スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かけこみ4作

12月25日(土)       「セラフィーヌの庭」

  serafine.jpg

 切ないほどに無垢な心と、危ういほどに激しく “描くことが生きること”であった女性画家と、そんな彼女を支えた続けた画商との心の交流を描いた感動作。セザール賞主要7部門独占受賞をはじめ、2009年度ロサンゼルス批評家協会賞主演女優賞、2010年度全米批評家映画協会主演女優賞など、世界各国の映画祭で多数受賞し、フランス本国では大ヒットを記録した。主演は、『アメリ』『パリ、ジュテーム』などで知られる、フランスきっての実力派女優ヨランド・モロー。(作品資料より)
 11912年、フランス・パリ郊外のサンリス。貧しく孤独な女性セラフィーヌの日々を支えていたのは、草木との対話や歌うこと、そしてなによりも絵を描くことだった。ある日、彼女はアンリ・ルソーを発見し、ピカソをいち早く評価したドイツ人画商ヴィルヘルム・ウーデに見出され、その後、彼の援助のもと、個展を開くことを夢見るようになる。そんな中、第一次世界大戦が起こり……。

 小さな映画館で上映されていた。家政婦の仕事などで生計を立てながら、独特の絵を描いていたセラフィーヌ・ルイに興味を持って観た作品。レンタル店で見つけて驚く。自然を愛し、植物から色を創り出し、指をなぞりつけて描く姿に圧倒される。作品の一部を載せておきます。

 serae1.jpg serae2.jpg serae3.jpg serae4.jpg



12月27日(月)       「運命のボタン」

  button.jpg

 自宅に届けられたたった1つのボタンから始まる驚愕のサスペンス。押すと100万ドルという大金を手にするが誰かが死んでしまうというボタンを渡され、究極の選択を迫られた夫妻たどる運命を描いていく。原作は「アイ・アム・レジェンド」などで知られるリチャード・マシスンの短編で、かつてドラマ「新トワイライト・ゾーン」で映像化されている。そんな作品の長編化に挑んだのは『トニー・ダーゴ』の鬼才リチャード・ケリー。今回も難解かつミステリアスな展開で観客を驚かせる。ノーマを演じたキャメロン・ディアスはラブコメ作品とは異なる演技で新たな魅力を披露。謎の男スチュワードを演じたフランク・ランジェラも存在感を見せている。
 あの短い原作がどう映画化されたのか気になってみたら・・・。全く違う作品と思える! ラストも異なる? 映画のラストは更なる展開も用意されていた(息子が盲目になって‥‥)。映画を見てから原作を読むとがっかりするかもしれません! 私は原作の方がいい。
 

12月28日(火)       「軽蔑」

 keibetu.jpg  keibetu2.jpg
 
 彼女が去ることは破滅を意味する。それが現実になってしまった・・ある日、劇作家のポール(ミシェル・ピッコリ)は、アメリカの映画プロデューサー、プロコシュ(ジャック・パランス)に、フリッツ・ラング(本人)監督の新作「オデュッセイア」の脚本を修正するよう依頼される。打ち合わせの後、ポールは妻カミーユ(ブリジット・バルドー)と共にプロコシュの家に招待され、彼女を気に入った様子のプロコシュの車に彼女だけ同乗させて先に行かせてしまう。その瞬間から、ポールに対するカミーユの態度が一変。ポールの愛は、彼女に拒絶されてしまう。怒りの原因もわからぬままポールは何とかカミーユの愛をつなぎとめようとするが・・。 鬼才ジャン=リュック・ゴダールが描く愛の終焉!ブリジット・バルドー主演で贈る傑作ラブストーリー。

 原色を基調とした鮮烈な映像美、詩的なセリフ、そして何よりブリジット・バルドーの神秘的な美しさが観る者を圧倒する。アルベルト・モラヴィアの原作を読んだので探してみた。エミリア役のバルドー笑うことのない演技は、理由をはっきりさせない話の展開とともに謎である。モラヴィアの実人生を知ると面白さが増す!

  
12月30日(木)       「コッポラの胡蝶の夢」

  kochou.jpg

 ミルチャ・エリアーデ作の「マイトレイ」を読んでから気になっていた作品。作家というより宗教学者であったエリアーデの「若さなき若さ」の映画化。荘子の思想を表す”胡蝶の夢”に興味を持つ。原作の「エリアーデ幻想小説全集」も気になる。。「若さなき若さ」はトワイライトゾーンのような話だとコッポラは言う。教授である老人が若返り、長年の夢であった「言語の起源の研究」を続ける時間を手にする物語は、ビジネスマンとして成功したがクリエイティブな面でやり残したことがあるというコッポラ自身の欲求を投影しているようだ。

 1930年代のルーマニアを舞台に、突然の落雷によって若さを手にしてしまった言語学者の老人の奇妙な物語を描く。ティム・ロス、ブルーノ・ガンツら重厚な俳優陣と、陰影に富んだ映像、そして先の読めない摩訶不思議な物語に魅了される一作だ。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。