スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画館での2本

3月24日(日)       『セブンデイズ・イン・ハバナ』

  Sevendays.jpg

 「世界でもっとも美しい島」とも評されるキューバの首都ハバナの7日間を、本作で監督デビューを果たしたベニチオ・デル・トロをはじめ、「アレックス」「エンター・ザ・ボイルド」のギャスパー・ノエ、「D.I.」のエリア・スレイマンら7人の監督が描いたアンソロジー。旅行や仕事で訪れた外国人や現地で生きる人々など、多種多様な人物の日常の断片を切り取り、ハバナの街の息吹を描き出していく。出演は「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュール、「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツァ、「ハンガー・ゲーム」のジョシュ・ハッチャーソンら。

 実は、この映画は見る予定ではありませんでした。見たい映画(下の作品)の時間を間違えてました。日曜日でやっと駐車場に入れた後だけにこのまま帰るのもとおもいつつ見た作品。良い作品もあれば、そうでもないものもありましたが、音楽は満足できました。


3月27日(水)       『命をつなぐバイオリン』

  Inoti_vi.jpg


 1941年春、ウクライナのポルタヴァ。当時、ウクライナはソ連の支配下にあった。ナチスがその勢力を増し、ソ連に侵攻をしようとした頃、2人のユダヤ人の子ども、アブラーシャという少年はバイオリンで、ラリッサという少女はピアノで、人々を魅了していた。彼らは神童と呼ばれ称賛されていた。彼らに憧れて、一緒にバイオリンを演奏し、強い友情を深めていくドイツ人の子どもであるハンナ。ナチスはユダヤ人絶滅計画を遂行するために、2人の神童とハンナに、ヒムラーの誕生祝賀会で完璧な演奏を行えば、2人のユダヤ人の子どもを特別待遇として強制収容所送りから免除してやると、3人に伝える。

 「時代に翻弄される人々の姿は大人であっても痛々しいが、この映画ではそれが少年少女であるだけにいっそう悲しい。ナチスの非道な大佐も音楽好きで、それが少年少女の運命を左右してしまう筋書きは、最後まで観客を捉えて離さない。どうか劇場でごらんいただきたい。」(三浦 淳=新潟大学教授 独文 新潟日報 3/15より)

 本映画の主演、エリン・コレフは両親が共にバイオリニストで、12歳の時にカーネギーホールで、デビューした天才児であり、この映画の原題は「Wunderkinder」(神童)である。葉加瀬太郎はその天才児について触れ、「本当のバイオリン弾きが演じているので、びっくりした。完璧なバイオリンを弾いている初めての映画ではないか」と、劇中のエリン・コレフのバイオリン演奏を絶賛している。


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。