スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしを離さないで

5月21日(土)      「わたしを離さないで」 

  hanasanai1.jpg  hanasanai2.jpg

  寄宿学校「ヘールシャム」で学ぶキャシー、ルース、トミーの3人は、小さい頃からずっと一緒に暮らしている。外界と隔絶したこの学校では、保護官と呼ばれる先生の元で子供たちは絵や詩の創作をしていた。18歳になり寄宿学校を出て農場のコテージで共同生活を始めた彼ら。やがてルースとトミーが恋を育むようになり、キャシーは孤立していく。その後、コテージを出て離れ離れになった3人は、逃れられようのない運命に直面する事に…。



スポンサーサイト

シャッターアイランド

5月18日(水)       「シャッターアイランド」  (デニス・ルヘイン著)

 denis2.jpg

 ボストン沖のシャッター島に、アッシュクリフ病院という、精神を病んだ犯罪者のための病院があった。1954年、そこで一人の女性患者が行方不明になり、捜査のために連邦保安官のテディ・ダニエルズと、相棒のチャック・オールが派遣された。行方不明になった女性患者は、鍵のかかった病室から抜け出し、誰にも見られずに姿を消したのだという。そして、病室には「4の法則」という謎のメッセージが残されていた。実はテディには、島へ来る別の重要な目的があった。彼のアパートメントに火をつけて妻のドロレスを殺した男がこの病院に収容されていることを知り、彼を捜し出そうと考えていたのだ。病院側のよそよそしい態度にあいながらも、嵐が接近する中、テディはチャックとともに捜査を進めるが、謎のメッセージがさらに発見され、次々と不可思議な出来事が起きる。そして、ついに想像を絶する真相が明らかに!ミステリ界の話題を独占した傑作『ミスティック・リバー』の著者が、大胆な仕掛けで新境地を切り拓く最新作。

岳 みんなの山

>5月15日(日)         「岳 みんなの山」

 gaku_t1.jpg   gaku_t2.jpg


  世界の名峰を制覇した後、日本へ戻り山岳救助ボランティアとして活動していた島崎三歩のもとに、椎名久美が北部警察署山岳遭難救助隊の新人としてやって来る。三歩の指導を受けて訓練をこなしていた久美だが、実際の現場で遭難者を救うことが出来ずに自信を失っていた。そんなある日、猛吹雪の雪山で多重遭難が発生する。久美は仲間と共に現場へ向かうが、そこには想像を絶する雪山の脅威が待ち受けていた。

 <山で捨ててはいけないものを2つあげよ>という問題を出しておこきます。映画を観た人、そうでない人も1つは当てられる?!

 山に魅せられた男、島崎三歩。若くして世界の巨峰を登頂した後、三歩が選んだ道は日本での山岳救助ボランティア隊員だった。非常事態や緊急場面では、常に最善の結果を求めて冷静に救助活動を行う三歩。そのために非情で冷酷とみなされたり、はからずも「救助担当者の力が及ばず遭難者は助からなかった」と遭難者の関係者に責められることもある。しかし基本的に三歩は、登山者や遭難者に対して明るく優しく大らかに接し、山の素晴らしさをたくさんの人に知って欲しいと常に願っている。

 漫画は読んでははいませんが実写映画化に興味があった。小栗旬や長澤まさみが、山岳遭難の救助隊員としてどのように演技できるか(どんな映画になるか)是非とも観てみたかった作品。島崎三歩の救助活動の他に、山小屋の手伝い、県警警備隊関係者への訓練などを通して山の安全に関わる人々と、山を訪れる人々との交流を描いている。なかなかいい作品になっていたし、山の映像も素晴らしかった。

焼峰山は強風と山菜

5月14日(土)       焼峰山(ダムコース)

 毎年この時期、加治川治水ダムまで車は入れません。俎倉山の駐車場から往復1時間以上の車道歩きが加わる。風が強く、天気も曇りで少し不安になるが、数匹の猿が迎えてくれました。この時期、ダムから登る人は殆どいません。稜線歩きのこのコースは、飯豊連峰を見ながら山菜(コシアブラ)も期待できるからです。

yake1109.jpg  yake1108.jpg  yake1107.jpg
     シャクナゲ                  ミツバツツジ

yake1101.jpg   yake1110.jpg
      岩間から咲くスミレ           ヒトリシズカの群生

yake1102.jpg  yake1103.jpg 

              yake1106.jpg  yake1105.jpg
                     山頂から飯豊連峰、そして蒜場山方面

 yake1104.jpg  yake1112.jpg  yake1111.jpg
         コシアブラ三枚   


 

春の登山は・・・

4月24日(日)          松平山

      matudai1_6.jpg   matudai1_1.jpg
              タムシバ                 ヒトリシズカ
         
            matudai1_3.jpg
             クリックしてみて(パノラマ撮影) 

      matudai1_4.jpg  matudai1_5.jpg


5月4日(水)         大蔵岳~菅名岳

  suhgaok13.jpg  suhgaok14.jpg  suhgaok9.jpg
       エンレイソウ                イカリソウ               キクザキイチゲ

  suhgaok15.jpg  suhgaok7.jpg  suhgaok10.jpg
           ワサビ                    渓流と花

  suhgaok11.jpg  suhgaok6.jpg  suhgaok12.jpg
                                                    カタバミ


  suhgaok1.jpg  suhgaok2.jpg  suhgaok3.jpg
 
  suhgaok4.jpg  suhgaok5.jpg

英国王

4月23日(土)     「英国王のスピーチ」

   

 1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世として王位に就くことになった弟のヨーク公は内気な性格に加え幼い頃から吃音症に悩み、公務でのスピーチは常に苦痛の種だった。そんな夫を優しく励ます妻のエリザベスは、オーストラリア人のスピーチ矯正専門家ローグを見つけ出すのだった。

 兄エドワード8世がウォリス・シンプソン夫人と結婚するために同年12月に退位したため(王冠を賭けた恋と呼ばれた)、急遽国王として即位しなければならなくなった。生来引っ込み思案な性格だったヨーク公は、この事態を最も恐れており、即位が正式に決まった際にはルイス・マウントバッテンに対して「これは酷いよ。私は何の準備も、何の勉強もしてこなかった。子供の頃から国王になるように教育を受けていたのはデイヴィッド(エドワード8世)の方なんだから。国事に関する書類なんかこれまで一度も見たことなんか無いんだよ。そもそも、私は一介の海軍士官に過ぎないんだ。海軍将校としての仕事以外は、これまで何もやったことの無い人間なんだよ」とぼやき、兄の退位の前日にもロンドンにいる母のもとを訪れ、子供のように泣きじゃくりながら愚痴をこぼしていたという。

 ジョージ6世は生来左足が不自由で体も病弱だったが、生真面目で誠実な性格であったとされ、奔放な兄とは正反対であったらしい。その性格が、王妃と共に第二次世界大戦中のイギリス国民を大いに勇気づけ、国民からは「善良王」とまで呼ばれるようになった。ジョージ6世の治世が王室と国民がより親密な関係になるきっかけとなり、国土は疲弊しながらも戦勝へと「精神的」に導いたと言っても過言ではない。

 
 映画の展開は最初はアルバート王子としての「演説」体験、最後にジョージ6世としての重要な「演説」体験があり、その2つの演説の間に、彼が「話し方」に対して努力を重ねて、吃音症と向き合い、国民から敬愛される国王として成長していくドラマ、という構成になっている。この映画は、オーストラリア出身の言語聴覚士ライオネル・ローグ(Lionel Logue)の私的な療法についての話を基にして書かれた脚本によっているが、このローグの記録は2010年秋に単行本として出版された。その脚本化は30年以上前にデイヴィッド・サイドラーによって映画、および劇場公演のために企画されたが、ジョージ6世の王妃エリザベスが、自分の生きている間は公にしてほしくない、と許可を与えなかったため、当時は見送られた。

 ジョージ6世役のコリン・ファースがいい(80年代の「アナザー・カントリー」や「ひと月の夏」が今や懐かしく感じられる)。エリザベス妃役のヘレナ・ボナム=カーターの王を献身的に支え続ける姿がいい。そして、「シャイン」が印象的だったライオネル・ローグ役のジェフリー・ラッシュがまた凄い。


4月28日(金)    「クィーン」

   


 ダイアナ妃が交通事故で急逝したときのエリザベス女王の苦悩を描く問題作。事故直後、国民に人気のあったダイアナの死に対してコメントを避け、国民の信頼を失ってしまったエリザベス女王は、いかに窮地を抜け出すのか。アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演女優賞など、主要部門にノミネートされた話題作。特に女王を演じたヘレン・ミレンの演技は圧巻のひと言だ。

 朝日新聞の土曜日に、<再読こんな時、こんな本>なる記事で4月23日で取上げられていたのが<ロイヤルウェディング>でした。端に見るならと映画の紹介がありました。「英国王のスピーチ」を見たあとなので借りてきた。エリザベス2世は幼いおしゃまな王女として登場します!
(因みに、本は①「図説 イギリスの王室」、②「和宮様御留」、③「愛新覚羅浩の生涯」、④「名画で読み解く ハプスブルグ家12の物語」でした)

  今作は第63回ヴェネツィア国際映画祭に出品され、プレミア上映された。エリザベス2世を演じたヘレン・ミレンと本作品は高い評価を受け、女優賞と脚本賞を受賞する。上映後、15分間のスタンディング・オベーションを受け、最高賞にあたる金獅子賞でも最有力作品とも言われた。キャッチコピーは「全世界が涙したその日、ただ一人、涙を見せなかった人がいた」。



 
プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。