スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年の本と映画

2009年 印象的だった本

1000kai_b1.jpg1000kai_b.jpgsennotaiyo.jpg 

               
         



 
kaboul.jpgteroru.jpgsoloist.jpg        






ヤスミナ・カドラ著          スティーヴ・ロペス著
  
turugi.jpgyari.jpg kasanari.jpgkioku.jpg
         






 新田次郎著                    ナンシー・ヒューストン著
 
sisterskeeper1.jpgsisterskeeper2.jpgituwari.jpgvanishing.jpg







 19jou.jpg 19ge.jpg 





 以上   ジョディ・ピコー著


2009年 印象的だった映画

1000kai_m.jpgaifukei.jpgchange.jpggtorino.jpg








 turugimv.jpgreading.jpgkanpanyu.jpgthevisitor.jpg







 natujikan2.jpgsolist4.jpgwatasino.jpgmizuumi.jpg







この記事へのコメント

本のこと - やまさん - 2010年01月15日 22:02:15

 「わたしを離さないで」は、カズオ・イシグロの作品でしたね。
「私の中のあなた」は、ラストでこのタイトルの意味に納得し、驚きました。ジョディ・ピコーの作品はいずれも、話の展開や、登場人物の様子が手に取るように伝わってきます。

 昨年末から数学や生物学など小説以外の本も読んでます。
「死とは何か」(池田晶子)、「生物と無生物のあいだ」「できそこないの男たち」(以上、福岡伸一)、「若き友人たちへ」{筑紫哲也)、「森の生活」(H.D.ソロー)、「人間はどこまで動物か」「春の数えかた」(以上、日高敏隆)
 小説は「ヘヴン」(川上未映子)と「マグダレンの祈り」(ジューン・ゴールディング)
 以上の作品は感想は書かない予定です!?

いい作品に接したい - やまさん - 2010年01月15日 21:42:16

 ジョディ・ピコーの世界に浸った感じでした。サスペンスもどきの後半の展開は意外な展開も含めて、一気に読み進みます。
いずれも<衝撃的な作品>でした。

 アゴタ・クリストフの3部作感想をまとめたいのですが・・・。「昨日」も読んだ方がいいのかな?
「第三の嘘」で完結?! 作者自らが21歳で望まずして難民になった人。50年後に祖国に戻ったクラウス(=作者自身)は、その月日をリュカを通して探ろうとする。複雑な思いが伝わってくる。

 いい映画と本に巡り合いたいです。春になったら自然の花を求めて行動もしたい。冬場はトレーニングをして体力の維持に頑張ります。
今年もよろしくお願いします!
 

よろしくお願いします - ポルカ - 2010年01月13日 17:20:24

やまさん、こんにちは~。
遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
印象的だった映画の中に、イーストウッド監督作が2作とも入っていましたね、私もとても心に残る映画でした。
「湖のほとりで」アンナが貫いた信念や愛を知った時、彼女の思いに感動するとともに、とても切なくなりました。いい映画でしたね。
「私の中のあなた」はまだ観ていないのですが、「わたしを離さないで」という小説を読みました。
この小説でも臓器移植が関係していて、胸が苦しくなるような作品でした。
「カラマーゾフの兄弟」を読み始めました。帯のところに東大生に薦める本とありましたが、理解できるかな(笑)
どのくらいかかるかわかりませんが、挑戦してみます^^
今年も色々なお話ができることを楽しみにしています♪

今年もよろしくお願いします - 瞳 - 2010年01月12日 08:11:18

やまさん、(今頃ですが 笑)新年あけましておめでとうございます~。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。

やまさんの2009年映画と本、見せていただきました。
ピコーの作品がたくさん入ってますね!!「19分間」のレビューを読ませていただいて、とても気になっています。
今年はお正月早々にクリストフの「悪童日記」を読んで唖然~、衝撃をうけているところです。やまさんも、読まれているんですね。
感想伺いたいです~。

映画も、いい作品が並んでる~♪
「扉をたたく人」はまだ見れてないのですが、昨日「湖のほとりで」を見ました。
ミステリアスな展開の中に、じっくりと人間ドラマを魅せる・・、心に沁みる作品でしたね。
静まり返った湖に広がる波紋のように・・人々の心の中のさまざまな思いが伝わってくる・・。
去年見ていたら、間違いなくベストに入る作品でした。

また今年も映画や、本のお話がたくさんできることを楽しみにしています。

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。