スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連ない4作品

1月20日(木)     「蒼穹のかなたへ」   (ロバート・ゴダード著)

  soukyu1.jpg   soukyu2.jpg

英国が生んだ‘稀代の語り部’、ロバート・ゴダードの長編第4作。デビュー作「千尋の闇」で早々とベストセラー作家の仲間入りをして、第2作「リオノーラの肖像」を当時のメージャー英首相が愛読していると報じられ、話題を呼んだ。 本書も高い評価を受け、日本でも’97年、「このミステリーがすごい!」海外編第6位にランクインしている。「リオノーラの肖像」の文庫本を古本屋で見つけた(数年前に図書館から借りて読んだ)。同じ作家の本があったので読んでみることにした。

 失意のうちにギリシアで酒浸りの日々を過ごす中年男ハリーの前に現れた美女は山で失踪。"善意の恐ろしさ"を活写する待望の作品。この作品の続編である「日輪の果て」も何年か前に読んでました。面白い展開に驚きました。デビュー作に全てがあるという「千尋の闇」も気になる。


1月26日(水)     「ジェシー・ジェームズの暗殺」   (ロン・ハンセン著)

  james.jpg

 1881年、全米にその名をはせたジェシー・ジェームズ一味が西部で列車を襲った。ギャングの中にはジェシーをあこがれの眼差しで追う新米強盗ボブがいた。弱冠19歳。ジェシーは自身にかけられた高額の賞金によって彼を売ろうとした仲間を執拗に追い始末する。その激情と凶暴性はボブを追い詰め、また日ごとに膨れあがる歪んだ功名心と強い羨望は、ある日彼に大胆な決意を呼び起こす。ブラッド・ピット大絶賛の映画原作。

 物語は様々なエピソードが詳細に描かれ、南北戦争から銀行強盗や列車強盗へ進んだジェシー・ジェイムズの気持ちや、彼に憧れ、仲間入りしながら、ついには背中から撃つはめになるロバート・フォードの心情が良く描かれています。 映画では省略された前半生が書かれているようです。(映画は観てません!)


1月29日(土)     「あまりにも騒がしい孤独」   (ボフミル・フラバル著)

  kodoku_s.jpg

 ナチズムとスターリニズムの両方を経験し、過酷な生を生きざるをえないチェコ庶民。その一人、故紙処理係のハニチャは、毎日運びこまれてくる故紙を潰しながら、時折見つかる美しい本を救い出し、そこに書かれた美しい文章を読むことを生きがいとしていたが…カフカ的不条理に満ちた日々を送りながらも、その生活の中に一瞬の奇跡を見出そうとする主人公の姿を、メランコリックに、かつ滑稽に描き出す、フラバルの傑作。

 「わたしは英国王に給仕した」 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第3集) を読んでから気になっていた作品。相互貸出で別の図書館から借りて読みました。ナチズムとスターリニズムの両方を経験し、過酷な生を生きざるをえないチェコ庶民。その一人、故紙処理係のハニチャは、毎日運びこまれてくる故紙を潰しながら、時折見つかる美しい本を救い出し、そこに書かれた美しい文章を読むことを生きがいとしていたが……カフカ的不条理に満ちた日々を送りながらも、その生活の中に一瞬の奇跡を見出そうとする主人公の姿を、メランコリックに、かつ滑稽に描き出す、フラバルの傑作。(内容紹介)チェコの歴史と翻弄され続けた人たちのことを知ればより深く理解できる。

 1月31日(月)     「海炭市叙景」   (佐藤 泰志著)

  kaitan.jpg
  
 「海炭市叙景」は、90年に自死を遂げた作家、佐藤泰志(1949-90)の遺作となった短編連作です。海に囲まれた北の町、「海炭市」(佐藤の故郷である函館市がモデルです)に暮らすさまざまな人々の日常を淡々と描き、落ち着いた筆致の底から、「普通の人々」の悲しみと喜び、絶望と希望があざやかに浮かび上がってきます。この作品が執筆された当時はいわゆる「バブル」時代でしたが、地方都市の経済的逼迫はすでに始まっていました。20年の歳月を経て、佐藤泰志が描いたこの作品内の状況は、よりリアルに私たちに迫ってくると言えます。
 函館市民たちが主導した映画(熊切和嘉監督・加瀬亮、谷村美月、小林薫、南果歩などが出演)の公開は2010年12月の予定。映画化をきっかけに、心ある読者に愛されてきた幻の名作が、ついに文庫(小学館文庫)となって登場。

 集英社版を借りてきて読みました。映画や本の紹介が何回かあったので気になってました。福間健二氏の解説にあった次の内容に驚く。「ここに収めた二章をなす十八の物語は、全体のちょうど半分にあたり、さらに二章が書かれて全部で三十六の物語からなる作品世界が形成されるはずであった。作品の中の季節でいえば、ここまでが冬と春であり、このあとに夏と秋が用意されていたのである。そして、その後半部分は、それまでの断続的連載のゆっくりしたペースではなく、一気に書き上げようという計画だった。しかし、90年十月十日の作者の自殺によって、その計画は実現されずに終わった」

  ”色気湛える庶民の物語” 映画『海炭市叙景』プレミアシート 朝日新聞 平成22年12月25日
  ”一編ごとに光を探す人生が”  「海炭市叙景」 売れてる本 朝日新聞 平成23年1月16日 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。