スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強のふたり

9月25日(火)         「最強のふたり」

   Saikyo1  

 パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪のフィリップ。介護役として雇われたのは、刑務所を出所したばかりの黒人青年ドリスだった。実話を基に、ふたりの男の交流を笑いと涙を交えて描く人間ドラマ。本国フランスやドイツで大ヒットを記録し、第24回東京国際映画祭では最優秀作品賞の東京サクラグランプリと最優秀男優賞を受賞。

 本作は実話を基に描かれており、フィリップとアブデルのドキュメンタリーに感銘を受けたオリヴィエ・ナカシュとエリック・トレダノの両監督が映画化を希望し、直接フィリップに会いに行ったという。フィリップは両監督に「映画化するなら、コミカルに描いてほしい。この話はユーモアを込めてこそ、真実に近づくんだ」と頼み、両監督はフィリップに脚本全てに目を通してもらうことで、物語にリアルさが増し、コミカルな脚本に仕上がったという。また、映画化に際し、アブデルの名前はドリスに変えられた。

 ふたりの相違は、音楽の好みに端的に表れている。フィリップは、ヴィヴァルディやバッハなどのクラシックや、オペラである。ドリスは、アース・ウインド&ファイヤーや、クール&ザ・ギャングである。フィリップの誕生日を祝うコンサートのシーンがある。フィリップは、楽団にヴィヴァルディの「四季」から「夏」をリクエストする。ドリスは、踊れない音楽に興味はないと、言い放つ。バッハの曲を聞いても、「まるで裸で笑いながら走っている人々だ」と、正直に感想を述べる。ドリスにとっては、バッハの無伴奏チェロ組曲は、コーヒーのCM曲であり、リムスキー・コルサコフの「熊蜂の飛行」は、「トムとジェリー」、ヴィヴァルディの「四季」の「春」は、「こちらは職業安定所です。順番にお繋ぎします」という職安の電話のBGMなのである。ドリスは、俺の音楽はこれだとばかり、アース・ウィンド&ファイアーの「ブギー・ワンダーランド」を流して、踊り出す。

 ラストシーンが良い。そしてエンディング。この映画は実在の人物をモデルにしていると最初にあったが、何と本物の二人が小さな画像で登場していた。久しぶりに劇場で見た映画は、良い気分に浸れました。

スポンサーサイト

リヴァトン館

9月24日(月)         リヴァトン館        (ケイト・モートン著)

   Riverton1.jpg    Riverton2.jpg

 母ひとり子ひとりの孤独な暮らしから、上流のメイドに。戸惑いながらも上流の暮らしと人々に惹かれていくグレイス。屋敷に滞在する当主の孫兄妹と触れ合ううち、同い年のお嬢様とは切っても切れない絆も生まれた。だが、そんな生活もせまりくる戦争の足音に しだいにくるわされてゆき――そしてついにあの悲劇は起こった。リヴァトン館が、そしてグレイスが抱えていた秘密とは何だったのか? 古きよき英国の香りを漂わせながら、人の心に巣くう愛憎を見事に描きだす、傑作ミステリ。

 記念すべきデビュー作でもある本書(原題The Shifting Fog)が2006年に母国で発表されるや、たちまちベストセラーとなった。イギリスではThe House at Rivertonと改題され、2007年にサンデータイムズ紙のベストセラー1位に。英テレビ・チャンネル4の人気バラエティ番組『リチャード&ジュディ・ショー』の夏の推薦図書にも選ばれ、ロングセラー化した。 2008年には図書館で最も多く貸し出された本として『ハリー・ポッターと死の秘宝』に次いで第2位に。さらにアメリカでもニューヨークタイムズ紙のベストセラー入りをし、その後も広く世界各国で出版され、amazon.comのベストブック・オブ・2008にも選ばれた。

 「忘れられた花園」を読んでから、他の作品を探していたら今年の5月に文庫本で出版されていた。第1部をゆっくり読んでいたが、第2部に入ってからグイグイ引っ張られあっという間に読み進んでました。ケイト・モートンは読者として、また研究者として、本書のようにゴシック風の技法を用いる小説に興味をもってきた。クイーンズランド大学で英文学を専攻し、首席で卒業した。修士課程でヴィクトリア朝文学の悲劇的作品を、博士課程ではゴシック小説とミステリーを融合した現代文学を研究している。
 
 過去に付きまとわれる現在。家族の秘密へのこだわり。抑圧された記憶に再生。タラいいテクノロジーや移ろいゆく秩序に対する危惧。女性にとって閉鎖的な環境とそれに伴う閉所恐怖。裏表のあるキャラクター。‥‥‥こうしたことに関心をもち、ひおかの作品もよみたいという読者のために作者が挙げてる作品を書いておきます。
トマス・H・クック『緋色の記憶』、A・S・バイアット『抱擁』、マーガレット・アトウッド『昏き目の暗殺者』、モーラ・ジョス『夢の破片』、バーバラ・ヴァイン『死との抱擁』。 (青は読んだが、他も気になる)

 次に読みたい本は、カルロス・ルイス・サフォンの『天使のゲーム』です。1作目の『風の影』(凄く面白かった!)は、本書が終わったところから始まるという!?



 

常念岳

9月17日(月)        常念岳  (2857m)

 過去2回常念岳を登ってますが、いずれも三股から前常念岳を経てのコースでガスの為全く景色が見れませんでした。そのときはいずれも蝶ヶ岳を経由しての日帰りでした。
 一の沢からのコースは昨年計画したのですが‥‥。ガスがかかってますが5時半過ぎに駐車場をスタートする。

  JONEN201201.jpg  JONEN201202.jpg  JONEN201203.jpg
      一の沢登山指導所            山の神(帰りに撮った)         流れる水の中も‥  

 JONEN201204.jpg JONEN201205.jpg JONEN201206.jpg
      王滝(ベンチ)               笠原沢(出合)

 JONEN201207.jpg JONEN201208.jpg JONEN201213.jpg
         胸突き八丁              最終水場                情念乗越(晴れ!)

 雲が薄れていきます。常念岳を目指して歩き始まます。戻ってきた人の多くが<何も見れませんでした>という返事でした。もしかしてと思いつつ高度を稼いでいきます。

    JONEN201214.jpg    JONEN201215.jpg    JONEN201216.jpg


   JONEN201222.jpg  JONEN201217.jpg  JONEN201218.jpg

 そして山頂からの眺めです! 山頂に着いてからしばらくして槍ヶ岳が姿を見せてくれました。10時から約20分のことでした。

 JONEN201219.jpg JONEN201221.jpg JONEN201220.jpg
   蝶ヶ岳方面でヒュッテも見えた       槍ヶ岳の雲が取れた!             そしてアップ

 下山を始め、情念乗越(11:05)から多くの人を追い越しながら登山口に到着(13:17)。登るときに<第3ベンチ>あたりですれ違った20人の若い女性ばかりの団体を最後の方で追いつきました。

 近くのホテルで温泉に入り、すぐに豊科から長野自動車道でふっとばして夕方6時過ぎに家に着きました。下道で戻っていたらカーナビでは夜中の1時半に着くとのことだった。


 写真の追加や、記録をいずれ書き入れようと思ってます。先ずは様子の報告でした。



餓鬼岳

9月16日(日)    餓鬼岳  (2647m)
 
 昨日の晩激しい雨でした。暗くなってから下山してきた人もいた。日帰り登山は5時半には出発したいところ。朝到着した人が薄暗い中、出掛けていった。ヘツリ、梯子、徒渉が多く天気も今一で暗い気持ちに‥‥。ほぼ同じ時間に二人連れがいたことや先行する人の姿がチラホラ見えたりしたので頑張ろうと思った。

 Gakidake01.jpg  Gakidake02.jpg  Gakidake03.jpg
       帰りに撮った                天気が今一‥‥              餓鬼岳まで6時間半!   
         
      Gakidake04.jpg  Gakidake05.jpg  Gakidake06.jpg

   Gakidake07.jpg  Gakidake08.jpg  Gakidake09.jpg
                     紅葉の滝 


     Gakidake10.jpg   Gakidake11.jpg   Gakidake12.jpg
                          魚止メ滝

     Gakidake13.jpg   Gakidake14.jpg   Gakidake15.jpg
           最後の水場               これも道!?           大凪山

   Gakidake16.jpg   Gakidake17.jpg   Gakidake18.jpg

 そしてようやく餓鬼岳小屋前です。こんなに晴れているのに感激。

  Gakidake19.jpg  Gakidake20.jpg

 山頂からの景色3枚

  Gakidake21.jpg  Gakidake22.jpg  Gakidake23.jpg


 最後は途中で見た名前も知らない花と実?です。

       Gakidakehana1.jpg  Gakidakehana2.jpg
         シロヒゲソウ (ウメバチソウの仲間)

 山頂で30分程、雲が切れるのを待ちましたが‥‥。今日の日帰り組は、2+1+1+1+2+1の8人と早すぎて登る途中で下山して行った若者1人か。帰りは、標識のある箇所を確認のために写真を撮った。駐車場に着いたのは15時13分でした。疲れました! 普通下山はルンルン気分で駆け下りる感じなのですが、気も許さえません! この山は1泊の周遊コースがいいのかも‥‥ 。少なくとも日帰りはもう二度としないでしょう!

 さて、これからどこかで風呂の入って食料(+ALC)を確保して明日登る登山口に行きます。
距離的にはそんなに遠くない。昨年雨の為断念した一の沢から<常念岳>です。

 

高妻山

9月15日(土)       高妻山 (2353m)

 三連休、長野方面の<日替り登山>の開始です! 初日は、朝4時に起きて高速を利用して<戸隠牧場>を目指します。登山者用の駐車場(キャンプ場のずっと国道より)に着いたのが7時半。以前はもっと上(戸隠牧場入口近く)まで行けたのですが‥‥。7時50分に歩き始め、登山口のゲート(牧柵)から登山をスタートする(8:10)。

     
   国道沿いの登山者用駐車場!     牧場を離れて登山道へ(牛は通れない)   幾つかの沢を超えて<滑滝

     


 TAKAtm07.jpg TAKAtm08.jpg  TAKAtm09.jpg
    上左の鎖場を越えると             きれいな花に元気

 Takatuma111.jpg  Takatuma112.jpg  Takatuma113.jpg
          一不動               二釈迦               三文殊

 Takatuma114.jpg   Takatuma115.jpg   Takatuma116.jpg
      四普賢            五地蔵                六弥勒  

TAKAtm10.jpg   TAKAtm11.jpg   TAKAtm13.jpg

 TAKAtm12.jpg   TAKAtm14.jpg  TAKAtm15.jpg
    この表示は以前なかった!

 五地蔵山を過ぎると正面に高妻山を捉えるのですが、かなり下っていきます。途中、左上の標識に注目! 帰りにこのコースを下りたいが‥‥。

  Takatuma117.jpg  Takatuma118.jpg  Takatuma119.jpg
        七観音                   八薬師                 九勢至

   Takatuma120.jpg  TAKAtm16.jpg  TAKAtm17.jpg

 山頂に辿り着いたのですが、雲が‥‥。何も見えず、ビーを飲んで食べて20分程休んだだけでした。前回登ったときは紅葉がきれいでした。朝一番で登り始めれば、乙妻山まで行けるかな? 降りから始まるのです。
 途中、沢コースでない登山道から登って来た人(間違って?!)の話が聞けたのでそこを利用することにした。

  TAKAtm18.jpg   TAKAtm19.jpg   TAKAtm20.jpg

                 TAKAtm21.jpg  TAKAtm22.jpg
 
 最後の2枚はもう一つの登山口と黄色い花が目に入ってきたので思わず撮りました。
これから明日登る<餓鬼岳>登山口へ向かいます。




越後白山

9月8日(土)        越後白山

 二日前にかなりの雨が降りましたが、天気も持ちそうなので<子どもたち>と出掛けました。名刹の慈光寺の様子も写真におさめました。登りは<尾根線>です。
 歩き始めて湿った沢沿いの登山道を歩いていたら、変なものが靴に付いていた。蛭がたくさんに驚く!? 必死になって抓んではおいはらいして難を逃れて少しでも上の乾いたところへ急ぐ。みんな2,3箇所から血の洗礼を受けたのですが、何故か私だけは吸われてませんでした!

  Hakusan01.jpg  Hakusan02.jpg  Hakusan03.jpg
                                         蛭から開放されたかな

  Hakusan04.jpg   Hakusan05.jpg   Hakusan06.jpg

 Hakusan07.jpg  Hakusan08.jpg  Hakusan09.jpg



 Hakusan11.jpg Hakusan12.jpg Hakusan13.jpg
                                                山頂からです

 山頂前の避難小屋からは、<粟ヶ岳>が見える。いずれこの稜線を歩いてみたいが‥‥。

 Hakusan14.jpg Hakusan15.jpg Hakusan19.jpg

 下山は<田村線>です。標識の○合目の表示が数字から漢数字に変わります。

 Hakusan16.jpg  Hakusan17.jpg  Hakusan18.jpg
       天狗の腰掛け        上部の腰掛け部分


 そして下山し慈光寺の写真です。

   Hakusan21.jpg    Hakusan22.jpg

        Hakusan20.jpg     Hakusan23.jpg
                                     樹齢500年の杉 

新田次郎その2

9月4日(火)    「アルプスの谷 アルプスの村」

     Alpus.jpg

 チューリッヒを出発した汽車は牧草地をぬけるとアルプスの山塊を登っていく。いきなり車窓に飛びこんできた巨大な岩壁のアイガー、朝日に全容を示した坐せる孤峰のマッターホルンをはじめ、人なつこい宿の主人シュトイリ氏、チナールの谷で逢った愛らしいベルギーの少女たちなど、憧れの土地で接した自然の風物と人情の機微を清々しい筆で捉えた紀行文。佐貫亦男氏の写真多数収録。

 『山と渓谷』誌上に「夢にみたアルプス」と題して20回にわたって連されたもの(昭和36年)。その後、気象庁30年の勤務を辞した昭和41年、そして三度目が昭和52年だったそうです。2回目のエッセイ「チロルの谷 チロルの村」は書かずに終わってしまったという。


9月9日(日)    「強力伝・孤島」

     Gorikiden.jpg

<強力伝>
 作者の処女作であり、昭和26年、「サンデー毎日」の大衆文学賞に入選したものです。この作品は、奥さんである藤原ていさんの満州ひきあげに記録「流れる星は生きている」がベストセラーになったことに刺激されて筆をとったという。作者が勤務していた富士山観測所の体験であり、主人公の小宮正作は、泥土係の小見山正さんがモデルになっている。このことは、朝日新聞に連載した随筆集「白い野帳」に書かれているという。
この作品は、昭和30年の直木賞を受賞した。

<八甲田山>
 明治35年1月、青森歩兵第5聯隊の210名の八甲田山の悲劇的雪中行軍を描いたもの。
青森を出発して30時間、すでに一人の兵が銃を捨て、背嚢をなげうち、上衣をはぎとり、
雪の中に座ったままげらげら笑い出す発狂者が出、一夜にして30名が凍死し、50名は凍傷をうける‥‥。
 これは実際にあった話だが、誰でもかけるものではない。「山」を知り、「雪」や「風」を知っている
作者なればこそ、これが書けるのである。

<孤島>
 篠山所長を中心に、鳥島の測候所員たちの生活を、リアルに描いた作品である。
離島という一種の限界状況のなかで、6ヶ月も1年も男だけで生活することの異様さ、やりきれなさがわかる。
アホウドリや山猫の話など「自然と人間」との戦いなど描かれている。

<山犬物語>
 民俗学的風な物語である。山犬(おおかみ)によって失ってしまった太郎八夫婦が、山犬様を殺すと村中に
たたりがあると信じている村人の反対があるのに、復讐のために山犬を殺す。その子犬を育てる女房のおしんも、
やがて病犬にかまれて死んでいく。ローカルカラー濃厚な昔話である。

<おとし穴>
<山犬物語>と同じように、山犬をあつかった作品だが、スリリングな作風の一種の冒険小説である。







菅名岳その2

9月2日(日)         菅名岳   (5/6と異なるルート)

 5月にも大倉岳登山してます。コースを変えての登山です! 今回はのコースです。(5月はのコースで雪もあり、ワサビの収穫もある)。急登でほぼ20分で4合目に到着です!

 Sugana200.jpg  Sugana201.jpg  Sugana202.jpg

 Sugana203.jpg  Sugana204.jpg  Sugana205.jpg
      椿平                 7合目                  蒲原平野が見えた!

 Sugana206.jpg  Sugana207.jpg  Sugana208.jpg
        山頂にて                    山頂から             これから進む道!?

 Sugana209.jpg  Sugana210.jpg  Sugana211.jpg

   Sugana212.jpg  Sugana213.jpg  Sugana214.jpg
  花もないとこんな木が目に付く     眺めのいい箇所もある         ブナの登山道!

   Sugana215.jpg
    最後の急降下は鉄梯子


8月の映画は2本

8月21日(火)       「善き人」 (Good)
 
  yokihito.gif

 英国の劇作家、C.P.テイラーの遺作舞台劇を「Oiビシクレッタ」のヴィセンテ・アモリン監督が映画化。ヒトラーに小説を気に入られたことから予期せぬ人生を歩む文学教授の姿を描く。出演は「ザ・ロード」のヴィゴ・モーテンセン、「グリーン・ゾーン」のジェイソン・アイザックス、「ヴィーナス」のジョディ・ウィッテカー。

 1930年代、ヒトラーの台頭でナチ党が権勢を振るうドイツ。大学で文学を教えるジョン・ハルダーはエキセントリックな妻ヘレンに代わって幼い子どもたちや老いた母の世話をする善き夫、善き父、善き息子である。しかし、かつて書いた「安楽死」を描いた小説がヒトラーの目に留まったことでジョンの人生は一変する。党から「人道的な死」をテーマにした論文の執筆を要請され、それは到底拒むことのできないものだった。

 似た感じの映画があったような… 若者を描いていたような…  タイトルが出てこない!
「善き人のためのソナタ」はタイトルが似ているだけだし… 

 自分が書いた小説をヒトラーに気に入られたばかりに、本人の意に反してナチの中で優遇され、それを甘んじて受け入れてしまう男。しかし、そのせいで、ユダヤ人の大切な友人を裏切ることになります。「善き人」なのに、思いと異なる方向に向かっていく様子が何とも切ない。


8月28日(火)       「ミラノ、愛に生きる」

  Mirano_love.jpg

 短編ドキュメンタリー映画「Tilda Swinton:The Love Factory」の製作で知り合ったというルカ・グァダニーノ監督と、女優ティルダ・スウィントンの11年越しの企画。プロデューサーも務めるスウィントンは、「『オルランド』以降、変化、社会という場で作られた自身の考えからの超越というのが、ずっと私が興味を抱いていたテーマでした」と語っている。

 レッキ家の大邸宅は、ミラノ有数の住宅美術館、ネッキ・カンピリオ邸で撮影された。アールデコ調の内装、希少な美術コレクションも堪能できる。雪に覆われた大聖堂ドゥオーモや、サンレモの森などイタリアならではの名所・景色も楽しめる。

 ティルダ・スウィントンが息子の友人との許されぬ情事に溺れていく上流階級マダムを熱演して高い評価を受けた愛憎ドラマ。ミラノの大富豪一族に嫁いだロシア人妻のエンマ。何不自由ない生活を送りながらも満たされない心に、いつしか孤独を募らせていく。そんな時、エンマは息子の友人でシェフのアントニオと出会う。心の奥底に眠っていた情熱的な感情がわきあがり、次第に抑えがたくなっていくエンマだったが…。

 ティルダ・スウィントンは50に近い年齢なのだが実に魅力的な女優です。「オルランド」以来、男役も演じる姿も実にいいのです。スタイルも良いのですがオールヌードが多いのはちょっと…。2010年・第83回アカデミー賞では衣装デザイン賞にノミネートされた。


プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。