スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖灰の暗号

12月30日(火)   「聖灰の暗号」

   seihai1     seihai2

  歴史学者・須貝彰は、南仏の図書館で世紀の発見をした。異端としてカトリックに憎悪され、十字軍の総攻撃を受けたカタリ派についての古文書を探りあてたのだ。運命的に出会った精神科医クリスチーヌ・サンドルとともに、須貝は、後世に密かに伝えられた“人間の大罪”を追い始める。構想三十年、時代に翻弄された市井の男女を描き続ける作家が全身全霊をこめた、歴史ミステリ。(上巻)

 長き眠りから覚めた古文書は、須貝たちの胸を揺さぶった。神を仰ぎ慎ましく暮らしてきた人びとがなぜ、聖職者により、残酷な火刑に処されなければならなかったのか。そして、恋人たちの目前で連続する奇怪な殺人事件。次々と暗号を解いてきた須貝とクリスチーヌの行く手には、闇が顎を開けていた。遙かな過去、遠きヨーロッパの地から、いま日本人に問いかける、人間という名の難問。(下巻)

 フランス人友と、聖灰の地を訪れて30年、この作品であなたは、宗教の救いとともに、悪と毒をも理解するはずです。(帚木蓬生)

 鳥が飛び兎が跳ねる。それなのに私は悲しい。
 生きた人が焼かれるのを見たからだ。    焼かれる人の祈りを聞いたからだ。
 煙として立ち昇る人の匂いをかいだからだ。 灰の上をかすめる風の温もりを感じたからだ。
(本文より)

 100頁に及ぶレイモン・マルティの手稿が説得力がある。異端として虐げられた者たちの声を、圧殺された側の人間たちの姿を見事に映し出している。マルティ自身は、ドミニコ会修道士であり、いわば弾圧した側の人間。しかも彼の両親がともにカタリ派であり、尋問の末に火炙りの刑に処されていたことにも驚く。若き歴史学者の主人公と運命的な出会いをする精神科医クリスチーヌ・サンドル、ピレネー山中で偶然出会ったナイフ作りのエリックとその妻エリーズなど個性的な人物も登場する。十字軍に関する本も気になる。今年、塩野七生の「十字軍」が出版される!
   
 「記録を残さなかった男の歴史-ある木靴職人の世界 1798-1876」(アラン・コルバン著 藤原書店)、
 「異端カタリ派」(フェルナン・ニール著 文庫クセジュ)なども読んでみたくなる。

 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。