スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルナール・ウェルベル再び

5月20日(木)    「タナトノート」

tanato.jpg死後の生、臨死体験、体外離脱、生まれ変わり、ブラックホール、そして天使…すべての疑問が解き明かされる、まったく新しい近未来小説。叔父の葬式の日、ミカエルはペール=ラシェーズ墓地で不思議な少年に出会った。少年の名はラウル。墓の上に腰かけ、人の心の奥底まで見透かすようなまなざしで、少年は「死の哲学」を語りはじめた。それから2人は毎晩、あらゆる死について話し合った。32歳のミカエルは麻酔医になった。ある日、突然ラウルが電話で会いたいと連絡をしてきた。場所はあのペール=ラシェーズ墓地。彼は自分の行なっている研究のことを打ち明けた。

「ホメロス、E・A・ポー、ジュール・ベルヌ、スティーヴン・キングに比肩し得る文学世界・・・想像力をかき立て、一読感嘆せずにはいられない作品・・・ウェルベル(=ベルベール)は、死の根本的なミステリーに対する合理的な解釈を提供して、あらゆる仮説に向かって扉を開いている」(エクスプレス誌)

「ジュール・ベルヌとアレクサンドル・デュマをまぜ合せたような作風・・・しかも、宗教、哲学の領域にまで、死を探求している・・・内容においても形式においても、類書は皆無であろう・・・夢想と現実が複雑に交錯し、真摯な科学的探究と幻想の世界とが巧妙にバランスを保っている」(ノール・マタン/ノール・エクレール紙)

凄い本に出会ってしまった。科学の力で、死後の世界が解明されたときどのようにそれを捉え行動するのでしょう!

古今東西の死への省察と現代医学の知識を駆使し、しかもエンターテイメントの形で死を哲学する、壮大なオデュッセイア的叙事詩(榊原晃三)


5月25日(火)    「われらの父の父」

titinotiti.jpgふたりの科学記者がミッシング・リンクの謎を追う現代のパリ。“彼”がハイエナに追われる370万年前のアフリカ、オルドヴァイ。ふたつの物語が出会うとき、衝撃の事実が…。「蟻」「タナトノート」の奇才ヴェルベールが人類の起源の謎に迫るSFエンターテイメント。


フランス古人類学会の大物、ピエール・アジュミアン教授が自宅の浴槽で変死体で発見された。教授は人類の起源にまつわる恐るべき秘密をつきとめ、それを公表しようとしたため。口封じのために殺されたらしい。犯人は誰か。現場に残されたダイイング・メッセージの<S>はなにを意味するのか。教授が発見したというミッシング・リンクの正体はなにか。事件の真相と、<私たちはどこから来たのか>の問いに対する答えを求め、若き美貌の新進ジャーナリストと、<科学のシャーロック・ホームズ>の異名をとる往年の名ジャーナリストが、パリ、タンザニアを舞台に活躍する。

本書から着想を得た短編映画が下の作品の最後にあります。また、本書の主人公リュクレスとカツェンベルグのコンビで小説の続編も検討中だという。それにしても、肝心の人間の祖先が××に、ただただ驚く!

本書執筆中に聞いた曲を挙げておきます。(いずれ、調べて聴いてみます)
エリック・サティ『ジムノペディ』
ロジャー・ウォーターズ『死滅遊戯』
ドヴォルザーク『新世界より』
アイロン・メーデン『アロード・バイ・ザ・ネーム』
ラマ・ジュルム&ジャン・フィリップ・リキエル『スエ・プール・レヴェイユ』
ピンク・フロイド『アニマルズ』(曲はもちろん『ピッグ』)
ジェントル・ジャイアント『エッジ・オブ・トワイライト』
マリリオン『グレンデル』
ロイク・エティエンヌ<『旅の書』のための音楽>


5月27日(目)    「星々の蝶」

chou.jpg
地球は滅亡の危機に瀕している。「最後の望み…それは逃げることだ」夢見がちな発明家、イヴ・クラメールが父の遺稿よりひらめいたもの。それは、“人類の希望の種”となる人々を乗せ、星の光を受けて走る、宇宙帆船だった。幾光年もの時をかけ、いま蝶が飛び立つ。フランスSF界の奇才が放つ、感動の物語。


巨大な宇宙船で地球を脱出して別の惑星をさがすというストーリーは、SF小説の王道。この本は、現代の地球、千年間の宇宙、そして千年後の別の惑星をそれぞれ舞台にした三部構成で、人類再生という重いテーマを扱っている。人間の根源的なテーマ(自己と他者、個と全体、破壊と再生、絶望と希望といった矛盾や対立)を哲学や宗教を関連させて考えさせる。

この本を執筆中に聴いていた音楽が挙げられていた。(いずれ、調べて聴いてみます)
ベートーヴェン『交響曲第6番』『交響曲第7番』
ヴィヴァルディ『四季』(ジョー・サトリアーニによるハード・ロック・バージョン)
サミュエル・バーバー『弦楽のためのアダージョ』
映画音楽『かもめのジョナサン』ニール・ダイヤモンド
映画音楽『DUNE 砂の惑星』トト
映画音楽『Nos amis les Terriens<親愛なる地球人へ>』(作者がシナリオ執筆・製作)


スポンサーサイト

蒜場山

5月17日(月)     蒜場山(1353m)

 登山口である<加治川治水ダム>まで車が行けないので、俎倉山登山口から往復80分がプラスとなる登山になった。8時に登山口からの急登が始まります。赤い番号表示の数が増えていくのを楽しみに、高度を稼いでいく。

hiruba1.jpghiruba2.jpghiruba4.jpg




遠くの雪模様の峰や、俎倉山方面を見ながら<①>、独標(9時)~岩岳(9時40分)~烏帽子岩(10時30分)。岩岳では、野鳥の観察と録音をしていた人に、烏帽子岩では下山してきた人に会う。写真は烏帽子岩から岩岳<②>、烏帽子岩を過ぎた鞍部から振り返って<③>。

hiruba3.jpghiruba5.jpghiruba6.jpg
 



     ①             ②             ③

登りが急になってくる頃から雪も多く残ってました。山伏峰を越える頃(11時30分)には靴もグチャグチャになりました。11時30分、雪も多く残る山頂に着きました。最後は、<シャクナゲ>の花です。まだまだが多いです。今回は、<コシアブラ>を沢山採れました。車に戻ったのは13時50分で、疲れました。

hiruba7.jpghiruba8.jpghiruba9.jpg100nage.jpg





名水と峡谷

5月16日(日)     龍ヶ窪

大量の地下水によって形成されている沼で、周辺の林相が変化に富み自然環境が優れていることから、1974年新潟県の自然環境保全地域に指定された。全国名水百選に選ばれた龍ヶ窪は、ブナやホウノキが茂る中にある。湧き出す水は1日43、000tで1日で入れ替わるという。

ryugakubo1.jpgryugakubo2.jpgryugakubo3.jpg






 山沿いの高いところから見下ろした風景と、高速道路のサービスエリアで撮った越後三山です。

ryugakubo4.jpgetigo33.jpg





           清津峡

雄大な岩礁と清流からなる日本有数の景勝地。国立公園に指定され、荘厳なる閃緑ひん岩と柱状節理の美しさから日本三大渓谷の一つに数えられている。今回は、清津峡の大渓谷を安全に、案心して鑑賞できる<清津峡渓谷トンネル>から堪能した。(往復1,500m、4つの見晴所あり)

kiyodu1.jpgkiyodu2.jpgkiyodu3.jpg






最後に、温泉旅館がある駐車場で咲いていた<ニリンソウ>と<イカリソウ>がきれいに咲いてましたので紹介します。八木沢までの山越えの登山道があるそうですが、9時間ほどかかるそうです。挑戦したいと思ってます。

kiyodu4.jpgkiyodu5.jpg





雨模様の登山

5月15日(土)     大蔵山~菅名岳 (周遊)

 いずみの里を過ぎて駐車場へ、ここから登山口までは10分の歩きです。昔はここまで来るまでこれたのです。階段コースでなく林道終点まで進み、そこから2つに分かれ3合目で合流する。沢コースと急坂コースですが後者を進む。雨模様の急坂は結構きついです。かなりの汗の後、4合目で階段コースと合流する。約90分で大蔵山に到着。

sugaoo1.jpgsugaoo2.jpgsugaoo5.jpg






菅名岳への稜線歩きでは、多くの雪が残ってました。45分ほどの歩きで菅名岳へ到着。山頂の標識の下にはスイセンがあるのですが、いつもこの時期には咲いてるるのですが今回は蕾でした。雪解けが遅いのも伺えます。丸山尾根を下り、椿平から一気に下り沢沿いの道を進む。どっぱら清水を過ぎ、長い林道歩きの後、無事今日の登山を終える。普通のコースタイムは6時間強なのですが、4時間ほどで回りました。それにしても歩きにくかったです。


sugaoo3.jpgsugaoo4.jpg






ルート・ロイベリクのこと

「朝な夕なに」 の話題が瞳さんなどのサイトであった。昔のことを思い出したりしてますが、女性教師役のルート・ロイベリクの画像を集めてみました。画像の中で<Die Trapp-Familie>や<Die Trapp-Familie in America>という名前があれば、「菩提樹」や「続・菩提樹」のものです。


trappfafamilie.jpg「菩提樹」(原題:Die Trapp-Familie)は、1956年の西ドイツ映画である。トラップファミリーがアメリカに亡命するまでを描いており、続編の「続・菩提樹」では亡命後のトラップファミリーが描かれている。これらの作品は、ブロードウェイミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」、アメリカ映画「サウンド・オブ・ミュージック」の先行作品である。次の画像を見るとよく分りますね。実際のトラップ一家の歌声も聴けますよ。



ruth1.jpgruth2.jpgruth7.jpgruth8.jpg







ruth9.jpgruth11.jpgruth12.jpgruth13.jpg







ruth15.jpgruth5.jpgmayonaka.jpg






最後の1枚は、淀川長治の「銀幕の夢」の冊子からのものです。

ディア・ハンター

4月28日(水)       「ディア・ハンター」

hunter.jpgdeerhunter.jpgヴェトナム戦争のさなか、ペンシルバニア州のロシア系アメリカ人のマイケル、ニック、スティーヴンの3人が徴兵され、戦場で地獄の体験をする。やがて帰還したマイケルは、行方不明となったニックを探しに、再びヴェトナムへ赴く…。ヴェトナム戦争がアメリカ人に狂気をもたらし、青春や友情、そして愛までも変えていくさまをリアルに描いたマイケル・チミノ監督の問題作。

この映画を見るきっかけは、スタンリー・マイヤーズ作曲の<カヴァティーナ(意味は楽器で演奏いする歌)の美しいテーマ曲が、どのように使われているか知りたかったし、アカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞、音楽賞、編集賞に輝いた作品でもあったから。ジョン・ウィリアムズのギター演奏。叙情的な曲となっている。ベトナムに行く3人の壮行会が行われた翌日、鹿狩りに出かるシーンに初めて流れました。ロシア系のせいか、結婚式と披露宴では「コロブチカ」や「カチューシャ」が流れてました。副テーマソングとして、フランキー・ヴァリ(Frankie Valli)が歌う「Can't Take My Eyes Off You」(君の瞳に恋してる)も印象的でした。見応えのある映画でしたが、ベトコンを一方的に残酷的に描き、アメリカ軍による現地住民に対する虐殺行為や、枯葉剤の散布といった非人道的行為の描写が極めて少ないことを「ベトナム戦争の正当化」「差別的なアジア人描写」と捉える見かたも多く、歴代のアカデミー賞受賞作品の中では観るものにより好みが大きく分かれている作品の1つでもある。

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。