スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンルの異なる本2冊

9月10日(木)   「天使の記憶」  (ナンシー・ヒューストン著 新潮社)
  
     kioku.jpg

 天才若手フルート奏者がミステリアスなメイドと恋に落ち結婚。息子の誕生後もなお心閉ざす妻は夫の知人の楽器職人と秘められた関係に…。ショッキングで痛切な恋愛小説!フランス『エル』誌読者大賞受賞。カナダ・ケベック図書賞受賞。
 
 ストーリーは典型的な三角関係。しかし読み手には、単なる三角関係以上の「物語」をこの小説のなかに見つけるだろう。それは、登場人物たちが運命的に抱えている、民族や国家の「歴史」という大きな物語なのである。そのなかにあっては、恋愛は常に第一義ではない。彼らは「大きな物語」から逃れ、自由気ままに恋愛することはできないのである。 もし、この悲劇に多少の救いを見つけるとしたら、それは、この物語の語り手の存在だろう。なぜならその存在こそは、天使であろうから。(文月達)
 最初は単なる三角関係の恋愛小説のようだったが・・・。ラファエルは、フランス人のブルジョワ芸術家。サフィーの母親はロシア兵に陵辱され自殺に追いやられた。父親はユダヤ人女性に人体実験を行ったナチのシンパだった。ユダヤ系ハンガリー人のアンドラーシュは、アルジェリア独立運動の活動家である。

 アンドラーシュはサフィーに多大な影響を及ぼす。トラウマから救われる術、ドイツやフランスの戦争の歴史・・・。そして明るくなってもいく。

 「戦争は終ったわ」彼女はうつろな声で言う。
 「戦争は終わっていない!」アンドラーシュは大声で言う。「1940年から1844年まで、フランスはドイツにボロくそにやられた。それを恥ずかしく思ったフランスは、46年にインドシナで戦争を始めたが、54年に負けた。ベトナムの奴らにボロくそにやられたフランスは、それを恥ずかしく思って、三ヶ月後にはアルジェリで戦争を始めた。これを知らないのか?」(p131)

 サフィーは。精神分析療法を十年間受け続けたかのように、子供時代の重圧からすっかり解放される。若返り、身も心も軽く、気持ちがやさしくなった彼女は、周囲にたいしても注意深いまなざしを向けるようになる。サフィーを取り巻く現実の世界がようやく彼女のなかに入り込んできた。彼女は、十分の目で、耳で、鼻で、それ以上にアンドラーシュのことばで、現実を感じる。(p225)

 これで物語の幕は下りるのだろうか?
 まさか!終わることなど決してない。
 しっかりと目を開いて見るがいい。あなたの周囲のあらゆるところで、物語は続いているのだから。(p271)

 謎めいた痛ましい物語は、衝撃的な結末と共に、読む者の心を揺さぶる。この作品の後に発表された「時のかさなり」もお薦めです!
 
9月11日(金)  「数の国のルイス・キャロル」 
 (ロビン・ウィルソン著 ソフトバンククリエイティブ)

     suunokuni.jpg

 『不思議な国のアリス』の作者ルイス・キャロル(本名チャールズ・ドジソン)は、小説家としてだけではなく、数学者、写真家としても著名な人物でした。写真家としては、子どもたちの写真が有名で、単なる記録ではなく、芸術作品として高い評価を受けています。数学者としては、オクスフォード大学のクライスト・チャーチで数学の講師を26年間にわたって務めました。

 本書は、数学者としてのキャロルに焦点を当て、彼がどんな数学者で、どんな仕事をしてきたのかを明らかにします。そして彼にとって一番身近な存在であった子どもたちとともに楽しんだ、言葉遊び、論理ゲーム、暗号、パラドックス、パズルを紹介します。こうした子どもたちとの交流の中から、『アリス』が生まれます。著者は、名著『四色問題』のロビン・ウィルソン。明快でユーモアあふれる文章で、ルイス・キャロルの生涯を温かく綴っています。
貴重な写真と図版も多数収録されています。『アリス』ファンは言うまでもなく、面白い科学読み物を求めている読者にとって最良の一冊です。

 ドジソンがお話やパズルで授業に味付けをしたそうで、数の関しての話を2つ紹介します。

<数の和を当てる>
 適当な4桁の数をこどもに書いてもらいます。たとえば2879だとしましょう。そのとき、私は別の数を紙に書いて隠します。(例の数に対しては、22877にします)
 それから、こどもと私とで交代で4つの4桁の数を書きます。たとえば、こどもが4685に対し私が5314、こどもが7062に対し私が最後に2937と。
さて、ここで5つの数を足してみてください!(赤の3つと青の2つ) 答えは何と私が最初に書いて隠した数になります。なぜ、そうなるのか?

<’9’のトリック>
 適当な4桁の数を選んでください。次に、その数の数字の前後を逆にした数を作ってください。そして、二つの数の大きい数から小さい数を引いてください。その引き算の答えから、0以外の桁を一つ選び、それを削除してください。残った桁の和を私に言ってください。
 たとえば、あなたが6173を選んだとします。逆に並べると3716で、6173から3716を引くと2457です。この4つの数字から、5を削除したとすると、残った桁の和は2+4+7=13です。13と言った途端に私は、あなたが削除した数字は5です、と言えるのですが理由は分かりますか?

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。