スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書も遅れ気味

 5月13日(水)   「剣岳 <点の記>」     新田次郎著(文春文庫)

 日露戦争直後、前人未踏といわれ、また、決して登ってはいけない山と恐れられた北アルプス、
劒岳山頂に三角点埋設の至上命令を受けた測量官、柴崎芳太郎。器材の運搬、悪天候、地元の反感など
様々な困難と闘いながら柴崎の一行は山頂を目ざして進んでゆく。
そして、設立間もない日本山岳会隊の影が。山岳小説の白眉といえる。(文春文庫裏表紙から)

        turugi.jpg

 5月18日(日)  「サルガッソーの広い海」   ジーン・リース著(河出書房新社)

        rhys.jpg

 西インド諸島出身の作家が描くもう一つの「ジェイン・エア」
イギリス紳士と結婚したジャマイカ生まれの女は、なぜ狂ってしまったのか。帝国の辺境に生きた作家が、感傷を排した文体で語り直した「本当の」物語。映画化。
奴隷制廃止後の英領ジャマイカ。土地の黒人たちから「白いゴキブリ」と蔑まれるアントワネットは、イギリスから来た若者と結婚する。しかし、異なる文化に心を引き裂かれ、やがて精神の安定を失っていく。植民地に生きる人間の生の葛藤を浮き彫りにした愛と狂気の物語(『サルガッソーの広い海』)。

 二つのこと(太字)が気になって読んでみたくなった。「アルトォーロの島」(E・モランテ)ともだぶったり、何とも不思議な小説であった。

 6月13日(土)   「槍ヶ岳開山」  新田次郎著(文春文庫)

       yari.jpg


 百姓一揆にまきこまれ、過って妻のおはまを刺殺した岩松は、国を捨てて出家した。
罪の償いに厳しい修行をみずから求めた彼を絶え間なく襲うのは、おはまへの未練と煩悩であった。
妻殺しの呵責に苦しみつつ、未踏の岩峰・槍ヶ岳初登攀に成功した修行僧播隆の苛烈な生きざまを、
雄渾に描く長編伝記小説。。(文春文庫裏表紙から)

 新田次郎の本は昔たくさん読みましたが、その魅力を再確認することができました。

この記事へのコメント

近況など - やまさん - 2009年06月07日 18:25:49

 「バベットの晩餐会」は映画も良かったし、その後読んだ原作も補って余りある内容でした。
劇場ではなくビデオで見ました。本は私もちくま文庫でした。

 今日「スラムドッグ$ミリオネア」を観てきました。見たい映画は、
「天使と悪魔」「剣岳」「愛を読むひと」
 最近は土日もゆっくりできません。

こんばんは。 - 瞳 - 2009年06月01日 22:01:00

やまさん、5月はいろいろ山へも行かれたのでしょうね!
またお写真、楽しみにしていますね。

今日は「バベットの晩餐会」のお話に伺いました。
地味映画にお勧めしようと思ったのですが、やまさん、ご覧になられてますよね(HPで感想を拝見しました)

1987年のアカデミー賞外国映画賞を受賞しているので、みなさんもご覧になっているかなあ・・って思ったのですが、デンマーク映画ということで知られていない部分もあるかなあ・・って思うし、何より、とっても素直に感動したので、みなさんにお薦めしようと思って♪

神や宗教のお話が登場しながらも決して押しつけがましくなく・・・ひとのために何かをするということの素晴らしさや、人生の美しさを感じさせてくれましたね~。
バベットの作るお料理、圧巻でしたよね。

今日ちくまから出ている原作も見つけたので、読んでみようと思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。