スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びの飯豊は本山と大日岳

8月25日(火)、26日(水)   飯豊山    (川入~本山~大日岳)

 <福島、山形、新潟三県にまたがる広大な飯豊連峰。そのなかで飯豊本山は標高こそ大日岳に譲るものの一党三角点も置かれ、名実ともに飯豊連峰の盟主である>とある山の本に書かれていた。
そして、<この山への登山は最低でも一泊以上の装備とそれを持ち上げる体力が必要になるが、その労力に充分にこたえてくれる山である>とも。

   5時に家を出て122Km、登山口である<川入キャンプ場>に着く(7時40分)。今日はコースタイム約10時間の<御西小屋>を目指します。<本山小屋>に何時に着くかで判断することにした。
<御沢登山口>から本格的な登りが始まる。<長坂>と呼ばれ、つらく長い登りです。<地蔵山>(実際には水場のある近道を行く)近くになると緩やかになる(10時26分)。<剣ヶ峰>周辺では岩場が続き、鎖場もある。

      iide901.jpg     iide902.jpg
           登山口             巻き道沿いの水場

            iide903.jpg      iide905.jpg
               剣ヶ峰の岩場             三国小屋

 <種蒔山>を過ぎ(12時28分)、<切合小屋>で休んで周りの人と話す(12時44分)。<草履塚>の標識には、実際に「草履」が括られていた(13時28分)。ここから<本山小屋>までが、<御秘所>なる鎖場や登りの連続やらでかなり疲れました(14時35分)。

    iide906.jpg     iide910.jpg    iide912.jpg
       草履塚            後方が本山          草履塚より    

      iide913.jpg     iide914.jpg
           姥地蔵               御秘所

 飯豊本山に14時49分に到着。本山小屋で追いついた高校生3人組も、御西小屋で泊まると変更したようだ。山頂で互いに写真を撮り合い一足先に出発した。大日岳が近づいてくると、最後の元気が出たようだ。16時10分、何とか<御西小屋>に到着。
 
    iide916.jpg     iide915.jpg     iide917.jpg
      本山より大日方面      本山よりダイグラ尾根

      iide907.jpg    iide919.jpg
       御西小屋      

 翌26日は、朝5時20分に大日岳に向かう(6時10分着)。しばらく雲が晴れるのを待つが風も強く我慢できずに下山する。小屋に着いたのは7時5分。かなり下まで降りて水を補給して出発(7時30分)。途中はかなり飛ばした。キャンプ場(14時5分)、そして<いいでの湯>でのんびりしてから家路に着く。最後に大日岳山頂付近と花の写真を2枚ほど載せておきます。

         iide920.jpg       iide921.jpg

         iide924.jpg      iide925.jpg



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。