スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の映画3本

12月4日(火)    『人生の特等席』

  Tokutou.jpg      Tokutou1.jpg


 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱ってきていた。それでも引退する素振りを微塵も見せない彼に、球団フロントは疑問を抱き始める。そんな苦しい立場のガスに救いの手を差し伸べたのは、父との間にわだかまりを感じ続けてきたひとり娘のミッキーだった。ガスはスカウトマンの誇りをかけ、父娘二人で最後のスカウトの旅に出る。

 監督・主演を務めた2008年の「グラン・トリノ」以来の映画出演。「脚本を目を通すまで、自分でも何を探しているか分からないもんだが、今回は読んですぐに『(この役を)演じたい』と思った」と言う。
 今作は、18年前からイーストウッドの監督作で助監督や製作を担当してきた「まな弟子」のロバート・ローレンツに初めて監督を任せた。

 父と娘の人情 心地よく 娘を演じるエイミー・アダムスもいい。


12月9日(日)    「ミッドナイト・イン・パリ」

   MidnightPari.jpg

 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。脚本家として成功していたギルだが虚しさを感じ、現在は本格的な作家を目指して作品を執筆中だ。そんなギルの前にイネズの男友達ポールが出現。心中穏やかでないギルだが、真夜中のパリの町を歩いているうち、1920年代にタイムトリップしてしまう。そこはヘミングウェイ、ピカソ、ダリなど、ギルの憧れの芸術家たちが活躍する時代だった。

 エリオット、前衛映画監督だったブニュエル、さらにパリの自由な芸術に憧れてアメリカからやってきた小説家のヘミングウェイやスコット・フィッツジェラルド、作曲家のコール・ポーターなどいまや「伝説上の」人物がたくさんいた。その出会いに工夫が面白いが、よく理解できていない人物だと楽しめない。

 ウッディ・アレン自身が主人公のギルを演じていたら皮肉が利きすぎていて嫌味な作品になっていたかもしれない。率直な明るさのあるオーウェン・ウィルソンに演じさせているのがいいとどこかで書かれていた。


12月15日(土)    「サンザシの樹の下で」

  Sanzasi.jpg    Sanzasi1.jpg

 1970年代初頭、文革時代の中国。女子高生のジンチュウは農村での住み込み実習に派遣される。その村には抗日戦争を象徴するサンザシの樹があり、革命の教材には格好の題材だった。寄宿先の村長宅では、一家と家族同然の付合いをする青年スンと出会う。あれこれと優しくしてくれるスンに淡い恋心を抱くようになるが、反革命分子として迫害を受ける両親を持つ身では、恋愛に現を抜かしているわけにはいかなかった。
 
 
 原作は中国でベストセラーになった中国系アメリカ人作家エイ・ミーの小説。「初恋のきた道」でチャン・ツィイーを見出した、チャン・イーモウ監督が描く文化大革命に散った はかない恋の物語。実話に基づいて綴られる、大きな時代のうねりの中ではかなく散った純愛の物語は、中国の時代背景などが分かっていないと理解も浅くなるのかな?!






この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。