スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の本2冊

4月21日(木)         「夜想曲集」      (カズオ・イシグロ著)

  yasoukyoku.jpg

 ベネチアのサンマルコ広場を舞台に、流しのギタリストとアメリカのベテラン大物シンガーの奇妙な邂逅(かいこう)を描いた「老歌手」。芽の出ない天才中年サックス奏者が、図らずも一流ホテルの秘密階でセレブリティと共に過ごした数夜の顛末(てんまつ)をユーモラスに回想する「夜想曲」を含む、書き下ろしの連作五篇を収録。人生の黄昏を、愛の終わりを、若き日の野心を、才能の神秘を、叶えられなかった夢を描く、著者初の短篇集。

 各編には色々な「音楽家」が登場する。往年の大物歌手、無名のバックプレーヤー、夢を諦(あきら)めてスターと結婚した女……。そこに、夫婦、病院の患者同士、師弟など、こじれたりねじれたり、一風変わった男女関係が絡む。元共産圏のギタリストは、ベネチアで舟に乗って妻にセレナーデを捧(ささ)げるという米国男に伴奏を頼まれ、定職のないジャズ好きは、裕福な友人夫婦の仲直りのため夫の引き立て役にされ、サックス奏者は売れるためにハリウッドで整形手術をする。短絡的と言えば言えるだろう。必死さゆえの人間の滑稽(こっけい)さを、作者はドラマチックな起伏を作らず素っ気なく描く。よく出来たオチもない。むしろ長編の呼吸や余韻に近く、一編ごとに深い充足感が得られる。

 どの話にも共通しているのが夫婦間もしくは男女間の危機である。たとえば、第3編「モールパンヒルズ」に登場する音楽家夫婦は、目指す音楽の違いから仲が険悪になりつつある。旅行中に若いころのイシグロを連想させるようなシンガーソングライター志望の若者と出会い、その歌から一瞬の安らぎをもらう。第2編「降っても晴れても」では、いまは外国で英会話教師をしている五十近いジャズ大好き男が、大学時代の親友夫婦の間に生じた波風を静めようと悪戦苦闘するし、第4編「夜想曲」では、才能はあるが醜男のr¥テナーサックス吹きが、去っていった妻を取り戻そうと整形手術を受け、回復中に隣室の患者とホテル内を探索して回る。この二作はドタバタ喜劇的な要素が含まれている。
 他の4編と違って夫婦は登場しないが、結婚を望む求愛者から逃げてきて、ひっそりとホテルに隠れている自称チェロ奏者の大家がいて、若いエリートチェリストに個人指導をする。

 

5月4日(水)     「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」     (ポール・オースター編)

   nsp.jpg

 爆笑もののヘマ、胸を締めつけられるような偶然、死とのニアミス、奇跡のような遭遇、およそありえない皮肉、もろもろの予兆、悲しみ、痛み、夢。投稿者たちが取り上げたのはそういったテーマだった。世界について知れば知るほど、世界はますます捉えがたい、ますます混乱させられる場になっていくと信じているのは自分一人ではないことを私は知った。オースターが全米から募り、選んで、編集し、「アメリカが物語るのが聞こえる」と感動した、180の実話。
 
 地方紙の本の紹介があった。<自分探しに疲れた人へ> <どんな人生にもドラマがある>
『集められた物語は米国庶民の生活や人生という大河の中でキラリと光る砂金のようだ。読み進めながら、思わずクスッとしのび笑いをもらしたり、電車の中であやうく涙をこぼしそうになったりした。記録を更新するような「偉大な」事象ではないが、静かに心に刻まれるエピソードの集まりである。
 この本を読み終わったとき、あなたはふと思い出すかもしれない。幼かった日のできごとや、おじいちゃんに聞いた話を。そして、思うだろう。「自分の物語もまんざら悪くない」と』(宮崎 恵理)

スポンサーサイト

里山散歩その2

4月17日(日)  

 前回とは別の周遊コースを歩く。道沿いのカタクリ、開かない青いキクザキイチゲ、そしてヤマエンゴサク

  houin1.jpg  houin4.jpg  houin5.jpg

  岩場に咲くエンレイソウ、**スミレ、そしてキクザキイチゲ 

  houin2.jpg  houin9.jpg  houin10.jpg

  途中の雪の様子など。最後は咲いてるカタクリです。

     houin3.jpg   houin6.jpg   houin7.jpg    

  houin8.jpg   houin11.jpg



 

ビデオ2作品

4月16日(土)

   「闇の列車、光の旅」 

   yamino.jpg

 09年のサンダンス映画祭で監督賞と撮影監督賞を受賞した注目作。ホンジュラス出身の移民の少女とギャングに追われるメキシコ人青年が、命懸けの危険な旅を乗り越えて、未来を掴もうとする姿を、日系4世の新鋭キャリー・ジョージ・フクナガ監督が、ビビッドに描く。中南米の衝撃的な“今“をリアルに切り取った感動のロード・ムービーだ。

 サイラは故郷を離れ、父親と叔父と共に約束の地=アメリカを目指していた。移民たちでひきめきあう列車の屋根の上で彼女は、カスペルという名の青年と出会う。彼は列車強盗団の一員だったが、サイラに暴行を加えようとしたボスを殺してしまい、追われる身に。

 アメリカを目指す移民といえば、連想するのは近隣のメキシコ人だが、この映画の主人公たちはメキシコよりも遙か南にある国、ホンジュラス。途中グアテマラやメキシコなどいくつもの国境を越えなければ、理想の国にはたどり着けない。監督はこの移民のテーマを深く掘り下げるため、シェルターに住む移民たちにインタビューをし、刑務所にいるギャングたちを取材。さらに自ら列車の屋根に乗り込み、移民の足跡を辿る旅を3度にわたって経験した。その生きたリサーチが実を結び、衝撃と深い感動を与える作品に。そしてさらには主人公たちの力強さが観る者に明日への勇気をもたらしてくれる。


   「新しい人生のはじめかた」

   newlife.jpg

 『主人公は僕だった』の共演で意気投合した、ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンが本格的な共演を果たした中高年向け恋愛物語。娘の結婚式に出るためにロンドンにやって来た男性と、なかば人生をあきらめて楽に生きることを選んだ女性の心温まる交流をしっとりと描く。監督と脚本を手掛けたのはイギリスの新星、ジョエル・ホプキンス。ロンドンの美しい秋の風景とともに、年齢を重ねてこそわかる人生の豊かさや繊細さが胸にしみる。

 ニューヨークのCM作曲家ハーヴェイ(D・ホフマン)は、離婚後別居していた娘の結婚式に出席するためロンドンに飛ぶ。だが、仕事で頭がいっぱいの彼は披露宴を辞退して帰国しようとするが、飛行機に乗り遅れてしまう。やけ酒を飲みに入った空港のバーで、ハーヴェイは偶然ケイト(E・トンプソン)と出会い・・・。

 ちょうど人生の曲がり角を向かえたハーヴェイとケイト。そしてこの映画を観ている自分自身。そう、すべてを諦めるにはまだ早すぎる、まだまだ楽しいことはこれからたくさんあるのだから・・・。そんな1歩踏み出す勇気を与えてくれる映画でした。「ハウトゥー~」なるタイトルの映画も多い。こんな方法もあるよ! と言いたいのかもしれませんが現実的ではなく、あまり観ようとは思わない。この映画は、タイトルが気になって観てみた。


里山散策

4月10日(日)     願文山~大峰山

 昨日の雨で地面が気になりましが、晴天は本日のみということで、100種類あるという<桜公園>へ車を走らす。駐車場でショウジョウバカマミズバショウが迎えてくれました。

 ganmon1.jpg  ganmon2.jpg  ganmon3.jpg

 桜は咲いてるものもありますが、まだまだのようです。           願文山を越えて大峰山をめざす登山道で

 sakuko1.jpg  sakuko2.jpg  sakuko3.jpg

   大峰山の桜ヒュッテと下山路の雪(雪が溶けるとカタクリが一面に咲きます!)

  oomin2.jpg  oomine.jpg  oomin1.jpg


 最後は、キクザキイチゲネコノメソウです。

 ganmon5.jpg  ganmon4.jpg


久しぶりのビデオ2本

4月9日(土)

  「アメリア 永遠の翼」

  ameria.jpg   ameria1.jpg   ameria3.jpg



 1928年、乗客として大西洋を横断した初めての女性アメリア・イヤハートは、パブリシストで後に夫となるジョージ・パットナムと組んで著書の出版や講演会など様々なプロモーション活動を展開し人気セレブの地位を確立する。1932年、今度は自らが操縦桿を握り女性初の単独大西洋横断を達成する。これを皮切りに大陸横断、太平洋横断と次々に記録を塗り替えてゆく。そんな彼女の最大の夢は世界一周飛行だった。

 アメリアは、1937年にナビゲーターのフレッド・ヌーナンと共に赤道上世界一周飛行に向かって、カリフォルニア州オークランドからロッキード・エレクトラ10Eで飛び立ち、同年の7月2日にはアメリカ領の無人島であるハグランド島を目的地にするが、その後到着することなく消息を絶っていた。
 当時のアメリカ政府は、多額の金をつぎ込み捜索したが何も見つからず、捜索は打ち切っていた。だが近年、航空機の捜索や保存を行っている研究グループ「タイガーが、キリバス領のニクマロロ島(無人島)で、化粧用のコンパクトの一部とみられるガラス破片や、戦前に使われていたアメリカの瓶(ボトル)、ポケットナイフなどを発見し、さらにその近くでは、たき火をおこした形跡や、魚や鳥の骨も見つけていた。
 この件に関して研究グループ「タイガー」のエグゼクティブ・ディレクターのリック・ガレスピーは「この骨の発見当初は、ウミガメの骨であるとも考えられたが、さらなるリサーチを重ねた上で、人間の骨である可能性があると認識した」とコメントを残している。
 そして現在、この研究グループがオクラホマ大学の遺伝発生生物学研究所に、アメリアの家族とのDNA鑑定を依頼して調べてもらっているようだ。この鑑定の結果は、2、3週間から1か月はかかるとみられている。もし彼女のものと一致すれば、彼女はニクマロロ島で漂流者として残りの人生を過ごしていたことになり、長い間不明だった彼女の最後の消息がようやく明らかになる。


  「シスタースマイル ドミニクの歌」

  dominiku.jpg   janinu.jpg

  
 1950年代末のベルギー。直感を信じ行動するジャニーヌは、アフリカで救援活動に我が身を捧げる日を夢見ていた。一方、母ガブリエルは娘を結婚させて家業のパン屋を継がせると決め、本人の語る夢には聞く耳を持たなかった。独善的な母親から逃れ、生きる意味と安息を求め修道院に入るジャニーヌ。厳格な規律に反発しながらも、やがて音楽の才能を開花させ、修道会の聖人ドミニコを讃える歌「ドミニク」を作詞作曲する。

 ペギー葉山やザ・ピーナッツがカバーしていたあの曲。だが人々に声が届く喜びを知り、教会とレコード会社に利用されていると知った彼女は、専業歌手を目指して、修道院を出る決意をする。そこから彼女の人生は急下降を始める。彼女に乗っかろうとするレコード会社の思惑で郊外の一軒家を借りたものの、教会のお墨付きを失うと、レコード会社にも無視され、生活もままならなくなった彼女は、フランス語圏のあるカナダ・ツアーの誘いを受ける。そこで彼女は周囲の反対を押し切って、女性に避妊権を与えることを勇気づける「黄金のピル」という曲を発表してしまう。女性を救うものと信じながら、下降線を描き始めた彼女の人生にブレーキがかかることはなかった。こんな後の人生があったとは・・・。


雪割草その他

4月1日(金)   弥彦山

 写真を追加して動きと音楽を添えて・・・(4月9日)
 弥彦・雪割草 ← クリック

   天気も最高に晴れたので、午後の時間出掛けてみた。<中部北陸自然歩道 トレッキングガイド>を見て、花のマークが多い<妻戸尾根>コースを選ぶ。妻戸山から能登見平~雨乞尾根を経て周遊した。先ずは雪割層です。

 yahikoh1.jpg  yahikoh3.jpg  yahikoh5.jpg


 yahikoh8.jpg  yahikoh9.jpg  yahikoh11.jpg


                            一緒に写すとこんな感じです。
  yahikoh12.jpg  yahikoh6.jpg


   他にナニワズ
 yahikof1.jpg  yahikof2.jpg

                   カタクリと?
                  yahikof5.jpg  yahikof4.jpg



 最後に景色です。
  yahikok1.jpg  yahikok2.jpg  yahikok3.jpg

            yahikomap.jpg  yahikosst.jpg


プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。