スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と宿命の泉

1月29・30日(土・日)  「愛と宿命の泉」

 画像は公開当時のちらしとその裏、後の2枚はDVD版の画像です

 t_aitochuku.jpg  shukumei_t.jpg    aitoshukuimei1.jpg aitoshukuimei2.jpg


 1920年代のフランスのプロヴァンス地方の農村を舞台に、泉をめぐり二代にわたって展開する愛憎劇。製作はピエール・グルンステイン。マルセル・パニョルの原作を基にクロード・ベリが監督・脚本。共同脚色はジェラール・ブラッシュ、撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はジャン・クロード・プティが担当。出演は第1部はイヴ・モンタン、ジェラール・ドパルデュー、2部はエマニュエル・ベアール、ダニエル・オートゥイユほか。
 何年かぶりに観た映画です。ちらしの<生涯に一度、出逢えるか否かの巨大な感動>とあって、特典映像も含めて新入荷ということで観たくなった。ラスト近くは忘れかけてました。原作の素晴らしさが、感動的な作品となった。音楽も、ヴェルディの「運命の力」の序曲の旋律が心に残る。ハーモニカで奏でるシーンも良かった。マルセル・パニュル原作の「マルセルの夏」と「マルセルのお城」も観ようと思ってます!

 チラシの裏を読みたい人は、画像を一度保存してからソフトで拡大して見れます!

 上の記事で誤解を招く記述がありました。(ウィキペデイアより掲載します)
 パニョルの小説「丘の泉」は、自身の映画「フロレット家のジャン」と「泉のマノン」を小説化したものである。これらの映画は、1980年代にクロード・ベリがリメイク(「愛と宿命の泉 フロレット家のジャン」、「愛と宿命の泉 泉のマノン」)し、国際的な評価を得た。

この記事へのコメント

DVD再登場! - やまさん - 2011年02月08日 18:58:20

イヴ・モンタン、ジェラール・ドパルデュー、フランスの2大スター共演。
本邦初公開のメイキング映像等を収録したデラックス版仕様で待望のDVD再登場! PART1には、特典映像だけで51分もあります。(「イヴ・モンタンが語る『愛と宿命の泉』」)
プロヴァンス物語の2作品もチラシの公開(特に裏)を予定してます。いつごろ観れる(読める)かな?

読書は「灰の庭」(デニス・ボック著)、そして「戦争の悲しみ」(バオ・ニン著)を読んでます。その後は、「旅の終わりの音楽」(エリック・フォスネス・ハンセン著)の予定です。

プロヴァンス地方 - やまさん - 2011年02月08日 18:39:54

プロヴァンス そこは丘と緑とセミの声に囲まれたおとぎの国
「マルセルの夏」のチラシの裏に書かれていました。
「マルセルのお城」とともにもう一度観たくなりました。
前者は「少年時代1―父の大手柄」、後者は「少年時代2―母のお屋敷」「少年時代3―秘めごとの季節」が原作。本も時間が許せば読みたいです。

「愛と宿命の泉」是非観てください。景色も俳優陣もいい。ヴェルディの「運命の力」もいいですよ。

「ジェシー・ジェームズの暗殺」は、登場人物の複雑な心情が描かれてる。特に、真の主人公といえるロバート(ボブ)・フォードの人物像は忘れられない。映画ではケイシー・アフレックが演じたそうですがまったく分かりません。凶悪なジェシー・ジェイムズのブラッド・ピットはどうだったのでしょう!

映画はその後、「レ・ミゼラブル」(ビレ・アウグスト監督)、「ボローニャの夕暮れ」、「運命に逆らったシチリアの少女」を観ました。

イヴ・モンタン - みぬぅ - 2011年02月07日 10:09:00

「愛と宿命の泉」懐かしいです。
DVDリリースされているんですね。
綺麗な画面でもう一度観てみたいです。
登場人物の名前は忘れてしまいましたが、ベアールのマノンという名前だけは忘れません。
まだ瑞々しく生まれたてのミューズのようだった彼女・・。
オートゥイユの怪演とカーネーションの取り合わせも印象的でした。
モンタンとドパルデューの悲劇もね、この映画を忘れられないものにしています。
貴重なチラシを見せて頂いて、ありがとうございました。

観たいです - ポルカ - 2011年02月06日 16:43:30

やまさん、こんにちは~。
「愛と宿命の泉」すごく贅沢なキャスティングですね。
プロヴァンス地方が舞台ということで、美しい風景なのでしょうね。

「ジェシー・ジェームズの暗殺」は映画を観ました。
映像も美しくクオリティの高い映画でした。
犯罪者の顔と暗殺者におびえる不安定な部分を演じたブラッド・ピットが素晴らしかったです。
少し前に「クロッシング」を観ました^^
犯罪多発地帯という背景もあり過酷な現実と向き合わなければならない3人の警察官の内面に惹きつけられました。
重たいけどいい映画でしたよ。

今年も自分では見つけられないような映画を色々教えてもらいに伺いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
山の写真も楽しみにしてますね♪

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。