スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯豊山・大日杉から~その1~

7月16日(土)       飯豊山   (大日杉から御西小屋)

 4時15分、約90Km離れた登山口である大日杉登山口を目指す。順調に行って6時に駐車場に着く。今回初めてのコースで、地蔵岳からの本山が楽しみの1つでした。

 dainiti0.jpg dainiti1.jpg dainiti1_a.jpg 
                                大日杉小屋                大日杉跡 

 dainiti1_b.jpg   dainiti1_c.jpg   dainiti2.jpg
  標識の近くにあった杉          鎖を登り切ってザンゲ坂

 dainiti2_a.jpg   dainiti2_b.jpg  dainiti3.jpg

歩き始めてほぼ1時間、<長之助清水>で休憩。80歳の二人は、次の日、戻ってきたとき登山口でソバをおいしそうに食べてました。あとから来た人もここで一息いれてました。私自身は水の補充なし。恩田(7:25)、滝切合(8:40)、そして地蔵岳(9:15)に到着。

 dainiti4.jpg  dainiti4_a.jpg
      地蔵岳から見たパノラマ(これから目指す山が!)

 しばらく進むも、地蔵清水は見いだせず、湿地帯と雪が少し残ってましたが・・・。ちょっと疲れたので休もうとしたら、語らいの丘なる表示が木に付けられていた。この写真、木の合間からバックに飯豊! 目洗清水で休息と水を補充する。

 dainiti5.jpg dainiti6.jpg dainiti6_c.jpg

 地図にダケカンバとある場所で休む。車ユリが咲いていた。そして、御坪とその近くからの本山方面。

  dainiti7_b.jpg   dainiti7_c.jpg                                  
    
  dainiti7.jpg   dainiti7_a.jpg


 この後、雪渓コースを行くのですが、最初はシラネアオイやサンカヨウなど色々な花とともに順調だったのですが、雪渓から脱出するときに滑落と命拾い?! 続編の御西小屋までと後半はいずれ。

この記事へのコメント

- やまさん - 2011年07月20日 21:25:44

Tobyさん、そちらのサイトで似たような記事を書き込んでしまい申し訳ありません!
同じ日に、同じ道を歩いたということですね。一人は朝方、カップルは午後。
そちらのコースは予想はしました。ダイグラ尾根を下山に利用し、二日目を本山小屋したのキャンプ場ではいいアイデアですね。
ダイグラ尾根は登りに使うからやりがいがある、なんて決めていたから昨年は散々な目に遭ってしましました。御西小屋で1泊して一気に丸森尾根から下山の予定が。結局のんびりもう1泊(門内小屋)して帰りました。

大日岳の様子、多くの写真とともに見れて良かったです。今年中に、あと2回ほど飯豊連峰の山行を考えてます。

- Toby - 2011年07月20日 00:00:23

あぁ!こっちだったんですね。
ぼくらはお察しの通り飯豊温泉からでした。血眼になってやまさん探しましたよぉ(言い過ぎ)会わないはずだ。
大日杉のコースは仙台から一番近いので去年は何回かアタックしたんです。なので今回は違うところから行ってみようと。
それにしてもいい天気でしたねぇ。最高でした。暑くてヘロヘロにバテましたけど…

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。