スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯豊(朳差) その2 大熊尾根(続き)

 oishi24.jpg  oishi24b.jpg  oishi24c.jpg
            葉のない紅葉またはきれいでない紅葉  
  
    oishi24a.jpg    oishi25.jpg   oishi26.jpg
               変わった樹2本です                急登が続いて山頂を捉えるが・・

   oishi26b.jpg  oishi27.jpg oishi28.jpg
           新六ノ池                雪が・・・                  振り返って新六ノ池

 oishi29.jpg  oishi30.jpg  oishi33.jpg

                oishi32.jpg
                           一枚にすると‥ 
  
  最後に地図を載せます。

      oishimap.jpg





この記事へのコメント

- やまさん - 2011年11月01日 18:09:36

>キムラさん、また同じ山域でしたね
いくつもの沢越え、どこに取り付くか迷ったりしました。
ゼカイ沢出合では荷物も軽かったので大ジャンプで難なく渡りました。
ここからの川沿いの景色が気に入ってます。
>一本丸太の吊り橋
短いのですが濡れてるとちょっと怖いです。
大熊小屋からは登って登って‥‥ 歯を食いしばって‥‥ 
この登りがイヤで逆のコースが本などに勧められますが、達成感が違うのです。
このコースは3回目ですが、同じところで同じ写真を撮ってます。
>エブリサシ小屋の水場に水はありましたか
同宿の男性が水汲みに行ってました。私は、大熊小屋で充分補給しました。

そろそろ山も終わりです。近くの山に2,3回と考えてます。

- やまさん - 2011年11月01日 17:52:53

>Tobyさん、訪問に感謝です
実はこのコースは4回目です。今回を含めた3回は大熊尾根が先です。
小屋は3人泊まりました。途中から一緒になったスーパーガールは同じコースで翌日の彫刻公園まで一緒でした。もう一人は、東京からの反対周りの人でした。
最初の4時間(大熊小屋まで)はゆっくりペースで渓谷美や大ブナ林を満喫。
なんとそこまでは標高300mほど。ここから急登の連続です。必死に頑張って2時半過ぎに小屋の到着。
二日目は、ナメコを沢山採りました。満足の登山でした。
そう、来年は おんべ松コースに挑戦します!

- キムラ マサヒロ - 2011年10月31日 23:55:19

私より先の足跡はやまさんの足跡だったのですね?私もこの日29日、寝坊して7時に大石ダムを出発して、大熊小屋往復を楽しみました。
聞いてはいましたが厳しい登山道で、これが本当の登山なのかと、登山経験の乏しい私は思いました。
目も眩むような崖のへつりに、沢の飛び石伝いの渡河など、宿泊の荷物を背負ってはとても行けない大熊小屋経由のエブリサシ岳登山と思いました。
誰一人会うことなく三回も転倒して、往復の時間を計算して行に4時間、帰りに4時間と算段して、四時間に迫っても一本丸太の吊り橋にたどり着かず、諦めて帰ろうかと思案しましたが、地図を見て500m以内と考え先を急いだ矢先に吊り橋にたどり着き、やった~!
4時間03分で到着、と感激でした。やまさんはそこから18分休んで頂上へ・・・だったのですね。私は体力の限界近くの疲労困憊で帰宅しました。
ところで、エブリサシ小屋の水場に水はありましたか?9月29日には涸れていましたから。

- Toby - 2011年10月31日 22:44:58

おぉ!すごい!こりゃまたすごいルートを。
飯豊のすべてのルートを歩き尽くそうという気合いが感じられますね(^o^)
いつかは大熊尾根。いつかはおんべ松尾根です。
う~んうらやますぃ!

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。