スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月の本

12月13日(木)  「イラン人は神の国イランをどう考えているか」 (レイラ・アーガム・ザンキャネー編)

  Iranjin.jpg

 映画監督キヤーロスタミー、『テヘランでロリータを読む』のナフィーシーなど、各界で活躍するイラン人の生の声を集めたのがこの本だ。登場するのは、ジャーナリスト、作家、哲学者、映画監督、女優、アーティスト、大学教授、弁護士、キュレーターなどさまざまな立場のイラン人15人。イランはかつてどんな国だったのか。いま、イランの人々はどんなことを考えて生きているのか。知られざるイスラーム大国の実像が見えてくる好著。

 第3章の「どうしたらペルシャ人になれるか?」を書いているグラフィック・アーティストのマルジャン・サトラピー(30代)の自叙伝風『ペルセポリスⅠ,Ⅱ』(下にあり)は、すでに日本でも人気が高く、2006年には、イラン人女性の恋愛と結婚観を描いた『刺繍』も刊行された。 
 映画ファンなら知らない人はいないキヤーロスタミー監督も、第11章「私の映画の味」で、彼の映画と詩の関係について語り、独自の映画的手法を披露している。(以上訳者あとがきより)

 編者のレイラ・アーザム・ザンギャネーは、1970年代に国外に脱出したイラン人両親のもとにパリで生まれ、フランス高等師範学校で文学・哲学を学んだあと、コロンビア大学で国際関係学の修士号を取得。ハーヴァード大学で文学、映画、ロマンス語を教えるかたわら、『ミューヨークタイムズ』などに、中東関連の記事を寄せる新進のジャーナリストでもある才女。彼女がロシアから亡命した作家ナボコフの研究者でもあったことが、『テヘランでロリータを読む』の著者アーザル・ナフィーシーの目にとまり、二人の発案でさまざまな分野で活躍するイラン人15人の、検閲なしの生の声を集めたこの本が出来上がったという。一読の価値ありの本です!
 
 
12月16日(日)   「天地明察」 (冲方 丁著)

  Meisatu.jpg  Meisatu1.jpg 映画化のちらし

 江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして鬼才がおくる新潮流歴史ロマン。
 天文学や数学の専門家でも、この本に書かれた内容を理解して伝えることは難しい。誤差の原因となったのは、円軌道ではなく楕円であった?!
 興味深く読むことができました。星の計測などどのように行われたのか気になる。映画を見てみたくなりました。最初のほうで数学者の関孝和が一瞬で回答して、渋川春海は数日考えてようやく答えに辿り着いた問題が気になっていた。高校生の数学で解ける!

「今、釣(つり=高さ)が9寸、股(こ=底辺)が12寸の勾股弦(こうこげん=直角三角形)がある。その内部に、図のごとく、直径が等しい円を二つ入れる。円の直径を問う。」

               Tenti_Q.jpg



12月23日(日)   「蝶たちの時代」 (フリア・アルバレス著)

  Choutati.jpg

 ドミニカ共和国反政府運動の象徴、ミラバル姉妹の生涯! 時の独裁者トルヒーリョへの抵抗運動の中心となり、命を落とした長女パトリア、三女ミネルバ、四女マリア・テレサと、ただひとり生き残った次女デデの四姉妹それぞれの視点から、その生い立ち、家族の絆、恋愛と結婚、そして闘いの行方までを濃密に描き出す、傑作長篇小説。全米批評家協会賞候補作、アメリカ国立芸術基金全国読書推進プログラム作品。 ミラバル姉妹のような勇敢な女性について読むと、自由という大義を推進するためには、大事を為さねばならないと思いがちだ。ところが、この四姉妹の人生を見ると、四人とも少しずつ徐々に勇気を出していったのであって、わたしたち誰もが、暮らしの中で毎日、ささやかな瞬間、ささやかな課題に直面しているとわかる。ある意味で、わたしたちは、ほぼ偶然に勇敢になる。何かが起きると、勇敢に、思いやりを持ってその課題に取り組む。だが実は、その大きなことが起きるまでもずっと、思いやりのある心、人の話に耳を傾ける寛大な想像力を培ってきたのだ。そして、そのようなしなやかで受容性のある想像力を養う方法の一つが、読書だ。(中略)「自由の機能は、ほかの誰かを自由にすることである」そして、その自由を伝達するのに、ほかの誰かを読者にし、良書をその人の手に置くことよりも良い方法をわたしは思いつかない。(「今もまだ、蝶たちの時代──著者からの手紙」より)



12月24日(月)   「ペルセポリス」ⅠⅡ (マルジャン・サトラピ著)

  Peruse.jpg  Peruse1.jpg   Peruse2.jpg 映画化の一場面

イスラーム革命、イラン・イラク戦争などのイラン激動の時代。主人公・マルジ6歳から14歳までの、死と隣り合わせの日常生活を、普通の少女の目線で描く。社会風刺とブラックユーモアがきいた、マルジ6歳から14歳までの自伝的グラフィックノベル。2007年カンヌ映画祭審査員賞受賞映画『ペルセポリス』原作。

 マルジャン・サトラピ
1969年、イランのラシュト生まれ。テヘランで成長し、フランス語学校に通う。14歳の時に国を離れ、ウィーンを経て、ストラスブールでイラストレーションを学ぶ。また、子供向けの本も数冊執筆。なかでも1979年イスラーム革命以降の著者の体験を描いた『ペルセポリス』は批評家の絶賛を浴び、すでに12ヶ国語に翻訳されて国際的なベストセラーとなっている。「ニューヨークタイムズ」が選ぶ注目すべき本に選出されたほか、優秀な外国語の本のアメリカ版に贈られるハーベイ賞、さらには米国図書館協会のアレックス賞を受賞。2005年にはアングレーム国際バンドデシネフェスティバルにおいて、『Poulet aux prunes(プラムを持つ鶏)』が最優秀アルバム賞を受賞。現在、フランスのパリ在住。

 イランのことも、サトラビ自身のことも分かりやすい漫画で語られた素晴らしい本です。ウィーンで学んだだけのことはある!?


12月30日(日)   「手紙」 (ミハイル・シーシキン著)

  Tegami.jpg
 

 ワロージャは戦地から、サーシャはモスクワから、初めて結ばれた夏の日の思い出、戦場の過酷な日常、愛しているのに分かりあえない家族について綴った。ワロージャの戦死の知らせを受け取った後も、時代も場所も超えて手紙は続く。二人はそれぞれ別の時代を生きている、再び出会う日まで。ロシア・ブッカー賞作家の最新長編。
 サーシャとワロージャのあいだの時間のずれは、ひとことで「現代と1900年」とは言いがたいようだ。

 ワロージャは語る 「崩壊した時の流れが元に戻るのは、二人が再び出会うときだ」と。では、二人はいつ会えるのか。再会を待ち望むサーシャの耳に、どこからかこんな声が届く 「二人が再会できるのは、困難を乗り越え、二人の精神が充分に成長したときだ」と。そう、これは成長物語でもある と、シーシキンは語る。そして、さらに、
 サーシャは長い人生を歩み、つらい体験を乗り越えながら、精神的に大人になっていく。ワロージャは戦場で死と隣り合わせの場所にいて、本当に大切なものは人の温かさだということに気づく 歳の問題ではない、それが彼の成長なんだ。





スポンサーサイト

2012年ベスト

2012年のベストご覧下さい!

 山の写真 ベスト

    Kashima.jpg   Iideeburi.jpg   Naeba.jpg
      7/22 鹿島槍ヶ岳           7/29,30 飯豊杁差                8/9 苗場山

    Kamuro.jpg    Myoukou.jpg
          8/14 神室山                  8/24 妙高山

    Daigenta.jpg   Takatuma.jpg   Jonen.jpg
          8/26 大源太山              9/15 高妻山           9/17 常念岳

  Iwaigame.jpg  Dainiti.jpg  Mikagura.jpg 
        10/14 祝瓶山               10/20 大日岳                 11/4 御神楽岳



 映画 ベスト

    Artist.jpg  Saikyo1  boybic.jpg
       アーティスト         最強の二人          少年と自転車


    Kishawa.jpg  Tuiso.jpg  Bagdadcafe.jpg
     汽車はふたたび故郷へ        追想           バグダッドカフェ   
 
  
    goodharb.jpg  Tokutou.jpg  Sanzasi.jpg
        グッド・ハーブ       人生の特等席      サンザシの樹の下で   



 本 ベスト

    kaikyou3.jpg  hanazono1.jpg  hanazono2.jpg
       三たびの海峡                忘れられた花園

    Ikaufuji1.jpg  Ikaufuji2.jpg  Togani.jpg
                怒る富士                    トガニ

    Maken01.jpg  Maken02.jpg  Kurayami_20120805090739.jpg
               負けんとき                   暗闇の楽器

   Riverton1.jpg  Riverton2.jpg 
              リヴァトン館  

   EmptyCradles.jpg  Toshositu.jpg
      からのゆりかご      図書室からはじまる愛



12月の映画3本

12月4日(火)    『人生の特等席』

  Tokutou.jpg      Tokutou1.jpg


 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱ってきていた。それでも引退する素振りを微塵も見せない彼に、球団フロントは疑問を抱き始める。そんな苦しい立場のガスに救いの手を差し伸べたのは、父との間にわだかまりを感じ続けてきたひとり娘のミッキーだった。ガスはスカウトマンの誇りをかけ、父娘二人で最後のスカウトの旅に出る。

 監督・主演を務めた2008年の「グラン・トリノ」以来の映画出演。「脚本を目を通すまで、自分でも何を探しているか分からないもんだが、今回は読んですぐに『(この役を)演じたい』と思った」と言う。
 今作は、18年前からイーストウッドの監督作で助監督や製作を担当してきた「まな弟子」のロバート・ローレンツに初めて監督を任せた。

 父と娘の人情 心地よく 娘を演じるエイミー・アダムスもいい。


12月9日(日)    「ミッドナイト・イン・パリ」

   MidnightPari.jpg

 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。そんなギルの前にイネズの男友達ポールが出現。心中穏やかでないギルだが、真夜中のパリの町を歩いているうち、1920年代にタイムトリップしてしまう。そこはヘミングウェイ、ピカソ、ダリなど、ギルの憧れの芸術家たちが活躍する時代だった。

 エリオット、前衛映画監督だったブニュエル、さらにパリの自由な芸術に憧れてアメリカからやってきた小説家のヘミングウェイやスコット・フィッツジェラルド、作曲家のコール・ポーターなどいまや「伝説上の」人物がたくさんいた。その出会いに工夫が面白いが、よく理解できていない人物だと楽しめない。

 ウッディ・アレン自身が主人公のギルを演じていたら皮肉が利きすぎていて嫌味な作品になっていたかもしれない。率直な明るさのあるオーウェン・ウィルソンに演じさせているのがいいとどこかで書かれていた。


12月15日(土)    「サンザシの樹の下で」

  Sanzasi.jpg    Sanzasi1.jpg

 1970年代初頭、文革時代の中国。女子高生のジンチュウは農村での住み込み実習に派遣される。その村には抗日戦争を象徴するサンザシの樹があり、革命の教材には格好の題材だった。寄宿先の村長宅では、一家と家族同然の付合いをする青年スンと出会う。あれこれと優しくしてくれるスンに淡い恋心を抱くようになるが、反革命分子として迫害を受ける両親を持つ身では、恋愛に現を抜かしているわけにはいかなかった。
 
 
 原作は中国でベストセラーになった中国系アメリカ人作家エイ・ミーの小説。「初恋のきた道」でチャン・ツィイーを見出した、チャン・イーモウ監督が描く文化大革命に散った はかない恋の物語。実話に基づいて綴られる、大きな時代のうねりの中ではかなく散った純愛の物語は、中国の時代背景などが分かっていないと理解も浅くなるのかな?!






読みたい本! ゾクゾク?

11月24日(土)      「光線」 (村田 喜代子著)

   Kousen.jpg

 作家の村田喜代子さんは、東日本大震災の数日後に子宮体ガンが発覚。摘出手術を避け、鹿児島市で一か月間、強いX線のピンポイント照射を受けて、3か月後にガンは消滅しました。治療中、放射線宿酔でふらつく体で震災関連のニュース、福島原発の推移をテレビで見るうちに、ある不思議な気持ちが芽生えてきた、とおっしゃいます。
「文學界」でこの一年半の間に発表された連作6編のうち、「光線」「海のサイレン」「原子海岸」「ばあば神」の4編は、この村田さんの内なる震災体験から生まれました。原発からもれる放射線と、自分の下腹部にあてられる放射線が混ざり合うのを感じる、という村田さんならではの感覚、個人と社会の災厄が重なるという稀有な体験が、作品の随所で顔をだし、見事に文学に昇華されています。
「こうして6作の異なる短編の顔を見較べると、これも『地』というものの話だった。人間の生きる所は、すべて『地』によっている」(あとがきより)

 本の最後に収められたのは、震災前に書かれた「楽園」。山口県のカルスト台地の地下800メートルに位置する鍾乳洞で行われる〈暗闇体験〉。一人の探検家が文中でこう言ってます。「洞窟に潜ることは、存在とか認識に関わる哲学体験であり、造物主に近づいていく創造的体験である。またその体験をしているとき、自分にとって地上は『楽園』である」。この足の下の場面が永遠に盤石であることを願い、この光あるタイトルの作品をラストにもってきました。


12月5日(水)      「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」 (ジョン・ル・カレ著)

   Ttss.jpg   Uragiri.jpg  映画化作品 「裏切りのサーカス」

 国情報部“サーカス”の中枢に潜むソ連の二重スパイを探せ。引退生活から呼び戻された元情報部員スマイリーは、困難な任務を託された。二重スパイはかつての仇敵、ソ連情報部のカーラが操っているという。スマイリーは膨大な記録を調べ、関係者の証言を集めて核心に迫る。やがて明かされる裏切者の正体は?スマイリーとカーラの宿命の対決を描き、スパイ小説の頂点を極めた三部作の第一弾。著者の序文を付した新訳版。

さりげない会話でかなりの時間を割いても、そこから得られる情報は確かなものとは限らない。登場人物も多く、かなり読み進んでも分からない! 映画を見て確かめたいです。読み応えがあるのですが‥‥


 12月9日(日)      「ピエタ」 (村田 喜代子著)

   Pieta.jpg

 8世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。一枚の楽譜の謎に導かれ、物語の扉が開かれる―聖と俗、生と死、男と女、真実と虚構、絶望と希望、名声と孤独…あらゆる対比がたくみに溶け合った、“調和の霊感”。今最も注目すべき書き手が、史実を基に豊かに紡ぎだした傑作長編。

 ヴィヴァルディに関わった様々な女性たちの暮らしや人生が見えてきます。ヴェネツィアの風景や当時の風俗なとがゆったりと流れるように語られるのが心地良い作品でした。

 1712年、アムステルダムから出版された「調和の霊感」は、ヴィヴァルディが当時勤めていた、ヴェネティアのピエタ養育院の女生徒たちの楽団のために書かれた曲から特に評判の良かったものを12曲まとめたものらしいです。なお、ピエタの少女たちの演奏も抜群で、とても人気があったとのいう。

 
 12月10日(月)      「図書室からはじまる愛」 (パドマ・ヴェンカトラン著)

   Toshositu.jpg

 1941年、インド。お嬢さまとして何不自由なく育ったヴィドヤは、尊敬する父親が重いけがを負ったことで生活が一変、苦しみの日々を送るようになる。しかし、禁じられた図書室にしのび込んだことから、希望を見いだしていく…。2009年全米図書館協会「ヤングアダルトのためのベストブックス」ボストン作家協会賞受賞。

 登場人物は主人公で15歳の少女ヴィドヤと、その兄キッタ、父(アッパー)、母(アッマー)、父方の祖父(ターター)、ともに暮らす大家族のおじやおばたち、そして遠縁の青年ラマン。それぞれの性格も立場もはっきりしていて、原題にある「階段をのぼる」の意味も、明らか。それでいて、決してありきたりでも、軽くもなく、読み手にどこか居住まいを正させるようなところがある。威厳があり、美しくて深い。限られた数の登場人物と素朴なあらすじで物語がくり広げられる舞台は、第二次世界大戦中の南インドはマドラスに暮らすカーストの最高位ブラーフマン一族の家。

 本来ならば禁じられた階段をのぼって図書室に通い、自由、自立への一歩を踏み出そうとします。本を読むこと、知識を得ることで自分を育み、人を愛することのできる、助けることのできる人間になろうとするのです。書物を通して、いつの時代にもどこの地にも、愛や自由や平等を求め苦悩する人びとがいたことを知り、その普遍性に勇気づけられ、ヴィドヤは人生の階段を自力で少しずつのぼりはじめます。(訳者あとがき)





 

懐かしい2作品

11月25日(日)        「ワンダーランド駅で」 

   Wonderland.jpg

 恋人と別れたばかりのエリン(ホープ・デイヴィス)。一人でも平気と強がる娘をよそに、母親が勝手にエリンの名前で恋人募集の広告を出してしまう。その広告を目にしたのが配管工をしながら大学で学ぶアラン(アラン・ゲルファルト)の友人たち。美辞麗句で飾り立てられた広告の女性「エリン」をデートに誘い、ディープキスまで持ちこめば勝ちと盛り上がる。一方アランはウソの広告を載せる女はゴメンだと乘らない。彼は大学のクラスメイトのジュリー(カーラ・ブオーノ)に言い寄られているのだ。彼女の強引なアプローチに戸惑いながらも不器用に応えていくアラン。次第にジュリーに対して安らぎを覚えていくが、ある日大学の先生と彼女が激しくキスをしている所を目撃してしまう。それからアランは親の借金問題や彼女との関係など全てを断ち切ろうと立ち上がる。アランの友人たちの賭けのことなど知らないエリンは、アプローチのあった中の何人かと会うことにした。だが彼らの企みを見破ることとなり、わずかな希望を打ち砕かれる。そこへブラジル人のアンドレ(ホセ・ズーニガ)が彼女の前に現われる。やさしくロマンチストな彼に惹かれたエリンは、ブラジルへ一緒に行こうと誘われ、航空券を手にする。ブラジルへ発つ当日。地下鉄で空港へ向かうエリンはうっかりして降り損ねてしまう。そこで彼女は初めてアランと出会うのだった。

 この作品を借りる際、頭の中ではグイネス・パルトロー主演の「スライディング・ドア」と間違えてました。映画を見て気づきました!? グイネス・パルトロウの若い時にホープ・」デイビスが似ていると感じるのは私だけ?
<電車のドアが閉まった場合と閉まらなかった場合という、ふたつの運命による恋の行方を並行して綴っていくユニークなラヴ・ストーリー>

        ついでにチラシも載せておきます。 Sliding.jpg

 


11月25日(日)        「バグダッド・カフェ」 完全版
 
   Bagdadcafe.jpg


 アメリカ合衆国ラスヴェガス近郊のモハーヴェ砂漠のうらぶれたカフェに集う人々と、そこに現れたドイツ人旅行者ジャスミンの交流を描く作品。やさしい人々がまきおこす、ハートフルな物語。
 日本では1989年にシネマライズで初公開されて大ヒットし、当時のミニシアターブームを代表する一作となる。また、ジェヴェッタ・スティールが歌うテーマ曲「コーリング・ユー」は、アカデミー賞最優秀主題歌賞にノミネートされ、80組を超えるアーティストがカバーするヒット曲となった。

 1987年に製作された映画『バグダッド・カフェ』〔オリジナル版=91分〕。1994年には、オリジナル版よりも長い〔ノーカット版=104分〕が『バグダッド・カフェ〔完全版〕』としてリバイバル上映、新たなファンを呼んでまたまた大ヒットとなりました。そして製作から20年、この名作を後世に残すべく、パーシー・アドロン監督自らが再編集、なんと全てのカットについて色と構図(トリミング)を新たに調整し直し、最高に美しいバージョンの『バグダッド・カフェ 〔ニュー・ディレクターズ・カット版』が誕生しました。2008年のカンヌ国際映画祭で初上映され、2009年12月には日本でも劇場公開。大ヒットとなった東京を皮切りに、現在も日本の各都市での公開が続いています。そしてこの6月、ついにこの 〔ニュー・ディレクターズ・カット版〕がブルーレイ・ディスクでリリース。パーシー・アドロン監督自らが完成させたHDマスターの美しい画質が、ご家庭でも楽しめるようになります。

 オープニングタイトルが"BAGDAD CAFE"ではなく、原題の"OUT OF ROSENHEIM"になっていることも気づかず。心温まる映画を、時に笑いとともに楽しめました。






プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。