スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の映画は3本

 8月22日(月)          「カラヴァッジオ」

 caravaggio.jpg

 D・ジャーマン作品としては最も分かりやすい、どこか彼の師匠格のK・ラッセルを思わす、イタリア・ルネッサンスの異端の画家カラヴァッジオの生涯を描いた作品。彼の絵画を見せることに主眼を置き、透明な映像でその光と影を解析、同性愛や殺人と言った醜聞に満ちた呪われた画家の一生を、時に現代の車やタイプライターなどの事物を鮮かに滑り込ませ、観客に認識させる。伝統的物語手法と実験の間で、意欲的に“復興の精神”を検証した作品だった。


  8月23日(火)         「この道は母へと続く」  
 
  italianetz.jpg

 2005年ベルリン国際映画祭 少年映画部門グランプリ、2006年アカデミー賞外国語映画賞部門ロシア代表作品、2006年トロント国際映画祭正式出品ほか各国42の映画祭で上映され、32の賞に輝く快挙!
 孤児院で育った少年は、裕福な家の養子になるよりも自分を捨てた母親を探す旅に出る! 実話から生まれた、愛と感動の物語! こんな文に触れたことで観てみたくなった作品。最初の部分では、「わたしを離さないで」を思い出していた!

 ロシアの孤児院で暮らす6歳のワーニャ(コーリャ・スピリドノフ)は、幸運にも養子を探しに来たイタリア人夫婦に引き取られることになる。院の仲間たちからの嫉妬(しっと)と羨望(せんぼう)のまなざしを浴びる中、「引き取られる前に、一目でいいから本当のママに会いたい」という気持ちを募らせた彼は、実の母親を探しに孤児院を脱走してしまう。



 8月28日(日)       『BIUTIFUL ビューティフル』

  biutiful.jpg

 スペインの裏社会で生計を立てるウスバル(ハビエル・バルデム)は、あらゆる闇取引に手を染めながらも、愛する2人の子どもと情緒不安定の妻を支えて暮らしていた。ある日、自分が末期がんであることを知ったウクスバルは、やがて訪れる死の恐怖と闘いながらも、家族との愛を取り戻すために新たな決断を下すのだが……。

 何故かネットではちらしの画像がみつからない。その後自分が持ってるのに気づく。その画像もいづれ載せたいと思ってます。中身の感想はウーン・・・うまく表現出来ずにいます。

        <誰もすくわない 救われるイエス> 朝日新聞 6月8日 沢木耕太郎 銀の街から

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。