スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月はこの2冊で終了か

2月17日(水)  「灯台守の話」 (ジャネット・ウィンスターソン著 白水社)

toudaimori.gif 十歳の少女シルバーは、スコットランド最果ての港町で暮らしていたが、母親が不慮の事故で亡くなり、みなし児になる。シルバーは盲目の灯台守ピューに引き取られ、見習いとして、この不思議な老人と灯台で暮らし始める。
 灯台守の重要な仕事が、物語を語ることだ。夜ごと、シルバーはピューの物語に耳を傾け、百年前この町に生きた牧師ダークの数奇な人生の物語に惹かれていく。ダークは聖職者でありながら妻を苛み、再会したかつての恋人と別の町で睦みあう、二重生活者だった......。やがてシルバーはダークの日記を携え、ピューが物語を通して教えてくれた「真実の愛」を求めて、旅に出る。こうしてちょうど百年の時を隔て、シルバーとダーク、二つの魂の遍歴の物語が響きあい、交差していく......。多くの批評家から称賛を集めた、待望の傑作長編! (出版社からのコメント)

<物語ること>で人は救われるーこれは作者ウィンターソンがこれまでも繰り返し発してきたメッセージだ。この本の中でも印象的なエピソードが出てくる。母を亡くした寂しさに泣くシルバーに、ピューが「それもまた一つの話だ。自分を物語のように話せば、それもそんなに悪い事じゃなくなる」と言うシーン。
ジャネット・ウィンターソンは1959年、イギリス北西部に孤児として生まれた。ペンテコステ派と呼ばれるカルト的なキリスト教の一派を熱心に信仰する養父母に育てられた。母親の英才教育が功を奏して十二歳で説教師となるが、十五歳の時に女性と恋愛関係になったことがもとで、家も教会も追われ、以後さまざまな職業を転々として自活しながら、独学でオクスフォード大学に入った。自伝的要素の濃い『オレンジだけが果物じゃない』も興味深い作品?!
 
2月27日(土) 「本泥棒」 (マークース・ズーサック著 早川書房)

dorobou.jpg わたしは死神。自己紹介はさして必要ではない。好むと好まざるとにかかわらず、いつの日か、あなたの魂はわたしの腕にゆだねられることになるのだから。これからあなたに聞かせる話は、ナチス政権下のドイツの小さな町に暮らす少女リーゼルの物語だ。彼女は一風変わった里親と暮らし、隣の少年と友情をはぐくみ、匿ったユダヤ人青年と心を通わせることになる。リーゼルが抵抗できないもの、それは書物の魅力だった。墓地で、焚書の山から、町長の書斎から、リーゼルは書物を盗み、書物をよりどころとして自身の世界を変えていくのだった…。『アンネの日記』+『スローターハウス5』と評され、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどで異例のベストセラーを記録した、新たな物語文学の傑作。
 やさしい養父のハンス。口は悪いが根は善人である養母のローザ。隣家の少年で、リーゼルの親友のルディ。ハンスの恩人の息子で彼らが地下室にかくまうようになるユダヤ人の青年マックス。町長夫人。その他個性的な近所の人々。登場人物のそれぞれの人物造形も魅力的だ。戦時下の厳しい生活や、ユダヤ人をかくまうという深刻な状況の中にも、子どもらしい遊びやいたずら、リーゼルとルディの幼い恋、リーザルとマックスの心の交流などが豊かに描かれる。(訳者あとがき)の文章に同感です。


 切ないエピローグ。深く静かな感動が、戦争への怒りとともにが胸に響く。

スポンサーサイト

植物園に出かける

2月21日(日)  その1:植物園で蘭
外はまだこんな雪景色なのですが・・・
yoran1.jpg yoran2.jpg





ちょっと印象的だった花を少しだけ!
yoran3.jpg yoran4.jpg yoran5.jpg
 





その2:フラワーセンターで雪割草
2misumi1.jpg 2misumi2.jpg 2misumi6.jpg 2misumi7.jpg




 300円から5千円程で丹精込めて育てられてたものが多く販売されてました。

2misumi3.jpg2misumi4.jpg2misumi5.jpg





クリスマスローズと雪割草のコラボは!?


見たかった映画2本

2月9日(火)   「プラトーン」

platoon.jpg 1967年、激戦のベトナムに若い志願兵クリスがやってきた。少数民族や貧しい者たちからの徴兵に憤った彼は名門大学を中退してベトナム行きを志願したのだ。だが、いきなり最前線小隊『プラトーン』に配属された彼を待ちうけていたのは、想像を遥かに超えた過酷な戦争の現実だった。戦争の名のもとでの殺人、疑惑と憎悪、そして人間性の喪失との戦い……。死の恐怖が渦巻く最前線の中、彼はやがてベトナム人への虐殺・略奪・強姦など、戦争の狂気とその現実を体験していく。
音楽から映画を観たくなった第2弾は「プラトーン」でした。サミュエル・バーバーの「弦楽のためのアダージョクリックすると聴けます)が、オープニングとエンディングなど死体を移送するシーンに使われてました。切なさとか悲しみの様子が画像と共に伝わってきます。味方といえども情け容赦ない戦争マニアの隊長と、たとえ戦争でも人間としての自分を忘れない班長とのミゾは深まるばかり。そんな状況の中でベトナム人の村での虐殺、掠奪、強姦と人間の最大の罪悪=戦争を体験していく。きわめて客観的な語り口は、映画の主人公が若き日のストーンに他ならないからか。

2月11日(木)   「ポー川のあかり」

pou イタリアのボローニャ大学。夏季休暇に入ったばかりの図書館で、大量の古文書が釘で打ち抜かれる事件が起きる。容疑者は将来を嘱望される若き哲学教授。学年末の授業を終えた後、姿を消した教授は密かに旅立ち、途中、所持品のほとんどを捨ててしまう。ポー川の岸辺に廃屋を見つけて住み始めると、やがて近隣に暮らす人々が集まりはじめ、キリストによく似た風貌の教授を囲み、ワインを飲み語らうようになる。
『明日へのチケット』などのイタリアの名匠、エルマンノ・オルミ監督による現代の寓話(ぐうわ)。世捨て人の哲学教授と、大河流域で暮らす素朴な人々との心の交流を繊細(せんさい)なタッチで描く。村人たちに“キリストさん”と慕われる主人公を演じるのは、イスラエル生まれのラズ・デガン。撮影を監督の息子であるファビオ・オルミ、製作総指揮を娘のエリザベッタ・オルミが務めている。牧歌的な風景の美しさと、清らかな心を持つ人々の笑顔が胸にしみる。教授がインドの女学生の手に触れながら「愛撫することに真実がある。あらゆる本のなかよりも」と呟くのが印象的だが、この映画は、画面いっぱいに広がる大気や植物のむせかえるような匂い、木漏れ陽の眩い美しさに、全身で反応することこそが大切なのではないか。夕闇迫る中、ポー川を船が通り過ぎていく。


おまけ
1月17日(日)   「そして、私たちは愛に帰る」

ainikaeru.jpg ハンブルクに住む大学教授のネジャットの老父アリはブレーメンで一人暮らしだったが、同郷の娼婦イェテルと暮らし始める。ところが、アリは誤ってイェテルを死なせてしまう。ネジャットはイェテルが故郷トルコに残してきた娘アイテンに会うためにイスタンブールに向かう。そのアイテンは反政府活動家として警察に追われ、出稼ぎでドイツへ渡った母を頼って偽造パスポートで出国し、ドイツ人学生ロッテと知りあう。
『愛より強く』でベルリン映画祭を制したファティ・アキン監督が、東洋と西洋が交錯する国トルコとドイツを舞台に、3組の親子の姿を描く感動作。様々な事情を抱えながら時にすれ違い、時に愛し合う親子の物語を巧みに描き、2007年のカンヌ映画祭で最優秀脚本賞を受賞している。親子のやりとりを繊細に表現した俳優陣の演技に魅了される一作だ。登場する人物が亡くなる場面が続くが、人々のつながりを通して人芸関係が明らかになっていく。ちょっと変わってるが中々の秀作です。

2月の本

2月1日(月) 「星々の生まれるところ」 マイケル・カニンガム著(集英社) 

stars.jpg 「ここが天国なのだ、草と沈黙、星々の野原なのだ…」 この星の明日を不滅の大詩人ホイットマンの詩にのせて美しくも哀しくうたいあげ、われわれの未来を描いて戦慄する−。人間と地球の運命を描く壮大な詩的ファンタジー。
第一話「機械の中」は幽霊の話です。工場の機械に巻き込まれて死んだ若者サイモンの弟は、兄の許婚だったキャサリンに恋をしている。ある日、機械の中から死んだ兄の声で、彼は許婚を機械の国へ連れて行こうとする。
 第二話「少年十字軍」は警察を舞台にした心理的スリラーです。現代文明に異議を唱えるある集団が、少年たちを刺客に無差別の自爆テロをしかける。主人公は警察に勤務する女性で、彼女の身の回りに怪しい少年の影が出没する。
 第三話「美しさのyぽうな」はSF仕立ての話です.シムロと呼ばれる人造人間のサイモンが、自分をより人間らしくしてもらうために創造者を求めて旅をする。
  「9.11事件以後の悩めるアメリカが生んだ小説として、さまざまな重いテーを包含しているとあった」「ホイットマンの詩がこの作品の中で果たす役割も大きい! ホイットマンは「生」のみならず「死」をも歌っているから」
「死ぬことは誰が考えたものと違って、もっと幸福なことなのだ」
「『草の葉』のこの言葉が、キーワードのように各篇に響き合います」(訳者あとがき)

2月9日(火) 「昼が夜に負うもの」  ヤスミナ・カドラ著(早川書房) 

oumono.jpg 青い目で、天使のような顔をしたアラブ系の少年ユネス。彼は、身を寄せる伯父に降りかかった災厄のために、果樹園が立ち並ぶ美しい村リオ・サラドに移り住んだ。初めは新しい土地に馴染めなかったが、やがて、かけがえのない親友を得て、青春の日々を謳歌する。しかし、優美な少女エミリーの出現と高まる戦争の足音が、ユネスと友人たちの絆を引き裂く―歴史の闇に埋もれたアルジェリア戦争を背景にして、少年の成長と愛を流麗な筆致で描き上げる、フランスのベストセラー長篇。
物語の冒頭での時代は1930年代、一部の事業主を除いた人々は貧困と疫病にあえいでいる。主人公ユネスの父親は、かつては豊かな地主の息子だったらしいが、今は小さな畑に麦を植え、貧しい暮らしをしている。豊作を見こまれていた年に、畑に放火されて収穫どころか借金ですべてをなくし、家族は土地を追われ大都市オランへと逃れる。が、そこでも災いの連続で、誇り高かった父は、息子を兄夫婦のところへ里子に出す。ヨーロッパ系のコミュニティに身を置き、シモン、ファブリス、ジャン・クリストフ達と友情をはぐくみ成長していく。彼らが」そろって一人の美しい娘に恋をする。1995年の対仏独立運動の勃発によって、ジョナスは「ユネスという自分」と対峙しなくてはならなくなり、それぞれの立場や考え方の違いが、四人の友情に複雑な影を落としていく。
人生の分かれ道で一人、また一人と袂を分かっていく。そして、何十年もの時を経て、再開しようと連絡を取り合うが。ジョナスとエミリーの愛が成就しない本当の理由が相手に伝えられないのが、何とももどかしく切ない。アルジェリア独立戦争を「あれは戦争であった」とフランス側が認めたのは1999年になってからのことだという。そのあたりの経緯を意識して製作された戦争映画が「いのちの戦場 -アルジェリア1959-」です。フランスで召集されてアルジェリアでの激戦地オーレス山地へ送り込まれた兵士の視点で描かれた傑作です。(2/20に観ました!)作者自身が好きなもう一つの映画「アルジェの戦い」(1966年)も観てみたいです。


2月11日(木) 「輝ける日々」  ダニエル・スティール著(朝日新聞社) 

kagayakeru.jpg ベストセラー作家ダニエル・スティールの息子、ニックは19歳で自らこの世を去った。幼い頃から利発でユーモアに溢れ、天使のように可愛らしかったが、その反面、衝動をコントロールできず攻撃的になったり、奇抜な行動をとったりした。ニックは当時めったに診断されることのなかった若年性の躁うつ病だったのだ。本書は、精神障害を持つとはどういうことなのか、戸惑い、闘い、愛し抜いた日々を、母親として、作家として、すべての人に伝えるために、鋭い洞察力で細やかに綴った、感動の自叙伝である。
この本を訳したのは畑正憲です。ニューヨークの空港でこの本を発見し、飛び立った飛行機の中で読み始め、内容のすごさに戦慄を覚え、アマゾンの上空で読了したという。あとがきから少し引用してみます。
<そこには、ダニエルの私生活が告白されている。その作業なしでは、ニックの物語が成立しないからである。恋愛。次から次に生まれてくる子供たち。そして、問題のニック。彼女は、その生活を支えつつ、ベストセラーを生み続けていたのである。しかも、ニックが成長するにしたがっていろいろと問題行動をするようになっていく。そんぼ普通ではない行動を見つめる目がさすがに鋭く、若年性の躁うつ病の記録として、得難い、奇蹟的なものになっていた。>
<LD(学習障害)やADD(注意欠陥障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)などという子供の症状が人々の口の端にのぼるようになっている。だが、その正体は何なのか、どう対処していったらいいかとなると、まだ手さぐりの状態であり、私はこのニックの物語が果たす役割は限りなく大きいと直感した>


2月13日(土) 
  
今森光彦 フィールドノート 「里山」  (福音館書店)  
山岳写真集  「新潟名山」 (新潟日報社) 

   satoyama.jpg     niigatayama.jpg



里山や県内の山の写真を眺めながら、いつどの山に登ろうか考えます。     
 



大雪で大変!

2月4日(木)、5日(金)  

 降り積もった大量の雪のため朝から除雪作業で大変でした。

oyuki4.jpg oyuki5.jpg oyuki6.jpg




ベランダの手摺り(幅10センチ)にこんなに積った雪     雪をどこへ!?

oyuki7.jpg oyuki1.jpg






晴れ間の日が差してきた時の山を見れば・・・
       
oyuki3.jpg oyuki2.jpg







プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。