スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画の原作本2冊

5月13日(月)      「孤独な天使たち」  (ニッコロ・アンマニーティ著)

  Kodoku_b.jpg  Kodoku_m.jpg 映画のちらし

 周囲となじめず心を閉ざした少年と麻薬に侵された義姉との地下室での一週間。巨匠ベルトルッチにより映画化。彼は本書と出会って10年の沈黙を破ったといわれる。2013年GW日本公開!

「著者自身の言葉によると、作品はまず口述の語りとして生まれるという。親しい友人に物語を語って聞かせ、
相手の反応から手応えを感じてはじめて、執筆に移るということである。アンマニーティの作品の持つ強い物語性、テンポの良い展開などは、「語り」として生まれればこその特徴であろう」

「映画が著者の素養にあって重みをなしているためか、執筆時には、かなりはっきり視覚的イメージがあるという。それが関係しているのか、アンマニーティはイタリアにあって作品の映画化率の非常に高い作家である。『最後の元日』(=マルコ・リージ監督 1998年)、『えら』(=フランチェスコ・ラニエーリ・マルティノッティ監督 1998年)、『ぼくは怖くない』(=ガブリエーレ・サルヴァトレス監督 2003年)、『神の思し召しのままに』(=同監督 2008年 邦題『絆』)の4作に加え、本書もベルナルド・ベルトルッチ監督によって映画化されたばかりである。2012年初夏のカンヌ映画祭で招待作品として上映されて好評を得、イタリアで秋に公開された。」       (いずれも訳者あとがきより)

 ストーリーは少し変えてあり、舞台となる地下室にベルトリッチの目、ロレンツォとオリヴィアを演じるふたりの新人の個性が加わって、原作とはまた少し味の違った作品に仕上がっている。映画が気になりますし、観たい!
そう言えば、『ぼくは怖くない』も読みやすかったし、映画も見ました。



5月16日(木)      「ある秘密」  (フィリップ・ダランベール著)

 Aruhimitu_20130518205754.jpg 

 父さんと母さんは何か隠してる…。ひとりっ子で病弱なぼくは、想像上の兄を作って遊んでいたが、ある日、屋根裏部屋で、かつて本当の兄が存在していた形跡を見つける。1950年代のパリを舞台にした自伝的長篇。

 孤独な少年の夢想が残酷な過去を掘り起こす。高校生が選ぶゴンクール賞受賞のベストセラー

 「孤独な子供が両親の過去をめぐってつむぎだすファンタジーの世界から出発し、歴史の闇が口をひらく瞬間へと向けて、ぼくらは少年とともに旅をし、発見を重ね、成長していく。やがて、息を呑むような衝撃の連続に打ちひしがられながら、その衝撃に負けない精神のあり方を教えられるのだ。死者に対する罪悪感を抱えて生きた両親への主人公の情愛、そして「兄さん」に寄せる痛切な思いのうちに、この作品のたぐいまれな美しさが輝きだす。」(訳者あとがきより)

 映画は3月に見ていたのですが、本読んですっきりした感じです。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。