スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の三作品

1月11日(月)  「マグダレンの祈り」 ジューン・ゴールディング著 ヴィレッジブックス

     inori_m.jpg

 1996年までアイルランドに実在し、延べ3万人の少女たちが収容されたマグダレン修道院。キリストによって改心した娼婦マグダラのマリアにちなんで名付けられたその修道院は、性的に“堕落した”と判断された女性たちを神の名のもとに矯正する施設として、カトリック教会によって運営されていた―。未婚で妊娠した者、レイプされた者、男に色目を使ったと噂された者、さまざまな理由で修道院に送られる少女たち。彼女たちは本名を名乗ることを禁じられ、頭髪を剥られる。外界から閉ざされた劣悪な環境のなかで、少女たちは悲痛な叫びを上げていた。世界を圧倒した衝撃のノンフィクション。

 舞台は1951年当時のアイルランド、カトリックの女子修道院が運営するホーム。そこに収容されていたのは未婚のまま身ごもった女性たち。著者はそのホームの助産婦だった女性です。そこに収容されていた女性から「ここで私たちがどんなめに遭っていたかを、いつか本に書いて世間に知らせてほしい」と頼まれる。その約束が
五十年の歳月を経て書かれたのがこの回想録です。アイルランドは敬虔なカトリックの国であり、父権が強く聖職者の絶対的な権限も影響しているとも言われてる。本書を原案となって、ピーター・ミュラン監督が映画化しましたが、監督自身も97年に放映されたドキュメンタリー番組で衝撃を受けたそうです。

1月12日(火)  「ヘヴン」    川上未映子著 講談社

  hebun.jpg
   
 「僕とコジマの友情は永遠に続くはずだった。もし彼らが僕たちを放っておいてくれたなら―」驚愕と衝撃、圧倒的感動。涙がとめどなく流れる―。善悪の根源を問う、著者初の長篇小説。

 いじめを扱った内容であるが、場面設定や登場人物の中学生とは考えられない会話がどうも不自然でかなり気になった。内容は衝撃的だが、わたしにとっては感動まではたどり着かない。話題性の著者であることと、同じタイトルの外国映画があったので読んでみたくなった作品でしたが。
  
1月24日(日)  「幻影の書」    ポール・オースター著 新潮社

   genei.jpg

 絶望の危機から救ってくれた、ある映画の一場面、主人公はその監督の消息を追う旅に出る―大胆で意表を突くストーリー、壮絶で感動的。アメリカでもオースターの最高傑作と絶賛された長編。

 ポール・オースターといえば、90年代に映画に深く関与している。「スモーク」の脚本、「ブルー・イン・ザ・フェイス」や「ルル・オン・ザ・ブリッジ」の監督・脚本。忽然と姿を消したヘクター・マンの「作品」が、その後より
長い脚本が書かれ、彼自身が監督して映画化されたというから驚きです。そのタイトルは「マーティン・フフロストの内なる生」。オースター独特の不思議な世界にのめり込んでしまった。
スポンサーサイト

小説以外を読む

12月22日(火)  「死とは何か さて死んだのはだれなのか 池田晶子著 毎日新聞社

12月26日(土)  「生物と無生物のあいだ」  福岡伸一著 講談社現代新書

12月27日(日)  「できそこないの男たち」   福岡伸一著 講談社現代新書

12月31日(木)  「若き友人たちへ」   筑紫哲也著 集英社新書

    ikeda.jpg   fukuoka1.gif     fukuoka2.jpg    tikusi







1月10日(日)  「森の生活」 (上・下)  H・D・ソロー著 岩波文庫

1月14日(木)  「人間はどこまで動物か」  日高敏隆著 新潮文庫

1月16日(土)  「春の数えかた」  日高敏隆著 新潮社

  m_seikatu1.jpg  m_seikatu2.jpg  hidaka3.jpg   hidaka2.jpg







他に 「ピタゴラスの三角形」  B・シェルピンスキー著 東京図書

    「πー魅惑の数」 ジャン=ポール・ドゥラエ著 朝倉書店

     pai.jpg

  
   




アゴタ・クリストフ

12月31日(木)   「悪童日記」

agota1.jpg<戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。>(裏表紙から)

 >戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。
場所は作者の生まれ育ったハンガリーの田舎町。戦争の真っただ中で、ある母親が双生児の息子を自分の母親の家に疎開させる。(この祖母は近隣から<魔女>と呼ばれる変わり者?!)双子の兄弟は秘密のノートブックに、日々の体験をタイトルをつけて「作文」として書き続けていく。父親は戦争へ、残された年寄りと子供の生活はどんなものだったのか。自ら体験した作者は、多少の誇張とともに、限られた世界で必死に生きていく姿が力強く語れれます。凄い本に出会ってしまった。
   
1月1日(金)   「ふたりの証拠」

agota2.jpg<戦争は終わった。過酷な時代を生き延びた双子の兄弟の一人は国境を越えて向こうの国へ。一人はおばあちゃんの家が ある故国に留まり、別れた兄弟のために手記を書き続ける。厳しい新体制が支配する国で、彼がなにを求め、どう生きたかを伝えるために―強烈な印象を残した『悪童日記』の待望の続篇。主人公と彼を取り巻く多彩な人物の物語を通して、愛と絶望の深さをどこまでも透明に描いて全世界の共感を呼んだ話題作。>(裏表紙から)

  続編というからには、双子のその後が展開されるはず。双子の一人(クラウス=作者)は国境を越えて行く(本意でない亡命をしたのは21歳の時)。残された一人(リュカ)は別れた兄弟のために手記を書き続ける。作者が直接経験できなかった祖国で生きた人物を通して語られる。だからこそ、クラウスは最後に登場するしかないのかとも感じる。主人公も年頃の時期を生きていくため、多彩な人間関係とともに愛と絶望も語られます。

 1月4日(月)   「第三の嘘」

agota3.jpg<ベルリンの壁の崩壊後、初めて二人は再会した…。絶賛をあびた前二作の感動さめやらぬなか、時は流れ、三たび爆弾が仕掛けられた。日本翻訳大賞新人賞に輝く『悪童日記』三部作、ついに完結。>(裏表紙から)
戦後数十年たって、祖国を訪れたクラウス(=作者)は、別れた兄弟(リュカ)の消息を求めます。言い換えれば、戦後の祖国がどうであったのかを含めていろいろな地を訪ね真実を求めて探します。<三部作の完結>であるはずなのにしっくりこない。

 2月3日(水)   「昨日」

kinou.jpg本書はパリでも二カ月前に上梓されたばかりの、待望の長篇第四作。実に四年ぶりの書き下ろし小説となるが、『悪童日記』三部作とはまた違った独自のスタイルで、自らの亡命体験をもとにした「不可能な愛の物語」を描いている。(データベースより)
 作者の亡命体験が実際に語られる!? それにしても主人公のトビアスは、リュカの外国での生活が語られると思いきや、そうでもない。4作品とも作中人物こそ関連はないとはいえ、作者の各視点で捉えると繋がるのかと思います。

ウェスタン

1月11日(月)   「ウェスタン」
 western.jpg western1.jpg western2.jpg





  「荒野の用心棒」「夕陽のガンマン」の世界的なヒットによりアメリカ進出を果たしたレオーネがビッグスター総出演で作り上げたウェスタン大作。幕開け、汽車を待つならず者たちを捉えるカメラとモリコーネのテーマ曲。これだけでレオーネの世界に引き込まれる。オープニングのシーンがワンショットずつの凝り方とともに長い。1960年後半のレオーネの作品としては「夕陽のギャングたち」と並ぶ入魂の一作。出演は悪役のH・フォンダ、C・カルディナーレ、C・ブロンソン(=ハーモニカ)。エンニオ・モリコーネの音楽が素晴らしい。静かに始まる曲ですが、コーラスを交えながら盛り上がっていく。
撮影を終えてから場面ごとに楽曲を追加するという通常の映画撮影の手法と異なり、本作品では撮影前にエンニオ・モリコーネが作曲した楽曲でイメージを膨らませたレオーネが、そのイメージの通りに映画を撮影するという製作方法が採られたそういです。

 モリコーネの音楽が各シーンとともに聞くことができます!
 Once upon a time in the West


2009年の本と映画

2009年 印象的だった本

1000kai_b1.jpg1000kai_b.jpgsennotaiyo.jpg 

               
         



 
kaboul.jpgteroru.jpgsoloist.jpg        






ヤスミナ・カドラ著          スティーヴ・ロペス著
  
turugi.jpgyari.jpg kasanari.jpgkioku.jpg
         






 新田次郎著                    ナンシー・ヒューストン著
 
sisterskeeper1.jpgsisterskeeper2.jpgituwari.jpgvanishing.jpg







 19jou.jpg 19ge.jpg 





 以上   ジョディ・ピコー著


2009年 印象的だった映画

1000kai_m.jpgaifukei.jpgchange.jpggtorino.jpg








 turugimv.jpgreading.jpgkanpanyu.jpgthevisitor.jpg







 natujikan2.jpgsolist4.jpgwatasino.jpgmizuumi.jpg







プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。