スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の原作本

8月13日(木)   「きみと選ぶ道」   (ニコラス・スパークス著 エクスナレッジ)

         choice.jpg

 アメリカ南部の小さな町に住むトラヴィスは、裕福ではないが堅実な仕事を持ち、ガールフレンドにも不自由せず、親友に囲まれてスポーツや休日を楽しむ毎日。だが、友人はみな結婚して子どもができたのに、彼の恋はいつも夏の花火のように終わってしまう。32歳になり、自分に何か問題があるのではないかと考えはじめていたとき、隣の家にギャビーが引っ越してくる。

 ギャビーは26歳。自立をめざし町の小児科に勤めはじめた彼女は、結婚を前提としたボーイフレンドの近くで暮らすのと、犬を飼うという夢を叶えたところだ。だが、都会育ちで野心的なボーイフレンドは「結婚」という言葉を避けているようでもある。そんなとき、彼女はトラヴィスの人生観を知って新鮮な驚きをおぼえる。このまま結婚して本当に幸せになれるのだろうかと、ギャビーの心は揺れ始め、彼女は人生の分かれ道に直面することとなる。

 時は変わり、11年後の現在、二児を授かり、幸せな家庭を営むトラヴィスとギャビー。そんな二人の前に、あまりに残酷な運命が立ちはだかる。それは突然のことだった。二人の関係が一変した出来事の前に、「真実の愛のために人はどこまでできるのか」と何度も自問するトラヴィス。選択肢は白か黒か、二つしかない。トラヴィスには人生でもっとも重い、究極の選択が求められていた......。

 第一部(全体の3分の2)は音楽でいうと長調。それに対して第二部(11年後の現在)は短調。あんなにハッピーな二人に何が起こるのか気になって一気に読み進んだ! それにしても人生の運命を賭けた選択は重い決断とともやってくる。


8月22日(土)   「路上のソリスト」    (スティーヴ。ロペス著 祥伝社)                 <失われた夢、壊れた心、天才路上音楽家と私との日々>

          soloist.jpg

 コラムのネタを探していた『ロサンゼルス・タイムス』記者である著者、スティーヴ・ロペスは、ふとしたきっかけで、路上でひとり、演奏していたホームレスの音楽家と出会う。ウォルト・ディズニー・コンサート・ホールで演奏することを夢見るそのホームレスに興味を持ったロペスは、取材を重ねるうちに、ナサニエルという彼の名前と、彼がかつて音楽の名門校・ジュリアード音楽院に通っていたことを知った。ナサニエルは、統合失調症に罹り、ジュリアード音楽院をドロップアウトしていたのだ。ナサニエルに接するうちに、何とかして彼の病気を治せないものかと悩み、さまざまな関係者に相談するロペス。同時に、数十年前の州の政策の弊害により、精神病棟がクローズされ、患者らが街に放置されていることもわかった。彼の病気は治らない。普段は天使のようなナサニエルは、突然悪魔に変貌する。振り回されるロペス。常に自問自答する。「自分がやっていることは、果たして本当にナサニエルのためになっているのだろうか?」コラムニストと、ホームレスの音楽家。彼らの互いの人生を変えることになった出会いと友情、それは決して終わることのない、まったく先の見えない戦いでもあった…。

 本書発行後のコラムで「この作品を、我々二人の友情に捧げたい。また、彼のような何千もの人々の、人間性を回復し、精神疾患への偏見を少しでも減らすことに貢献できればという意図もあった」と書いてます。
       その男は、弦が2本しかないバイオリンで美しい音楽を奏でた。
       その男が望んだのは「あと2本の弦だけ」

 新聞記事に<端正に語る「救い」の意味>と題して映画の紹介を読んだ(5/30 朝日)。監督は「つぐない」で高い評価を得たジョー・ライト。映画が見たくなったが・・・。その後、<芸術が愛する魂が宿る場所とは>と題して同タイトルの本が紹介されていた。本が先になりました。ノンフィクションならではの奥の深さと感動がある。この先どうなるか分らないが、いい方向へ行くことを強くい望む。

 スティーヴ・ロペスのホームページで、ナサニエルの動画を見たりや演奏が聴けます。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。