアジが掛かりはじめる。
 面白いように釣れ始め小さい(大きくて15cm)ながらも50匹ほど釣れました。
 間違ってカマス(写真中央)も2匹ほど掛かりました。

 家に帰っての処理(開いてえらと眼を手で取り除く)し、専用の網で一夜干しにします。
 翌日、その一部を焼いて酒の肴にして食べました。残りは冷蔵庫に保存です。
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。