スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーラー 君に捧げるアダージョ

6月25日(土)      「マーラー 君に捧げるアダージョ」 

   mahler.jpg

 世紀末ウィーンを代表する後期ロマン派の大作曲家であり、スター指揮者グスタフ・マーラー。その19歳年下の妻であり、類まれな美貌と音楽的才能で、画家クリムトなど当時の芸術家たちを魅了したアルマ。誰もが羨む理想の夫婦であったが、その年の差と、マーラーがアルマに作曲を禁じたことで生じた亀裂が、愛娘の死によって悪化してしまう。そして、アルマは療養先で知り合った5歳年下のグロピウスに慰めを求める。その事実に困惑したマーラーは、休暇中の精神分析医フロイトの元を訪れ、アルマとの愛と情熱、希望と苦悩、そして音楽に溢れた人生を語りはじめる…。

 「シネ・ウィンド(=新潟にある小さな市民映画館)で音楽映画特集が組まれることになった」という記事が地方紙に載っていた。(6月21日)本作のほかに、 「ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路」 と 「ショパン 愛と哀しみの旋律」 です。クラシック音楽ファンはもとより、映画ファンにとっても見逃せない作品といえる。<芸術家像だけでなく、家族関係にも焦点を当てて作られているから。ちらしも3種とも手に入って何とも気持ちがいい。

 監督は、「バグダッド・カフェ」のパーシー・アドロン、共同監督として息子のフェリックスが当たってる。この映画を観ていて映画「ベニスに死す」を思い起こしてました。マーラーを演じるヨハネス・ジルバーシュナイダーが「ベニスに死す」のダーク・ボガードにそっくりであること、そしてマーラーの交響曲が多く使われていたから。交響曲5番 第4楽章<アダージェット>はうそのうねるような官能的な響きが、ヴィスコンティの描く陶酔の世界hへ導いたようにこの映画でも重要なシーンに使われていた。映画の冒頭に「起こったことは事実、どう起こったかは創作」とあるように、アドロン監督のダイナミックな進行とともに魅せられてしまう。それにしてもアルマというマーラーの妻以外の女性がいたのに驚く。
  <あなたの音楽の中で、わたしは生き続ける>



            次の作品も楽しみです           nannerl.jpg  shopin.jpg

           
スポンサーサイト

雨ニモ負ケズ

6月25日(土)         しばた    あやめまつり

 昨日からの雨で山には行けず、午前はスポーツセンターで汗を流すも雨は止まず。昼は久しぶりに映画を観に行く(映画のカテゴリに載せます)。帰ってきてから雨上がりを狙っ五十公野(いじみの)公園あやめ園へ行ってきた。先週の山行の帰りには、物凄い車の量だったが二分咲きだった。今回は、6分咲きでした。天気のいい夕方は、私のジョギングコースになってます。

 rainno1.jpg rainno2.jpg rainno6.jpg

 rainno7.jpg rainno8.jpg rainno9.jpg

 面積1.8ヘクタールのあやめ園には約300品種60万本のあやめ(ハナショウブ)が咲き競ってるという。

 rainno3.jpg rainno4.jpg rainno5.jpg


6月26日(日)    雨のドライブ 笹川流れ   

 iwayuri1.jpg iwayuri3.jpg iwayuri2.jpg


iwayuri4.jpg iwayuri5.jpg iwayuri6.jpg




朳差岳~花も景色も・・・~

6月18日、19日(土、日)   朳差岳 (1636.4m)

 5時15分に家を出て45分(38Km)、胎内ヒュッテに到着。既に車も多く止まっていたが、みんな登山でなないはず。ゆっくり準備をして6時20分に歩き始めた。頼母木橋までに多くの望遠レンズを付けて野鳥を求める人たちも多かった。そういえば、昨年は<アカショウビン>の写真を見せてもらった。8時25分に<姫子の峰>に着く。熊が齧った(引っ掻いた)と思われる標識に驚く。

  ooishi1127.jpg ooishi1113.jpg ooishi1101.jpg

 <滝見場>(8時35分)では多くの人が同時に休み、若いペアと共に先を急ぐ。<大石山>まで写真はあまりないが、<ツバメオモト>が目に入った。後から来た人が、<ギンラン>を見たと写真を見せてくれたが、帰りも見ることはなかった。

 ooishi1130.jpg ooishi1126.jpg ooishi1131.jpg 

 10時58分に大石山に着く。ここから頼母木小屋の手前までの<ハクサンイチゲ>の写真を撮りまくった。およそ1時間はいた。この間に、<朳差小屋>に泊まる予定の人が先に行ったみたい。

 ooishi1122.jpg ooishi1123.jpg ooishi1124.jpg

 ooishi1125.jpg ooishi1109.jpg ooishi1114.jpg
                             ハクサンチドリ          ウズラバハクサンチドリ<葉が斑> 

 ooishi1107.jpg ooishi1108.jpg ooishi1110.jpg
                           鮮やかな色の<シラネアオイ>

 ooishi1105.jpg ooishi1116.jpg ooishi1117.jpg 
                              雨上がりの小屋 

  ooishi1118w.jpg
                     山頂からパノラマ映像! クリックして見てください  

 oishi1134.jpg ooishi1132.jpg ooishi1133.jpg
        山ガールと花                  夕焼け                 朝焼け


 ooishi1135.jpg ooishi1120.jpg 
     <鉾立峰>から振返って      大石までのコース(前を行く集団も)


6月の登山は順調?!

6月4日(土)   光兎山 (966.3m)

 久しぶりの快晴で登山日和です。今日は3人での登山です。そのうちの一人は初めての<山登り>です!
多くの人が登ってました。ヒメサユリの花を求めたのは私たちだけではないのですが、残念ながらまだ蕾でした。

 kousagi1101.jpg  kousagi1102.jpg  kousagi1103.jpg
   二つの登山口からの合流点           虚空蔵峰からの平野           観音峰から山頂方面

 kousagi1104.jpg  kousagi1105.jpg  kousagi1106.jpg
         雷峰の石碑              雷峰から山頂方面             姥石 

 kousagi1107.jpg    kousagi1108.jpg    kousagi1109.jpg
       姥石を過ぎての様子           最後の急登です          急登の途中から振返って


       kousagi1110.jpg  kousagi1111.jpg
             蕾のヒメサユリ              山頂の証拠写真!


6月12日(日)   毛石山 (793.8m)

 雨上がりの登山、沢沿いの道を行く・・・。覚悟はしていたのですがやっぱり・・・。ヒルにやられました。正に<血まみれの>登山になりました。山頂近くでは、ヒメサユリの花が出迎えてくれました。予想通り、この山に登ったのは私一人でした。帰りに立派な<ワラビ>と<ミズ>を採ってきました。登山の始まりは、<導水橋>からです。真ん中の写真は、帰りに下に降りて撮りました。杉林を過ぎて、沢沿いの何ともイヤな感じの道うを行く。(大きくするとわかるのですが、ちゃんと標識が見えます!)

  keisi1101.jpg  keisi1108.jpg  keisi1102.jpg

      keisi1104.jpg    keisi1107.jpg
             エンレイソウ              キンラン(残念ながら蕾!)

  keisi1105.jpg  keisi1109.jpg  keisi1113.jpg
        ヒメサユリいろいろ

  keisi1110.jpg  keisi1111.jpg  keisi1106.jpg
                   最後は山頂からの眺め        と            山頂の証拠写真です


サスペンス2冊

5月31日(火)         「暗闇の蝶」    (マーティン・ブース)

  kurayami.jpg  last_t.jpg

 イタリアの山奥、小さな町に私は移り住んだ。表向きは蝶を描く画家、地元の人にはミスター・バタフライと呼ばれている。しかし、実際は闇の世界の罪人。世界中を転々とし、一箇所に留まることはない。とはいえ、そろそろ潮時だ。あと一回だけ仕事を受けて、この町に落ち着こう。そんな折、謎の男が「私」を追い始める。いったい誰が、何の目的で?幻の名作、美しきミステリの新訳。

 本を読んだ後で映画化され公開されてることを知る。映画化されたから、タイトルを変えて蘇った作品か。

 地方紙の記事で『海外ミステリー 美しくて切ない男の物語』と題して本が紹介されていました。さっそくその中の2冊を購入して読み始めました。映画化されたタイトルは「ラスト・ターゲット」(ジョージ・クルーニー主演)です。「かすかに諦念の漂う語り口と、芸術、文学、美食、ワインと多肢にわたる話題に魅了された。美しく、そして切ない小説である」(羽田詩津子:翻訳家)は言い得てる。

 因みに他に、クリストファー・ライク「欺瞞の法則」(講談社文庫上下)とリタ・メイ・ブラウン「病院が嫌いな猫」(ハヤカワミステリ文庫)が紹介されてました。前者を今読んでます!


6月*日(*)        「欺瞞の法則」     (クリストファー・ライク)

   giman1.jpg   giman2.jpg

  国境なき医師団の外科医、ジョナサン・ランサムは、雪山登山中の事故で、妻のエマを亡くす。悲嘆にくれる彼が受け取ったエマ宛ての封書には、荷物の引換証が入っていた。荷物をめぐり襲撃されたジョナサンは、エマの“別の顔”を知る。謎の極小兵器。連続殺人。新たな事件と暗殺者が、ジョナサンの元へしのびよる。

 


プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。