スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バベットの晩餐会とハンドフル・オブ・ダスト

「バベットの晩餐会」のちらし

2枚のちらしの濃さが違ってましたが、裏がまったく異なる!

       babette1a.jpg     babette1b.jpg

       babette2a.jpg    babette2b.jpg

バベットの晩餐会 (観たときの感想)

新聞記事です! <やがて奇跡が訪れて読む人を幸せにする>  柴田翔(作家)が書いてました。    画像でどうぞ!     (2008年2月3日 朝日新聞)
 
          babetee.jpg


「ハンドフル・オブ・ダスト」のこと

画像を紹介します。そして<イーヴリン・ウォーとチャールズ・スタリッジ>と題した大森さわこの記事です。これらの画像は「イギリスの貴公子たち Part Ⅱ」からです。

     ハンドフル・オブ・ダスト  (観たときの感想)

     HofD5.jpg     HofD2.jpg

      HofD3.jpg     HofD4.jpg      HofD1.jpg


     w01.jpg      w02.jpg     w03.jpg

  
 原作本を借りてきました。そして読み始めました! (6月13日)

           handful.jpg



    

この記事へのコメント

再び観ました! - やまさん - 2009年07月14日 00:01:38

<天使の味を召し上がれ>
食事を恋愛にかえることのできる映画です。


 海ガメのスープ、ロシア産キャビアのドミドフ風、ウズラのパイケース詰めソースペリグルディーヌ、サラダ、チーズ、ラム酒入りババ
<晩餐会のメニュー>

 フィリパとマチネが恋をしていた時の若い二人のチラシが気にいってます。バックに食材が、そして」更に奥は田舎の住まいと夜空が描かれてます。
同じような姿なのですが、髪型が異なるように、コートの下の黒い服の襟の刺繡とボタンの違いを見つけました?!

本のこと - やまさん - 2009年06月21日 21:45:45

<美しい世界に生まれ、醜悪のただなかに死ぬ。>
「一握の塵」(=「ハンドフル・オブ・ダスト」の原作)の表紙に書かれていた。
アメリカの雑誌連載時の「もうひとつの結末」はハッピーエンドなのですが、本篇の痛烈な印象はぬぐいきれない。

「バベットの晩餐会」は映画も原作も味わって欲しい作品です。
ラストの奇跡の時を迎えるバベットの姿が圧巻です。

映画「愛を読むひと」、私も気になってます。「朗読者」は数年前に読んでます。

>アゴタ・クリストフ「悪童日記」です。 双子の少年の物語・・
読んだ感想が楽しみです。 
「悪童日記」「ふたりの証拠」そして「第三の嘘」の三部作!


ハンドフル・オブ・ダスト - カポ - 2009年06月18日 16:05:05

やまさん、こんにちは。
上のエントリーで こごみをプランターごと購入されたと読みましたが 順調に育っていますか?
今はプランターでも野菜が簡単に育てられるので便利ですよね。
こごみは天ぷらやお浸しが美味しいのかな? いいですね~。

ところで瞳さんのお薦めの映画「バベットの晩餐会」を やまさんは既にご覧になっていたんですね。
私もどうしても観たくて 先日オークションでVHSを落札しました。
鑑賞が楽しみです。
そして「ハンドフル・オブ・ダスト」は知らない作品でした。
こちらの作品も是非観てみたいです。

今は「朗読者」を読み終えて 映画「愛を読むひと」の公開が待ち遠しいです。(明日からです)
そして、今読み始めたのは amazonからお薦めされた(笑)アゴタ・クリストフ「悪童日記」です。 双子の少年の物語・・、我が家にも双子がいるので興味津々です。

図書館から借りれます! - やまさん - 2009年06月08日 21:21:54

書名 : 一握の塵
著者名1 : イーヴリン・ウォー/著
著者名2 : 奥山 康治/監訳
出版者 : 彩流社
出版年 : 1996.10
ページ数 : 358p
大きさ : 20cm
内容紹介 : 社交界のスノビズムを嫌悪し、片田舎の城館に若くして隠棲するトニィ。
平穏な日々をおくる彼はしかし、美しい妻の心が次第に自分から離れて行くのを知らなかった…。
名文家ウォーの最高傑作を、清新な翻訳でおくる。
原書名 : 原タイトル:A handful of dust

 県内の図書館にありました。相互貸出制度を利用して読んでみます! 何とも切ない幕切れなんですが・・・

 瞳さんも図書館を利用したら如何でしょう。

ありがとうございます - 瞳 - 2009年06月08日 20:42:02

やまさん、こんばんは。
「バベットの晩餐会」のチラシやウォーの記事、ご紹介ありがとうございます。
どちらも興味深く読ませていただきました。
チラシの裏面が違うなんて面白いですよね。
あのお料理のシーンは、本当に圧巻でしたよね。ワインやシャンパンを飲んで驚く将軍の表情が今も思い出されます。

「ハンドフル・オブ・ラスト」なるほど~!!キャストを見たらやはり「モーリス」を思い出してしまいますが・・、似て非なる・・!!

う~ん、この作品見てみたい・・。でも結構打ちのめされそうかしら(笑)
レンタル・無いかなあ。

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。