スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順調な読書その2

昨年の12月18日の地方新聞の本の紹介に「息のブランコ」(ヘルタ・ミュラー著)があった。ヘルタ・ミュラーとこの作品については、下の「息のブランコ」で紹介します。その記事の最後に書かれていたことが気になっていて更に2冊読もうと思ったのです。
 <直接経験していない戦争を記述するには、おそらく無限に続く細部を丁寧に積み重ねていくしかない。ヘルタ・ミュラーが成し遂げたのはまさにしれだ。そして私たちの文学もまたそうした小説を旺盛に生み出しつつあることを付言していおく。古処誠二「ニンジアンエ」や帚木 蓬生「蝿の帝国」はその代表例である。>(陣野俊史・文芸評論家)
 図書館から借りようと思った本が貸出中などがあり、読む順序も変わってしまいました。

1月21日(土)    「ニンジアンエ」   (古処誠二著)

 ninnji.jpg

 インパール作戦前年のビルマ。新聞記者の美濃部は日本軍の英印軍討伐に同行する。捜索が順調に進むほどに、美濃部の胸中にいくつもの疑問が生じていく。捕虜になったイギリス人は、なぜ不遜な態度を崩さないのか?ビルマ人の人質はどこに消えたのか?すべての謎が解けた時、美濃部は「戦地の真実」を突きつけられる。それぞれの正義と信念を圧倒的な筆力で浮き彫りにした傑作長編。


1月26日(木)    「空山」   (帚木 蓬生 著)

 kuuzan.jpg

 人を生かすために学んだ知恵が、戦場では何の役にも立たぬ――身捨つるほどの祖国はありや?

 勤務医の「私」も、帝大を卒業したばかりの「私」も、国家によって今日から軍医になる――。眼前で消えていく助けられたはずの命。広島、沖縄、満州、樺太、大刀洗、極限状況の戦地で最善を尽くした先人たちに、現役医師の著者が捧げる鎮魂歌。「あの戦争」を十五人の軍医の視点で重層的に描く、戦争文学の偉大なる到達点!



1月31日(火)    「蠅の帝国」   (帚木 蓬生 著)
 
 haeteikoku.jpg

 足りない薬、不潔なベッド、聞こえてくる砲撃音。人を生かすために学んだ知恵が、戦場では何の役にも立たぬ―徴兵検査をし、解剖を行い、地下壕を掘り、空爆され、戦犯となり、ソ連軍に脅え、傷病兵に青酸カリを渡す―広島、樺太、満州、沖縄、東京、大刀洗―十五人の若き軍医が極限状況下で見た「あの戦争」の本当の姿。現役医師の著者が軍医たちに捧げる鎮魂歌。

  1月8日の地方新聞の書評に「蛍の航跡」が紹介されていた。「蝿の帝国」に続く<軍医の黙示録>の完結編であり、15編の作品が収められている。そのあとがきに「思えば、文字の力に打ち震えたのは、『きけわだつみのこえ』が最初だった」と書き、「大岡昇平『俘虜記』、梅崎春生『桜島』、島尾敏雄『出発は遂に訪れず』に感激した少年の日々が、小説の筆を知らず知らず、体験もしていない戦争の方に引き寄せたのだろう」と記している。いずれも気になります。

 
2月2日(水)    「風にそよぐ草」   (クリスチャン・ガイイ 著)

  soyogukusa.jpg

 あらゆるときめきは、遅すぎた時に生まれる。
街でひったくりに逢った歯科医のマルグリットと、その財布を拾った妻子持ちの男ジョルジュ。御礼の電話をかける彼女に、男は会いたいと告げる。身勝手な恋の始まりはやがて周囲を巻き込んで…。


2月7日(火)    「臓器農場」   (帚木 蓬生 著)

  zoukino.jpg

 新任看護婦の規子が偶然、耳にした言葉は「無脳症児」―。病院の「特別病棟」で密かに進行していた、恐るべき計画とは何か?真相を追う規子の周囲に、忍び寄る魔の手…。医療技術の最先端「臓器移植」をテーマに、医学の狂気と人間の心に潜む“闇”を描いた、サスペンス長編。現役医師としてのヒューマンな視線、山本周五郎賞作家の脂の乗り切った筆致が冴える、感動の名作。


2月10日(金)    「マーティン・ドレスラーの夢」   (スティーヴン・ミルハウザー 著)

  martin_d.jpg


20世紀初頭のニューヨーク、想像力を武器に成功の階段を昇る若者の究極の夢は、それ自体がひとつの街であるような大規模ホテルの造営だった。ピュリツァー賞受賞の傑作長編小説。
【編集者よりひとこと】
これまでの彼の作品は、子供のときの夢を大人になってもずっと持ちつづけるマニアックな人間を主人公にしたものが多い。素朴な作業から始まって想像を絶する名人になってゆく人形師やアニメーション作家。彼らは現実にはありえないような精妙極まりない作品を完成させていく。ある意味では本書の主人公もそんな「夢を追う人」のひとりである。だがピュリッツァー賞を受賞したこの長篇がこれまでと違うのは、状況設定や人物構成にある種のリアリズムが侵入していることだ。世紀末から20世紀初頭のニューヨークを舞台にホテル王になりあがっていく主人公はきわめて現実的な愛や結婚、成功や挫折を経験する。にもかかわらずここには、紛れもないミルハウザー流幻術が展開される。


2月19日(日)    「忘れられた花園」   (ケイト・モートン 著)

  hanazono1.jpg  hanazono2.jpg

 1913年オーストラリアの港に着いたロンドンからの船。すべての乗客が去った後、小さなトランクとともにたったひとり取り残されていた少女。トランクの中には、お伽噺の本が一冊。名前すら語らぬ身元不明のこの少女をオーストラリア人夫婦が引き取り、ネルと名付けて育て上げる。そして21歳の誕生日に、彼女にその事実を告げた。ネルは、その日から過去の虜となった…。時は移り、2005年、オーストラリア、ブリスベンで年老いたネルを看取った孫娘、カサンドラは、ネルが自分にイギリス、コーンウォールにあるコテージを遺してくれたという思いも寄らぬ事実を知らされる。なぜそのコテージはカサンドラに遺されたのか?ネルとはいったい誰だったのか?茨の迷路の先に封印され忘れられた花園のあるコテージはカサンドラに何を語るのか?サンデー・タイムズ・ベストセラー第1位。

2月28日(火)    「六月の組曲」   (ジュリア・グラス 著)

  kumikyoku_6.jpg

 1989年6月。妻の死後、ポールは思い立ったようにギリシャを訪れる。妻と過ごした半生を振り返り、その思い出を捨て、新たな一歩を踏みだすために。1995年6月。父ポールの死後、フェンノは久しぶりに故郷スコットランドに帰る。その旅で、それまで気づかなかった、エイズで亡くなった友人と家族への深い愛に気づかされる。1999年6月。ファーンは恋人の子供を身ごもっているが、それを伝える勇気がない。しかし、フェンノに勇気づけられて、新たな愛を育てる決心をする。大切な人の死を乗り越えようともがく人々の、愛と喪失、後悔と希望に満ちた人生が複雑に絡み合い交差する。心のいちばん深いところに届く人生の物語。1999年トバイアス・ウルフ・アウォードを受賞(『コリーたち』)。2002年全米図書賞を受賞。


3月8日(木)    「逃亡」   (帚木 蓬生 著)

  toubou1.jpg  toubou2.jpg

 1945年8月15日、日本敗戦。国内外の日本人全ての運命が大きく変わろうとしていた―。香港で諜報活動に従事していた憲兵隊の守田軍曹は、戦後次第に反日感情を増す香港に身の危険を感じ、離隊を決意する。本名も身分も隠し、憲兵狩りに怯えつつ、命からがらの帰国。しかし彼を待っていたのは「戦犯」の烙印だった…。「国家と個人」を問う日本人必読の2000枚。柴田錬三郎賞受賞。


3月18日(日)    「あの日、パナマホテルで」   (ジェイミー・フォード 著)

  anohi.jpg 

 シアトルの航空会社を早期退職し病の妻を看取ったヘンリーは、絶望の淵にいた。そんなとき、戦時中収容所に移送されることになった日系人が密かに運び込んだ荷物が地下から40年ぶりに発見され、騒然としているホテル横を通りかかる。目に飛び込んできた鯉の絵の傘…ケイコのだ!脳裡には、戦争のため離ればなれになった初恋の日系少女の面影が鮮やかに蘇り…。全米110万部のベストセラー。2010年アジア・太平洋文学賞受賞。


3月21日(水)    「調律師の恋」   (ダニエル・メイスン 著)

  Tuner.jpg

 1886年、エラール(グランドピアノ)の調律師として、ロンドン一の調律師エドガー・ドレークは、軍から調律を要請された。場所は三次イギリス-ビルマ戦争勃発中の、ビルマのシャン地方メールィン村。きわめて異能な軍医少佐アントニー・J・キャロルが、その任務のためにイギリスからエラールを取り寄せたのだが、演奏不能となったからだった。
 エドガーは妻を残して、海路をビルマへと向かう。船上でエドガーは、たった一つの話しかしない耳の不自由な老人が語る、奇妙な体験談に耳を傾ける。エドガーはビルマの王都マンダレーへ着くが、メールィン情勢が不穏になったため、マンダレーで足止めされてしまう。しかしアントニー・キャロルは一刻を争うらしく、案内役に配下の者を寄こした。エドガーはシャン高原を越えてメールィンへと向かう。
 戦禍のビルマへと、エラールを調律するために向かうエドガー。ウワサによると軍医アントニー・キャロルは、すこぶる有能で風変わりで魅力的な人物らしい。だがキャロル以外の人には、エラールの使用目的が判然としない。ビルマにグランドピアノを持ち込んで何をしようというのか?


3月2*日(*)    「ピラミッド 封印された数列」   (ウィリアム・ディードリッヒ 著)

 Pyramid1.jpg   Pyramid2.jpg

ヘロドトスの書『歴史』に曰くピラミッドの地下には巨大な空洞がある―。メダルの謎は、その空洞へと誘うのか? ナポレオンとネルソンの海戦、陸地の追撃戦。英仏両大国の激しいつばぜりあいのなか、シラノ伯爵とゲイジの「絶対の叡智」をめぐる謎解き争いは、いよいよクライマックスをむかえる。バラバラだったパズルの断片が轟々と音をたてて、ひとつの形をつくりだした。フィボナッチ数列、黄金比、円周率π、そしてパスカルの三角形…。古代エジプトの知恵の精髄『トトの書』の秘密とは。


スポンサーサイト

順調な読書

「サラの鍵」を読んでから1週間ほどして、新潟日報で「エンタメ ヤング・ノベルズ」に紹介記事があった。
”「14歳のアウシュビッツ」など少女の視点から見たナチス”(11・28)とあった。
マークしていた本を図書館で見つけ読んでみました。

1月3日(火)   「父さんの手紙はぜんぶおぼえた」 (タミ・シュム=トヴ著)

 tamitobu.jpg

 また、おうちで会おうね。戦争がおわったら、すぐに―ユダヤ人一家の末っ子リーネケは、家族とはなれ、遠い村の医者の家にあずけられた。心の支えは、ひそかに届く父さんからの、ユーモアあふれる絵入りの手紙。奇跡的に保管されていた手紙とともに、リーネケの記憶がよみがえる。つらい時代に手をさしのべてくれた、オランダの人々の思い出とともに。心にしみる10歳のユダヤ人少女の実話。

 1940年五月、オランダにナチス・ドイツが侵攻すると、オランダでもユダヤ人に対する禁止令がつぎつぎに公布された。主人公の少女の父親は高名な学者だったが、ユダヤ人であるため大学を解雇され、一家は隠れ家住まいを余儀なくされる。その少女リーネケが十歳のとき、別の村に隠れ住んでいた父親から、地下抵抗運動を通して届いた小型の中とじ本の体裁をした絵入りの手紙が、奇跡的に残っていた。
 リーネケを預かっていた村医ドクター・コーリーが土中深くに埋めて保管し、戦争が終ってからリーネケに返してくれたのでした。今は、イスラエルのロハメイ・ハゲタオット記念館に展示され(複製)ていて、自由に読むことができます。本書は、少女リーネケ(現在78歳)から作家シェム=トヴが、当時のことを訊いてまとめたものです。戦争中にもかかわらず、少女がものごとを素直に受けとめ、迷いながらも生き生きと暮らす様子が伝わってきます。父親も仕事上だけでなく人格の点でも信頼のあつい人だったと推察できます。(戦後、イスラエル賞=農業部門を授与されてる)似た感じの本『バーバラへの手紙』(レオ・メーター著 岩波書店)がある。いずれ読む機会があるかも・・・
戦時中のユダヤ人の死亡率は、オランダがドイツ、ポーランドについで70%と高かったという。オランダ政府がナチスの政策を黙認して協力したためと言われる。(『「アンネ・フランク」を超えて』D・L・ウルフ著 岩波書店)著者のタミ・シェム=トヴはイスラエル生まれ。本書は国立ホロコースト記念館のヤド・ヴァシェム賞(2007)、優れた児童書に与えられるゼヴ賞(2008)を受賞した。


1月4日(水)   「14歳のアウシュヴィッツ」 (アナ・ノヴァク著)

 ananovac.jpg

 アウシュヴィッツに送られた少女アナは、日々収容所で目にする出来事を、ノートや紙の切れ端、トイレットペーパーなどにひたすら書きとめていく。奇跡的に持ち返られた貴重な資料。『アンネの日記』と対をなす、歴史的証言。
 ナチスの収容所から生還した人々の記録は決して少なくはない。プリモ・レーヴィ『アウシュヴィッツは終わらない』、ホルヘ・センプリン『ブーヘンヴァルトの日曜日』、アハロン・アッペルフェルド『バーデンハイム1939』、ケルテース・イムレ『運命ではなく』など。本書はナチスの死の収容所のなかで書き綴った貴重な生の記録。14歳の子どもの視点で書かれている。上述のノーベル賞作家ケルテースと似てるが、帰還してから記憶を頼りに出来事を再構成した回想録でもない。あの有名なアンネ・フランクと同年生まれの著者は、『アンネの日記』が終わる時点から書き起こし、いわばその後日談を残したと言える。


1月5日(木)   「黄金比はすべてを美しくするか」 (マリオ・リヴィオ著)

 ougon.jpg

 古来、四角形の形について、縦と横の辺の長さの比率が1:1.618…となるものが最も「美しい」とされ、特にこの四角形は「黄金四角形」、そしてこの1:1.618…という、無限小数を用いて表される比率は「黄金比」と呼ばれてきた。美術史の定説によれば、古典ギリシャの壮麗なパルテノン神殿をはじめ、古代からのさまざまな芸術作品にこれが取り入れられている、という。実はこの比率は、幾何学の基礎をつくったユークリッドにまでさかのぼる、数学者が古くから注目してきた「数」でもあった。時代が下るとともに、この黄金比が思いもかけないあちこちの数学分野で見つかるようになったばかりか、オウムガイの殻のできかたやひまわりの種の配列といった、自然の事物にまで隠れているのが知られるに及び、黄金比はその神秘をいやました。黄金比は音楽や文学作品、はては株価推移のグラフをも支配するとさえ言う者も現れた…しかし、これらの「黄金比伝説」はどこまで本当なのだろうか?著者は、黄金比が用いられていると言われてきた芸術作品を再検討し、黄金比伝説のどこまでが妥当であるかをさまざまな分野にわたり丹念に調べあげる。さらに、真の意味で黄金比に取り憑かれたというべき知られざる人物を紹介しながら、黄金比が持つ本当の魅力と面白さとを解き語っていく。あまたの芸術家と科学者をとりこにしてきた、神出鬼没な数についてあますところなく描く、決定版「黄金比」読本。国際ピタゴラス賞、ペアノ賞受賞。


 1月7日(土)   「縞模様のパジャマの少年」 (ジョン・ボイン著)

 pajama_2.jpg

 大都会ベルリンから引っ越してきた見知らぬ土地で、軍人の息子ブルーノは、遊び相手もなく退屈な毎日を送っていた。ある日、ブルーノは探検にでかけ、巨大なフェンス越しに、縞模様のパジャマを着た少年と出会う。ふたりの間には奇妙な友情が芽生えるが、やがて別れの日がやってきて…。



1月8日(日)    「三たびの海峡」 (帚木 蓬生著)


 kaikyou3.jpg  kaikyo3m.jpg


 「一度目」は戦時下の強制連行だった。朝鮮から九州の炭鉱に送られた私は、口では言えぬ暴力と辱めを受け続けた。「二度目」は愛する日本女性との祖国への旅。地獄を後にした二人はささやかな幸福を噛みしめたのだが…。戦後半世紀を経た今、私は「三度目の海峡」を越えねばならなかった。"海峡"を渡り、強く成長する男の姿と、日韓史の深部を誠実に重ねて描く山本賞作家の本格長編。吉川英治文学新人賞受賞作品。



1月13日(金)    「息のブランコ」 (ヘルタ・ミュラー著)

 iki_b.jpg

 2009年度ノーベル文学賞受賞者ヘルタ・ミュラーの最新の小説、待望の邦訳。2006年に逝去したルーマニア・ジーベンビュルゲン地方出身の詩人である友人へのオマージュ。
1945年、約8万人ものルーマニア系ドイツ人が、家畜運搬貨車でソ連の強制収容所に連れて行かれ、そこで5年間、ルーマニアがナチスに服従した罰として過酷な労働に駆り立てられた実話がもとになっている。主人公レオポルトが過ごした収容所(ラーゲリ)の索漠とした世界がミュラー独特の筆致で繰り広げられる。

 ヘルタ・ミュラーは53年ルーマニア生まれ。完全な戦後世代だ。しかし少女時代、大人たちが歴史的事実を語りたがらないことを不審に思い、真実を知りたいとの思いを募らせていく。盟友の詩人オスカー・パスティオールは収容所体験者で、詳細な証言を提供してくれた。オスカーが亡くなり、ミュラーは膨大な資料を断片のまま再構成し、小説に仕上げた。この小説には、戦争を経験していない人間が戦争を描くために不可欠な何かが示されている。
 背景はこうだ。第2次世界大戦末期の1944年8月、ルーマニアはソ連の反攻を前に降伏する。軍事独裁政権が倒れ、ドイツとの軍事同盟も破棄、連合国側につく。だが45年1月、生産拠点復興のために、ソ連はルーマニアに住むドイツ人8万人ほどを連行、」ウクライナの炭田などで強制労働に従事させる。5年間の抑留。1万人はかの地で死亡する。(後半の内容は、12/18新潟日報の書評 陣野俊史から引用)


1月15日(日)    「千日紅の恋人」 (帚木 蓬生著)

 sennnitikou.jpg

 父が遺した古いアパート「扇荘」を管理する時子。初婚は死別、再婚は2年で破綻。今は、老人介護のパートのかたわら、母の代わりに、家賃の集金や住人のトラブル処理に気丈に応対する日々だったが…。「このままずっと独りなのかしら…」そんな時子の前に、“彼”は現れた。忘れていたときめき、ゆれる想い、幸せの予感、あふれる涙。38歳、老いた母を助けて暮らす女性を描いた、感涙の物語。




1月18日(水)    「空夜」 (帚木 蓬生著)

  kuuya.jpg


 幼ななじみの慎一が診療所の医師として戻り、真紀の心は波うつ。夫に仕事に疲れていた病弱な彼女に、生きる歓びが甦る。絢爛たる桜、一面の菖蒲、燃え上がる櫨(はぜ)の並木……、見慣れたふるさとの風景も色づいて見えてくる。四季の移ろいの中に揺れ動く大人の純愛を描いた、柴田錬三郎賞受賞作家の名作ロマン。




年末の映画4本

12月27日(火)      「ペーパーバード 幸せは翼にのって」

 paperbird.jpg
 
 「スリー・キングス」のデビッド・O・ラッセル監督が、マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベールを主演に迎え、名ボクサー、ミッキー・ウォードと彼の異父兄ディッキー・エクランドの絆を描いた実録ドラマ。1980年代のマサチューセッツ州ローウェル。米ボクシング界のスター、シュガー・レイ・レナードと拳を交わしたことのあるディッキー(ベール)は街の英雄だったが、戦いに敗れたことから麻薬に手を染め、投獄される。そんな兄の陰でミッキー(ウォールバーグ)は早くからアマチュアボクサーとして実績を積み、頭角を現すがて・・。クリスチャン・ベールとメリッサ・レオが第83回米アカデミー賞で助演男優賞、助演女優賞を受賞した。



12月29日(木)      「ザ・ファイター」

 fighter.jpg

 実在する伝説のプロボクサーと異父兄の家族愛、さらにはリングでの熱き戦いを描く感動作。ゴールデン・グローブ賞をはじめ、2010年度の各映画賞を席巻。監督は『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。主人公を『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ、その兄を『ダークナイト』のクリスチャン・ベイルが演じる。激しいボクシングシーンを見せるマークと、外見をがらりと変えて薬物中毒の元ボクサーにふんするクリスチャンの熱演が見どころ。

12月29日(木)      「木漏れ日の家で」

 komorebi_20120117182614.jpg


 ワルシャワ郊外、生まれ育った古い屋敷で愛犬フェラと暮らすアニェラは91歳。日課は双眼鏡で隣人らの様子を覗うこと。このところ健康に不安を覚え医師の診察を受けようと出かけるが、無礼な言葉を浴びせられ怒り心頭し帰ってきてしまう。ひとり息子一家には同居を拒まれ、隣家の成金からは家を売ってくれと強引に迫られ途方に暮れる。絶望して自ら命を絶絶つことも考えるが、すぐに思い直すと驚きの行動に出るのだった。



12月31日(土)      「ルイーズ」

 luisa.jpg

  
 主人公のルイーサ(レオノール・マソン)は人口300万人を超える大都市ブエノスアイレスに住む孤独な中年女性。夫と娘は1975年5月の同じ日に亡くした。その二人が葬られている霊園での電話番と、スター女優の手伝いの二つの仕事を掛け持ちしながら、ブエノスアイレスのアパートで一人ひっそりと、ある意味無味乾燥に暮らしていた。








プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。