スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月に見た映画4本

7月7日(火)    「画家と庭師とカンパーニュ」

   kanpanyu.jpg

 老境にさしかかったかつての幼なじみ同士が、人生の終局に真の友情を育む人間ドラマ。『クリクリのいた夏』のジャン・ベッケル監督が、アーティストでもあるアンリ・クエコの小説を基に映画化した。キャンバスこと孤高の画家を『ぼくの大切なともだち』のダニエル・オートゥイユがふんし、ジャルダンこと病に侵される庭師を『サン・ジャックへの道』のジャン=ピエール・ダルッサンが、いぶし銀の魅力たっぷりに演じる。フランスの田舎町の穏やかな日だまりと、緑豊かな自然も素晴らしい。

 孤高の画家が、庭師の影響で次第に本来の姿に変わっていく様子が、自然を通して描かれる。庭師は残念にも亡くなりますが、ラストの画家が描いた作品は<自然のそのもの>。「クリクリのいた夏」を思い出しました。
   
7月13日(月)   「バベットの晩餐会」

 私のサイトに訪れてくれる何人かが観たという。いろいろ資料を読み返しても細部が思い出せない。そんなことでもう一度観たくなった。レンタル店で探すも(前に借りた店)見つからず、店員にあることを確認し持ってきてもらいました。
 姉妹の若いときの様子は新鮮でした。その関連での晩餐会の招待した一人に納得。ラストにかけて見応えありましたし、感動しました。

7月21日(火)   「ジェニーの肖像」 

      jennie.jpg    jennie2.jpg

 ロバート・ネイサンの名作幻想小説を、「旅愁」などで知られるウィリアム・ディターレ監督が見事に映画化した不思議なラブストーリー。
 幻想小説を見事に映画化している。逢うたびに歳を重ねていくジェニーに戸惑いながら、売れない画家が最高の作品を描くことになる。ジョセフ・コットンも良いが、段々と綺麗になっていくジェニーを演じたジェニファー・ジョーンズも良い。画面はモノクロで、少女が公園から去る場面も幻想的である。別のタイトルで近年映画化されましたが、そちらはどうなのでしょう?!

7月25日(土)   「夜はやさしく」 

 若き優秀な精神科医ディックは、富豪の美しい娘ニコルと出会う。医師と患者という垣根を越えて、恋に落ち、結婚した二人。富も名声も持ち、人を惹きつけて止まない夫婦は、多くの友人から敬われ慕われていた。二人の子に恵まれ結婚生活も順調に思われたリヴィエラでの夏、若き女優ローズマリーが現れディックに激しい恋をしたことから、彼らの運命が大きく揺さぶられ始める――。自伝的色彩を強く放つ、著者最大の長篇傑作。 (フィッツジェラルドの原作「夜はやさし」から)

     tender1.jpg     tender3.jpg
 
 これは、劇場未公開作品でビデオ発売(1985年)されたものです。2本で312分。原作も2種類あるそうで、改訂版がもとに時間軸通りに物語が進んでいく。(今、原作を読んでるのですがそれはオリジナル版で映画とは順序が異なります)
  ディック役のピータ・ストラウス、その妻ニコル役のメアリー・スティーンバージョンが良い感じ。後者はこの映画で賞をとったみたいです。ローズマリー役のショーン・ヤングもきれい。
  映画では、二人の子に恵まれのシーンはなかった。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。