スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディア・ハンター

4月28日(水)       「ディア・ハンター」

hunter.jpgdeerhunter.jpgヴェトナム戦争のさなか、ペンシルバニア州のロシア系アメリカ人のマイケル、ニック、スティーヴンの3人が徴兵され、戦場で地獄の体験をする。やがて帰還したマイケルは、行方不明となったニックを探しに、再びヴェトナムへ赴く…。ヴェトナム戦争がアメリカ人に狂気をもたらし、青春や友情、そして愛までも変えていくさまをリアルに描いたマイケル・チミノ監督の問題作。

この映画を見るきっかけは、スタンリー・マイヤーズ作曲の<カヴァティーナ(意味は楽器で演奏いする歌)の美しいテーマ曲が、どのように使われているか知りたかったし、アカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞、音楽賞、編集賞に輝いた作品でもあったから。ジョン・ウィリアムズのギター演奏。叙情的な曲となっている。ベトナムに行く3人の壮行会が行われた翌日、鹿狩りに出かるシーンに初めて流れました。ロシア系のせいか、結婚式と披露宴では「コロブチカ」や「カチューシャ」が流れてました。副テーマソングとして、フランキー・ヴァリ(Frankie Valli)が歌う「Can't Take My Eyes Off You」(君の瞳に恋してる)も印象的でした。見応えのある映画でしたが、ベトコンを一方的に残酷的に描き、アメリカ軍による現地住民に対する虐殺行為や、枯葉剤の散布といった非人道的行為の描写が極めて少ないことを「ベトナム戦争の正当化」「差別的なアジア人描写」と捉える見かたも多く、歴代のアカデミー賞受賞作品の中では観るものにより好みが大きく分かれている作品の1つでもある。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。