スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェラルディン・ブルックスの作品

 6月13日(水)   「灰色の季節をこえて」

 地方新聞の本の紹介で、「困難にあらがう女性の姿」として、『灰色の季節をこえて』(武田ランダムハウスジャパン)が紹介されていた。舞台は17世紀の英国の寒村。疫病に襲われ村人がつぎつぎと命を落としていく。

 「きのうまで元気だった家族や隣人が突然のように高熱をだして倒れ、見守るうちに首や腋窩(えきか)、鼠径(そけい)などが腫れてくる。腫れ物はどんどん大きくなり、破裂して膿を流すこともある。やがて皮膚に薔薇が花ひらいたような斑紋が表れ、ほどなく死にいたる。それを理由もわからないままに、なす術もなくそばで見ているしかないとしたら、その恐怖はいかほどのもぼだろう。
 本書の主人公アンナ・フリスが置かれた上くおうがそれだ。いや、アンナだけではない。あす倒れるのは誰か、ひょっとしたら自分か、自分の子ども家・・・という不安にさらされながら、ある決断を迫られる。村人をこの決断に導いた人物(実在のモデルがいる)にとっても、それが正しいことなのか確信がもてない。
 作者は、人がいかに気高くなりうるか、また、いかに非道に、あるいは下卑たものになりうるかを、巧みに史実を交えながらじっくりと描き込んでいく」(訳者 あとがきより)

 「灰色の季節を通じて肝の座った女性になったアンナは、最後に思いがけない人生を選ぶ。その意味で本書はひとりの女性の成長譚としても読めるだろう。人間の歩いてきた道を知り、前を向くために書く、そんな著者の姿勢がすがすがしい。こういう本で読書会をしてみたい。」(大竹昭子・文筆家)

      Haiio.jpg


 6月21日(木)       「マーチ家の父」 もうひとつの若草物語 

 妻と四人の娘を残し従軍牧師として北軍に加わったマーチは、激戦の合間に立ち寄ったヴァージニア州のとある農園を見て、以前ここに来たことがあるのに気づいた。20年前の春、若き行商人として訪れて長逗留したことがあり、それは美しく気高い奴隷女性グレイスとの出会いの時であり、また奴隷制度の残酷さを目の当たりにした日々でもあった。その後の歳月―マーミーとの結婚、哲人ソローやエマソンとの交流、逃亡奴隷の支援活動への加担、次々と生まれる娘たち…懐かしい思い出がマーチの脳裏をよぎる。だが、そうした思いをよそに、国を二分する戦争は彼の理想や信念を打ち砕き、運命を大きく変えていくことになる! 世界中で愛された家庭小説(=「若草物語」*1 )の古典を下敷きに、豊かな想像力と巧みなストーリーテリングでアメリカの動乱の時代を生きる人々を描きあげた歴史フィクションの比類ない傑作。ピューリッツァー賞受賞作

 *1) 時は南北戦争時代、父が黒人奴隷解放のため北軍の従軍牧師として出征し女ばかりとなりながらも、慎ましく暮らす一家の約1年を描く。父の無事と帰還を祈り、優しく堅実な母親に見守られ、時に導かれ、マーチ家の四人姉妹メグ、ジョー、ベス、エイミーは裕福ではなくとも明るく仲睦まじく暮らしている(もっとも、これはこの家族の豊かな時代に比して慎ましいのであって、実際には中流階級の家庭である)。家庭に起こる楽しい出来事や悩み、事件、そして大きな試練が姉妹達を少女から「リトル・ウィメン」へと成長させる。

      March.jpg 

 本書は、「若草物語」の設定をそのままに、先行の名作にない部分を埋めるように書かれた物語である。中心となるのは四姉妹ではなくその両親です。父親のマーチ氏を、母親のマーミーを、聖人として描くのではなく、泥臭く描いている。そして、もっとも注目するのは、著者が、好意的に描いている影の主人公の存在です。とある農園の屋敷付きの黒人奴隷、グレイスです。グレイスは18歳のマーチ氏と出会い、その後戦後に再会するのですが、彼女の半生も本書の大きな読みどころです。

 第一部 ジョーは悲しそうに言った。
     「だけど父さまがいないじゃない。きっとまだまだ戻ってこない」
     もしかしたら二度と戻ってこないかもしれない、とジョーは言わなかったけれど、
     四人はそれぞれ口には出さずにそう付け加えた。
     遠い戦場にいる父を思いながら。
             ルイーザ・メイ・オルコット『若草物語』

 第二部 ジョーは怯えたような声で読み上げた。
     ミセス・マーチ
     ご主人、危篤。すぐ来られたし。
           S・ヘイル
           エアシントン、ブランク・ホテル
             ルイーザ・メイ・オルコット『若草物語』

 ジェラルディン・ブルックスの最初の作品である歴史ミステリー「古書の来歴」も読んでみたい!

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。