スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルナール・ウェルベル

4月4日(日)      「蟻」

ant2.jpg ant1.jpg「昆虫記」と「80日間世界一周」を生んだ国フランスから、21世紀文学の夜明けを思わせる奇想天外な文学がいま上陸した。主人公はアリ。そう、あの蟻である。彼らは都市を建設し、連合を形成し、外敵と戦う。アリたちをこよなく愛する作家ベルナール・ウエルベルが13年の歳月をかけて書き上げた、想像を絶する不思議の国の冒険物語。フランス語の名手とフランス社会派の緊密な連携による待望の翻訳、ついに成る。

4月8日(木)       「蟻の時代」 

ant4.jpg ant3.jpgフォンテーヌブローで、化学者ばかりの殺人事件が発生、腕利き刑事と女性記者が調査に乗り出した。実はこの記者は、アリが何者なのかを初めて理解したウエルズ教授の娘だった。アリの社会では、ベロ・キウ・キウニが火事で亡くなり、新しい女王が君臨していた。しかしこの女王は、大の人間嫌いだった。さらに深く、奇想天外に展開する、混濁の人間社会に贈る蟻たちの黙示録。


4月20日(火)     「蟻の革命」 

ant5.jpgベルナール・ウェルベルのアリをテーマにした三部作の最終巻。この巻は諸般の事情で日本での発売はこれが初めてとなる。「蟻」で人間の文明とアリの文明との接触を、「蟻の時代」で両者の対立を描いたこのシリーズ、この「蟻の革命」では両文明の共存がテーマとなる。アリから学び「蟻の革命」を起こす人間と、人間の文化を知り「指の革命」を起こすアリ。相手の文化・習俗に優劣をつけず、お互いを尊重する気持ちが何より大事だと気付かされる。

やっと読み終えました。「蟻」と「蟻の時代」はジャンニコミュニケーション版を図書館から借りて、「蟻の革命」は角川文庫を借りて読みました。不思議な本の世界に紛れ込んでしまいました。そして、ウェルベルの「タナトノート」 (死後の世界への航行)「われらの父の父」を借りてきました。






スポンサーサイト

レンタル料金1円

前回の4作品に引き続き、1本1円のレンタル料金での鑑賞です。5本の作品を借りるのに5円玉を差し出すなんてことはめったにない。観ない作品もあるかもしれないが何とかいずれも5本借りました。相変わらず感想は後ほど・・


3月28日(日)  「セントアンナの奇跡」

kiseki_s.jpg
ジェームズ・マクブライドの原作を、スパイク・リー監督が映画化した感動ドラマ。ニューヨークの郵便局で起きた不可解な殺人事件。罪を犯した局員・へクターの部屋からは行方不明になっていた彫像が発見され…。



3月30日(火)  「ロルナの祈り」

inori
ベートーベンのピアノ・ソナタ第32番が彩る、至高の愛の奇跡―。ベルギーでの幸福な暮らしを夢見てアルバニアからやってきたロルナ。国籍を得るために、偽りの結婚をする。相手は麻薬中毒の青年クローディ。偽りの暮らしでも、孤独なクローディはロルナを慕い、彼女を希望の光に生き直そうとする。ロルナはやがてクローディを助けたいと願うが、彼女は決して彼に知られてはならない秘密があった…。


3月の読書

3月19日(金)     「オレンジだけが果物じゃない」    (ジャネット・ウィンターソン著)

oranges.jpgたいていの人がそうであるように、わたしもまた長い年月を父と母とともに過ごした。父は格闘技を観るのが好きで、母は格闘するのが好きだった…。熱烈なキリスト教徒の母親から、伝道師になるための厳しい教育を叩き込まれた少女ジャネット。幼いころから聖書に通じ、世界のすべては神の教えに基づいて成りたっていると信じていた彼女だが、ひとりの女性に恋したことからその運命が一転する…。


ジャネットの、自らの心と魂の真実に耳を傾けようとする真摯さと、それをウィットと情緒に富んだ言葉で書き留めようとする情熱が、このエキセントリックで心揺さぶる「大人への成長物語」を、忘れ得ぬ印象的なクロニクルに仕上げている。

 少し前に読んだ「灯台守の話」の作者の処女作ということで読み始めた。自伝的要素の色濃いが、神話や伝説やおとぎ話になぞられた、いくつもの変装を織り込む形で進んでいく。このあと、さまざまな職業を転々として自活しながら、独学でオクスフォード大学に入ったことなどにも触れる「さくらんぼの性は」は、途中で断念してしまいました。

3月24日(水)     「チャーリーとの旅」    (ジョン・スタインベック著)

travel.jpg
自分はどれだけ祖国の実情を知っているだろう―そんな疑問にとりつかれた作家スタインベックは、特注キャンピングカーに愛犬チャーリーを乗せ、アメリカ一周の旅に出た。人生の哀歓と自然の美しさに彩られた旅は、まるで人生そのもののように浮沈を繰り返しながら進んでいく。孤独とともに16000キロを走り抜けた4ヶ月。いまなお世界中の読者に愛される、旅文学の傑作。



連休は映画!

3月21日(日)   「レールズ&タイズ」

RT.jpg鉄道技師のトムは、妻のミーガンが末期の乳ガンに冒されている事実に正面から向き合おうとせず、仕事に没頭することで気を紛らわせていた。そんなある日、トムの運転する列車が前方線路上に停車していた1台の車を轢いてしまう。その車には一組の母子が乗っていたが、息子は激突寸前に脱出し、母親は轢死。原因は母親による無理心中だった。そして息子の少年ディヴィは里親へ出されることに。だがやがて、トムのもとにディヴィが訪ねてくる。図らずも加害者となったトムと、彼を憎みながら本当の家族を探し求めるディヴィ。そこで、子宝に恵まれなかったミーガンの希望によりディヴィを迎え入れるのだった。徐々にディヴィと打ち解け合い、夫婦仲も取り戻していくトム。しかし、そんな中、ミーガンの死期は刻一刻と迫っていた…。

 監督はクリント・イーストウッドの娘のアリソン・イーストウッド、音楽は兄のカイル・イーストウッド。ケヴィン・ベーコンとマーシャ・ゲイ・ハーデン共演の見終わったあとにじんわりする話。劇場医未公開作品です。話の内容はありえないような設定で進んでいくのが気になってしまう。主演の二人が役どころをきちっと演じてるのがいい。

3月22日(月)   「サラエボの花」

saraebo.jpgシングルマザーのエスマは12歳の娘サラとつましく暮らしている。
サッカーに加わり男子生徒に殴りかかる男まさりのサラの一番の楽しみは、もうすぐ出かける修学旅行。戦死したシャヒード(殉教者)の遺児は旅費が免除されるというのに、エスマはその証明書を出そうとしない。かわりに夜勤のウェイトレスまで始める母に、サラの苛立ちは募るばかりだ。娘の怒り、母の哀しみ--12年前、この町でなにが起こったのか。娘への愛のために、母が心の奥深くひたすら隠してきた真実が次第に明らかになってゆく・・・。

 ユーゴスラビア解体の動きの中で、ボスニア・ヘルツェゴビナは1992年に独立を宣言したが、独立時に約430万人の人口のうち、民族構成の33%を占めるセルビア人と、17%のクロアチア人・44%のボシュニャク人(ムスリム人)が対立し、セルビア人側が分離を目指して4月から3年半以上にわたり戦争となった。この物語の主人公であるエスマのようなムスリム人は、「民族浄化」の名のもとにセルビア人勢力により大きな迫害を受けた。歴史の知識があればより理解ができる。子どもの成長に託す意志の力を感じた作品。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を題材とした作品映画
「ボスニア」1996年  「ウェルカム・トゥ・サラエボ」1997年  「セイヴィア」1998年
「ノー・マンズ・ランド」2001年  「エネミー・ライン」2002年
「あなたになら言える秘密のこと」2005年  「ハンティング・パーティ」2008年


3月22日(月)   「白バラの祈り」      ゾフィー・ショル、最後の日々

wrose.jpg
1943年2月のドイツ、ミュンヘンでヒトラーの政策に反対し戦争終結を訴える非暴力的レジスタンス“白バラ”の紅一点ゾフィー・ショル(ユリア・イェンチ)は、兄ハンス(ファビアン・ヒンリヒス)と共に大学でビラを撒いた罪で、ゲシュタポに捕らえられてしまう。ベテラン尋問官モーア(アレクサンダー・ヘルト)に対し、彼女は冷静を装い、自分の無実を主張するが…。

ナチス・ドイツ政権に抵抗し、処刑された女学生ゾフィー・ショルの勇気を描いたメルク・ローテムント監督によるヒューマン映画の秀作。いわゆる悲劇と感動の戦争実録秘話ものに留まらず、ヒロインと尋問官との心理的駆け引きなどのサスペンス構築も非常にスリリングにできており、映画そのものとして大いに評価できる逸品である。また同時期に製作された 「ヒトラー 最期の12日間」 と対にして観ることで、当時のドイツが置かれていた状況も、より深く見えてくる。

 この作品は第55回ベルリン国際映画祭にて3冠を受賞しています。最優秀監督賞、最優秀女優賞、全キリスト教会コンペ部門最優秀賞、その他にもドイツ映画賞など様々な受賞をしています。「ベルリン、僕らの革命」でも強い印象を残したユリア・イェンチは、強い意志を持つ女性ゾフィーに適役だ。

3月24日(水)   「君の涙ドナウに流れ」    ハンガリー1956

donau.jpg56年の‘ハンガリー動乱’とオリンピックでの‘メルボルンの流血戦’を背景に描かれたヒューマンドラマ。1956年、ソ連の支配下にあったハンガリーの首都ブダペスト。独裁的な共産主義政権に対する市民の不満は募り、学生を中心に自由を求める声は日増しに高まっていた。そんな中、政治にまるで関心のなかった水球のオリンピック選手カルチは、学生たちに連帯を呼びかける女性闘士ヴィキの姿を目にして心奪われる。ヴィキと共に、闘争の最前線へと身を投じていくカルチだったが…。

ヴィキとカルチの歴史に翻弄された愛が描かれるが、何とも切ない。


親鸞

3月17日(水)     「親鸞」    (五木寛之 著)

sinran1.jpgsinran2.jpg
新しき人間・親鸞を描く、渾身の長編小説!
混迷と激動の時代を疾走した巨人。その苦悩は、今の私たちと同じ悩みであり、その決断は現代の闇を貫く。数々の国民文学を生み出した著者が描く渾身の長編小説!                   【講談社創業100周年企画】

 黒面法師やツブテの弥七といった悪役善玉が大立ち回りを演じ、親鸞が女性にもてまくるという読みやすい活劇にもなっている本書は、しかし一方で親鸞や師の法然の思想をていねいに描き込んでいて、下世話と高尚が見事に同居している。さすがは大作家の手練というべきか。いまという時代に書かれた親鸞のわかりやすい入門小説。(朝日新聞 3/14)
 ハラハラドキドキな展開もあって一気に読み進みます。主人公は、忠範(ただのり)、綽空(しゃくくう)、善信(ぜんしん)、親鸞(しんらん)と物語の中で幾度も名を変えていく。その度にそれまでの自分を捨てて新たに信心の道を歩みます。読んだ後、さわやかな気分で一杯でした。

<主な登場人物> ●忠範・範宴……この物語の主人公。のちの親鸞 ●犬丸……忠範の家に仕える、正体不明の召使い ●サヨ……犬丸の妻、愛情豊かなしっかり者 ●河原坊浄寛……元武者、いまは鴨川の河原の聖 ●ツブテの弥七……ツブテ打ちの名手、白河印地の党の頭 ●法螺房弁才……元比叡山の行者、弁舌巧みな巷の聖 ●伏見平四郎……美しき、残酷無類の怪少年 ●後白河法皇……今様で世を治めんとする「暗愚の王(きみ)」 ●慈円……寺門、権門をあやつる政教の黒幕 ●良禅……比叡山での同僚。危うい美少年 ●玉虫……旅先の大和路で出会った、謎の傀儡女(くぐつめ) ●紫野……六角堂で出会った、不思議な女


雪割草再び

3月14日(日)   午後再び  角田山

天気も良かったので花の写真を撮りに出掛けました。

kakudare1.jpg kakudare2.jpg kakudare4.jpg kakudare5.jpg





kakudare6.jpg kakudare7.jpg kakudare8.jpg kakudare9.jpg





アップのものと周りの様子が分かるようなものの2種類を考えて撮ってみました。最後の1枚は途中から見える海岸線です。

kakudare10.jpg kakudare3.jpg





初登山は二つ?

3月12日(金)  角田山 (午前)  新潟市西蒲区

<桜尾根コースの登山口
  kaku100.jpg     kaku101.jpg   kaku104.jpg






<途中の登山道と山頂の雪景色

kaku102.jpg  kaku103.jpg






kaku106.jpg kaku107.jpg kaku108.jpg     




<きれいに写真に収められないのはセンスがないのか>

kaku109.jpg kaku1010.jpg
もっときれいに撮れた画像はこちらで見れます! 
 <2007/3/22


       要害山 (午後) 村上市神林

 昼に家に帰ったものの少し休んでから7号線を北上してみました。雪割草は期待できなくても
<フキノトウ>が目的かな?
 you100.jpg  you101.jpg  you102.jpg





もっときれいに撮れた画像はこちらで見れます!
その1 2006/3/25   その2 2007/3/3

コレクションズ

 3月11日(木)    「コレクションズ」  (ジョナサン・フランゼン著)

corrections.jpg 妻として母として、セント・ジュードにある家で50年の歳月を過ごしてきたイーニッド・ランバートにとって、山積する不満はなかなか解消されない。介護や医療費のことが不安だし、長男の嫁との関係は悪化するばかりだ。夫のアルフレッドはすでに鉄道会社を退職している元技術者で、パーキンソン病を患って痴呆症が出始めている。子供たちは子供たちで、わが家を巣立ってから何年も戻ってこないまま。しかも、それぞれの生活は行きづまっていた。長男のゲイリーは地方銀行の部長で経済的には恵まれているが、妻子との関係が不調で鬱々とした日々を送っている。反抗的な次男のチップは大学で先鋭的な文学理論を講じていたが、女子学生と関係を持って辞職に追いやられ、破産寸前の状態。末っ子で一人娘のデニースは新進気鋭のシェフとして活躍しながらも、結婚や恋愛の面で波乱の連続だ。あらゆる期待を打ち砕かれていくイーニッドに残された望みは、家族の絆を取り戻すために、家族そろってわが家でクリスマスを祝うこと。かくして、家族の絆の修正(コレクションズ)は、最後のクリスマスの日に託されたが―。家族という私的な領域と、現代アメリカが直面している社会的領域とを、さまざまな手法を用いて巧みにリンクさせ、辛辣に、滑稽に、現代人にまつわる悲喜劇を紡ぎだす。全米図書賞に輝くベストセラー小説にして、21世紀初頭のアメリカ文学最大の話題作。

 小説のタイトルである”修正(corrections)”という言葉があちこちに散りばめられてそうですが、訳者は文脈によって”修正”、”訂正”、”矯正”、"折檻”に分けたそうです。社会においても、家庭においてもより良くするための”修正”が繰り返されていくが、時には新たな問題を引き起こすことも多々ある。50年代や60年代に描かれたホームドラマのようにはいかない家族の様子が描かれます。それぞれのトラブルを抱えて、その”修正”に努力したはずなのに・・・

インビクタス

3月7日(日)      「インビクタス 負けざる者たち」

mandera.pngジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化した感動のドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナールは、一致団結して前進する。

「真の和解はただ単に過去を忘れ去ることではない。」
「人間として、何もせず、何も言わず、不正に立ち向かわず、抑圧に抗議せず、また、自分たちにとってのよい社会、よい生活を追い求めずにいることは、不可能なのです。」(語録から)

結婚は3度している。1944年に最初の結婚。1957年、ウィニーと2度目の結婚。しかし1992年4月13日、ウィニー夫人との離婚を表明し、4年後の1996年3月19日にウィニーとの離婚が成立。1998年7月18日にモザンビークの初代大統領で飛行機事故で亡くなったサモラ・マシェルの未亡人、グラサ・マシェル夫人と3度目の結婚。

大統領時代、日本のバラエティー番組「進め!電波少年」で松村邦洋のアポなしロケを受けたことがある。周りにはSPもいたが遥々日本から来た松村を歓迎した。(エピソードから)

映画のクライマックスのワールドカップ決勝戦。相手は最強のニュージーランド。史上初の延長戦を制したのは、南アのジョエル・ストランスキーのドロップキックだった。演じるのは監督の息子スコット・イーストウッド! マンデラ自身も、自分の役を演じるのは、モーガン・フリーマンしかいないと思っていたという。素晴らしい映画であった。『マンデラの名もなき看守』(2007年) も気になってます。

ラストコンサート

2月28日(日)  「ラストコンサート」

concert_t.jpg concert_g.jpg
 


舞台となったモン・サンミシェル


人生に挫折し落ちぶれている作曲家は、ふとした事から一人の少女と出会うが、彼女の体は病魔に冒されており後三カ月の命だった。懸命に生き抜こうとする少女と再起に賭ける男、親子ほどの年齢差を越えたふたりの交流を、ステルヴィオ・チプリアーニの美しいメロディに乗せて描いたラブ・ストーリー。主人公ステラに扮したP・ヴィロレッジの初々しくも健気なキャラクターがかえって涙をさそう。
2007年公開の日本映画「Little DJ~小さな恋の物語」に、主人公が好意を寄せる少女と2人で観に行く映画として「ラストコンサート」が登場。70年代の名作がファンの要望にこたえ、初DVD化。日本語吹き替えに初挑戦したのは上野樹里! メインテーマは悲しい場面、楽しい場面にかかわらず印象に残る。ラストシーンでの「ステラに捧げるコンチェルト」(←クリックで聴けます!)は圧巻です。メインテーマは昔、映画音楽のリクエスト番組でよく聴きました。 

 
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。