スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパン 愛と哀しみの旋律

7月30日(日)          ショパン 愛と哀しみの旋律

 shopin.jpg

 ずっと雨が降り続けていたので山行は中止。ウィークディは昼の3回公開されてたのですが、土日では1回のみ。今日しか行くことができないので出掛けた。10時ギリギリに入ったら満員であった。本作は。ポーランドのイェジ・アントチャク監督により”究極のショパン映画”を目指すべく作られました。2002年、2時間6分の作品です。
               愛は哀しみに変わり、美しき旋律は永遠になる。

 若き日のショパンが音楽を学んだワルシャワ、ピアニストとしての成功のきっかけを作ったパリ、サンド(ジョルジュ)一家と訪れたマヨルカ島、そしてフランス・ノアンの館。大規模な現地ロケの映像がいい。

 2年に及ぶ作業で選ばれた20曲以上のショパンの作品  クリックで音楽が聴けます!
「革命エチュード」
「夜想曲第20番」
「ピアノ協奏曲第1番」
「幻想即興曲」
「英雄ポロネーズ」
など充分楽しめた。

世界を代表するチェリスト ヨーヨー・マ、「戦場のピアニスト」の演奏で世界を涙させたポーランドのピアニスト ヤーヌシュ・オレイニチャク、また、日本からはショパン随一の名酒であるピアニスト横山幸雄らが集結。奇跡の競演を果たした

 祖国ポーランドを逃れ、パリに辿り着いたショパン。作曲家としての名声を手にしつつも、パリでは認められず失意の底にいた。そんなとき、パリ社交界の寵児である女流作家ジョルジュ・サンドと出会う。ショパンの才能にほれ込んだサンドは、ためらうことなく愛を語る。サンドの情熱ににまれるように、二人の関係は始まった。すでに二人の子供の母親であったサンドだが、ショパンへの愛を抑えることは出来なかった。ショパンはサンドの、時に燃え上がるように激しく、時に包むように優しい愛のもと、次々と名曲を生み出していく。しかし、ショパンに全てを捧げる母を快く思わないサンドの子供たちが、やがて悲劇をまき起こす・・・。

 
 
 

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。