スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの映画館

3月26日(土)     「海炭市叙景」

 kaitannm1.jpg  kaitannm2.jpg

 両側を海に挟まれた北国の小さな砂洲の街・海炭市。職を失い、ひっそりと身を寄せるように暮らす若い兄妹。娘の出産を待ちながら、造船所のある町まで市電を運転する初老の運転士。両親が住むこの町に移り住むためやってきた妻子持ちの男は、みぞれ降るなかを引っ越し荷物の到着をひたすら待ち続ける……。架空の地方都市に生きる若者の屈折した青春の姿、一筋の光を求めて暮らす家族の再生を描き出す。

 原作の短編集より、「まだ若い廃墟」「ネコを抱いた婆さん」「黒い森」「裂けた爪」「裸足」の5編を中心に構成されたオムニバス作品である。原作を読んでいたのでそれぞれの関連が映画では巧く表現されていた。2時間40分は、ゆったりと進む構成では仕方ないかなと思う。残りも含めて原作も読んで欲しい。四季は冬から春に移り変わるが、この後「夏」と「秋」も書き進める構想だったという。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。