スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソハの地下水道

5月5日(日)          「ソハの地下水道」

  Soha.jpg

 ナチス・ドイツに支配されたポーランドで、ユダヤ人を地下にかくまった水道労働者ソハの実話を基にした人間ドラマ。監督のアグニエシュカ・ホランドがメガホンを取る。命の危険を冒してまでユダヤ人を助ける主人公のソハを演じるのは、2011年にポーランドの映画賞で主演男優賞を受賞したこともあるロベルト・ヴィエツキーヴィッチ。ソハの希有な運命と実話ならではの重厚かつ緊張感ある展開から目が離せない。

 
 ホランド監督は、本作を英語劇として製作してほしいというオファーを断ったという。「これまでの経験から、このテーマがどのくらい心理的に、個人的に自分に負荷がかかるか、そして責任を持たなければいけないということを重々承知しているだけに、映画的方策に合わせて作るような映画にはしたくない。つまり、英語、ハリウッド的な作り方はしたくなかったのです」。
 場所と時代、そこに生きた人々が使った言葉にこだわり、イディシュ語、ポーランド語、ウクライナ語、ドイツ語など登場人物に合わせたオリジナルの言語を用いた。「題材によると思いますが、ここまで真実が恐ろしくひどい題材はそのまま見せなければいけない。言いかえれば、英語にしてしまうと、痛みが和らいでしまうのではないかと危惧したのです」とその理由を明かす。
下水の悪臭がスクリーンから漂ってきそうなリアルな地下水道は、7割がセット、残りのシーンは「汚くて、狭くて、べたべたしていて状況は最悪でした」という実際の下水道で撮影した。洪水シーンに耐えうるセット製作や暗闇の中での撮影は困難を極め、「今まで携わった作品で一番大変な現場でした」と振り返る。
              (監督インタビューからn抜粋など)

 強烈な印象と共に忘れられない作品になりました。エンディングのテロップにあったことですが、ソハは一人の少女を救おうと自動車事故で亡くなった。また、地下水道から救出された少女(ちらしの子か)が、2005年になって手記を発表したという。



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。