スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョディ・ピコーその後の2冊

11月16日(月)         「偽りをかさねて」

 ituwari.jpg
    
  漫画家で家庭的な父親ダニエルと、優秀な学者の母親ローラ、そして二人に愛されて育った娘トリクシィ。平凡な一家の穏やかな生活は、ある日突然崩れ去った。14歳のトリクシィがボーイフレンドから暴行を受け、心に深い傷を負ったのだ。世間の冷たい視線にさらされ、彼女の苦しみは頂点に達する。娘をなんとか守ろうとする両親だったが、一家は思いもよらない真実に次々と直面することとなる。ローラは不貞を告白せざるをえなくなり、一方ダニエルの内部では、遠い昔に葬った荒々しい人格が呼び覚まされる。そして被害者のトリクシィ自身の供述にも、ほころびが生じてくる。三人三様に身にまとっていた偽りがひとつずつ剥がされ、やがて最悪の事態が一家を……。『わたしのなかのあなた』で全米に衝撃を与えた著者による、家族の崩壊と再生の物語。

 家族だからこそ見抜けなかった嘘、家族だからこそ隠し通そうとした事実。そうあいた数々の偽りが家族の絆を揺るがし、物語は衝撃的な結末へと突き進んでいく。心の襞を丹念に描くいつもの手法に加え、謎解きの要素や、クライマックスには冒険物語のようなスリルもあって、ひときわ重厚な仕上がりだ。(訳者あとがきより)

 ボーイフレンドの謎の死。他殺だとした時に考えられる犯人は・・・。さらにこの本の圧巻は、ダニエルが描いたという設定で、ダスティン・ウィーヴァーの手になる漫画(アメリカンコミック)が挿入されていることです。(絵に隠された文字を集めると・・・)読み応えのある本でした。

11月25日(水)         「すべては遠い幻」

vanishing.jpg

 ディーリア・ホプキンズ、32歳。幼いときに母親を亡くし、以来父親の手ひとつで育てられた。父の深い愛情に包まれ、何不自由ない少女時代ではあったが、やはり母のいない寂しさは埋めようがなかった。母が生きていてくれたら、とことあるごとに夢見ながらおとなになった。ところがある日、衝撃的な出来事が起こる。父の逮捕。容疑は28年まえの幼児誘拐。被害者はなんと、当時4歳だったディーリア自身。離婚した妻のもとから彼女を連れ出して、28年間、身分を偽り、真実をひた隠しにして生きてきたのだった。ディーリアは激しく動揺する。愛する父が犯罪者? 母は生きているの? わたしはほんとうは誰なの? 幻のように消えてしまった自分の過去を探る彼女は、やがて苛酷な真実と向き合うことに……。誘拐、アルコール依存、親子関係など、答えの出せないさまざまな問題を読者に突きつける意欲作。

 さまざまな問題をうまく構成した内容ですが、途中冗長な感じがした。ディーリアの小さい時からの近所の男友達が、弁護人と新聞記者で絡む構成も違和感がある。<愛する父が犯罪者? 母は生きているの? わたしはほんとうは誰なの? 幻のように消えてしまった自分の過去を探る彼女は、やがて苛酷な真実と向き合うことに……。> この辺は一気に読み進むのですが。
スポンサーサイト

高速でドライブ!

 11月8日(日)      奥只見シルバーライン~銀山平~枝折峠

秘境銀山湖へ出掛ける。行きはその大部分がトンネルであるシルバーラインを行く。途中でトンネルを抜けての登山(=未丈ヶ岳)もありました。
uonuma5.jpguonuma6.jpg帰りは枝折峠を利用しましたが、紅葉も綺麗でした。いずれも車から撮りました。そして、三島由紀夫の?!を見つけました。昭和29年に訪れたという。本の題名は『沈める滝』です。


uonuma4.jpg uonuma3.jpg uonuma1.jpg uonuma2.jpg  






uonuma7.jpguonuma8.jpg





11月15日(日)      会津坂下~ツムジクラ滝

 地元は一日中雨なのですが、隣りの福島は晴れまたは曇りということで出掛けることにした。ところが、目的地である柳津町までは雨でした。目的のに辿り着いても雨が降ってました。帰りは、おいしいソバを食べました。そのころから天気も良くなり始めました。

yanaizu1.gifyanaizu2.jpg






yanaizu6.jpg yanaizu4.jpg yanaizu5.jpg yanaizu3.jpg






 

罪と罰

11月9日(日)   「罪と罰」     ( ドストエフスキー著 光文社古典新訳文庫 )

   tumito1.jpg    tumito2.jpg      tumito3.jpg 

それぞれの裏表紙の内容です。
 ドストエフスキーの代表作のひとつ。日本をはじめ、世界の文学に決定的な影響を与えた犯罪小説の雄。歩いて七百三十歩のアパートに住む金貸しの老女を、主人公ラスコーリニコフはなぜ殺さねばならないのか。ひとつの命とひきかえに、何千もの命を救えるから。(第1巻)
 
 目の前にとつぜん現れた愛する母と妹。ラスコーリニコフは再会の喜びを味わう余裕もなく、奈落の底に突きおとされる。おりしも、敏腕の予審判事ポルフィーリーのもとに出向くことになったラスコーリニコフは、そこで背筋の凍るような恐怖を味わわされる。すでに戦いは始まっていた。(第2巻)

 殺人を犯した者の詳細な運命がつづられる最終巻。ラスコーリニコフをはじめ、母、妹、友人、そして娼婦ソーニャなど、あらゆる「主人公たち」が渦巻きながら生き生きと歩き、涙し、愛を語る。ペテルブルグの暑い夏の狂気は、ここに終わりを告げる…。(第3巻)

 2カ月以上かけてやっと読むことができたが、その間に別の映画を観たりで集中して読むこともできない。訳者の亀山郁夫氏が昨年ロシアのサンクトペテルブルグ大学で学生の前で講演をしたそうです。そこで、ドストエフスキーを<1世紀先であろうと2世紀先であろうと、人間の生命の営みは根本において不変であり、つねに同じ問題で苦しみ悩み続けることを知っている作家>と定義していた(2009年4月)。そして、ある講演会では、『「カラマーゾフの兄弟」の時代は過ぎ、「罪と罰」の時代が来た』と宣言している。(2008年6月)
 いろいろな登場人物が生き生きと伝わってくる。プリヘーリア(母)、ドーニャ(妹)、ラズミーヒン(友人)の他に、ルージン(ドーニャの婚約者)、レベジャートニコフ(役人)、ポルフィーリー(予審判事)、スヴィドリガイロフ(紳士?!)・・・



私の中のあなた

11月3日(火)     「私の中のあなた」   ニック・カサヴェテス監督

    watasino.jpg

気になっていた映画を観ることができました。映画との違いについて、翻訳者の言葉に納得です>キャンベルはもっと若いイケメン
>ジェシーはケイトの弟じゃなく兄さん
>母方のおばさんがサラの妹じゃなく姉
 一番大きな違いである結末も、監督にとっては必然のものだったと理解できる。原作をなぞるのが映画化ではなく、原作の心を映し出すことこそ大事なのだと思う。
≪パンフレットの『映画と小説の狭間で』(川副智子)から≫

 このことについて思い出したのがサイダーハウス・ルールという作品です。ジョン・アーヴィングのあの長編を映画化するには時間を縮めざるを得なかった。小説では重要な役割をなす人物を映画では外すしかなかった。

 次女アナ役のアビゲイル・ブレスリン、長女ケイト役のソフィア・ヴァジリーヴァが良かった。そして、母親サラ役のキャメロン・ディアスには驚いた。まさかこんな役を演じ切るとは・・・。そして意外だったのが音楽でした。昔懐かしい楽曲が使われていたことです。「タイニー・バブルス」etc 観てよかったというか、気持ちが安らぎました。

朳差岳

10月31日(土)~11月1日(日)      朳差岳(飯豊連峰)

 初日、大石ダムから大熊尾根(西俣川)ルートで朳差小屋を目指す。途中の大熊小屋まで6時間390分、さらに小屋まで5時間20分とあるが・・・。

 ダムを渡ると大蛇が迎えてくれます。ここを塒にしているのは3代目だそうです。ボタンを押すと10分明かりがつきます。途中振り返ってダムが見えた。右の大吊橋までは車も通れる道になってます。
 
 nisimata1.jpg  nisimata1a.jpg  nisimata3.jpg

  橋を渡ると登山道らしくなります。このコースは標識がほとんどありません。古いのを一つありましたが、場所が特定できません(滝倉沢は大吊橋かな?)。途中、少し壊そうな場所に水場、下を見ると・・・。

 nisimata1b.jpg  nisimata5.jpg  nisimata6.jpg
                             上を見たら      下を見たら

 途中の道は、斜面をへつる感じでイズグチ沢を超える前と後が印象的でした(右の2枚)。あとはブナ林や渓谷が木々の間から見られました。

 nisimata7.jpg  nisimata11.jpg nisimata12.jpg


 nisimata8.jpg  nisimata10.jpg  nisimata13.jpg  

 nisimata15.jpg  nisimata2.jpg   nisimata16.jpg

  nisimata9.jpg   nisimata17.jpg

このコースで一番いやな場所に来ました。夜に降った雨のせいか水量も増してる渡渉地点(ゼガイ沢)です。同じ場所から三つの方向を撮りました。そして、小さな橋を渡り、大熊小屋に到着。休みを入れても4時間かかりませんでした。

 nisimata18.jpg   nisimata19.jpg  nisimata20.jpg


 nisimata21.jpg   nisimata22.jpg  nisimata23.jpg

 標高450m位の小屋を出て、ブナ林が続き急登が始まる。一杯清水(840m)カリヤス平など確認ができないまま、大熊尾根を歩く。3時20分、小屋の横に辿り着く。

 nisimata25.jpg  nisimata26.jpg  nisimata27.jpg

 nisimata29.jpg  nisimata30.jpg  
                      飯豊の稜線 頼母木小屋が見える


 小屋泊は私一人でした。強風のため様々な音とともに眠れない夜を過ごす。朝5時50分に小屋を出る。朳差岳を越え、長者平で写真を撮るもブレテしまう。この権内尾根(東俣川)コースはよく利用されるためか標識もきちんとしてる。約3時間で降りてきた。ここからダムまで8Km歩くことになる。10時18分、無事に戻ってきた。昼前に家に帰ってきました。


 higasimata1.jpg  higasimata2.jpg   higasimata3.jpg   
                                前朳差岳        そして振り返って

 higasimata4.jpg  higasimata5.jpg   higasimata6.jpg

 higasimata8.jpg  higasimata9.jpg higasimata11.jpg

 higasimata10.jpg  higasimata12.jpg
                               1号橋から

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。