スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味映画推進委員会

                jimi.gif

   <委員会メンバー>    つるばらさん rambling rose (委員長)

    瞳さん Tea Please   ポルカさん Johnny Depp+Cinema fan

    カポさん deax et deax   ゆーこさん be-in

    みみこさん ちょっとお話    REIさん 正しい映画の見方を考える村民の会

 わたし<やまさん>の地味映画の紹介です。タイトルにマウスをのせるとより詳しいページになります。「君のためなら千回でも」は<アフガンを考える>を見てください。

  アメリカの時計 大恐慌下のアメリカで繰り広げられる、さまざまな人々の価値観と揺れ動く心を描く感動のヒューマン・ドラマ。原作はA・ミラーの作品。劇場未公開の作品で、ビデオが発売された。愛の本質って何なのか考えてしまう。出演者はTV出身者か。

        ameclock.jpg         kusanoue.gif   

  草の上の月 女流作家N・B・エリスの自叙伝を映画化した、実話に基づく愛のドラマ。エリスの恋人で1930年代の小説家ロバート・ハワード(「コナン・ザ・グレイト」の原作者)の関係をみつめつつ、自由奔放なハワードを捉えた。L・ゼルウィガーがヒロインを好演。

  趣味の問題   高級レストランのウェイターのニコラが、高名な実業家でもある美食家ドゥラモンの味見役として雇われる。夢のような生活を満喫するニコラだったが、彼を自分の分身に仕立てようとするドゥラモンの欲望を知り・・原作を濃密な心理サスペンスに仕上げた。 
 
        shumi.jpg         skirt.jpg


  スカートの翼ひろげて  第二次世界大戦下のイギリス。戦場にいった男たちに代わって、女性たちが農業に従事するランドガールズを結成。自ら応募した3人の女性が田舎町で、農作業に精を出す一方で、恋に揺れ動きながら生きることの素晴らしさを鮮やかに描き出した。R・ワイズやK・マコーマックの美人女優が好演。

  オスカーとルシンダ   ギャンブルのために社会から偏見の目を向けられるふたりの出会いと恋を感動的に描く。ピーター・ケリーのブッカー賞受賞作の映画化。ラスト、人生最大の賭けに挑戦する。R・ファインズとC・ブランシェットの主演もいい。 

         oscar.jpg       fericia.jpg

  フェリシアの旅   カナダの鬼才、A・エゴヤンが、W・トレヴァーの原作小説に童話「美女と野獣」のイメージを加味して映画化したサスペンス・ミステリー。アイルランドからイギリスにやって来た17歳のフェリシア。彼女はヒルディッチという優雅な中年紳士の世話になるが・・。B・ホプキンスの不思議な存在感が印象的。  

  美術館の隣の動物園   シナリオ・ライターを目指すチュニは結婚式のビデオカメラマン。ある日、彼女のアパートに、兵役休暇中のチョルスが入ってくる。奇妙な始まりから、ふたりの気持ちの通い合いが淡々と丁寧に描かれる。美術館と動物園でくりひろげられる夢の物語もいい。シム・ウナも魅力的。

         bijutukan.jpg          kisetu1.jpg

  季節の中で  サンダンス映画祭でGほか3冠に輝いたヒューマン・ドラマ。現代のサイゴンで人生の転機を迎える人たちの人間模様が綴られる。蓮は泥の中に生え、美しく威厳のある花を咲かせる。ヴェトナムが体験してきた戦争や辛い過去の泥沼から立ち直った国民を象徴している。鮮やかな映像を伴ったラストが感動的でした。

  ダーク・ブルー  ’39年、第二次世界大戦下のチェコ。チェコ空軍教官のフランタとその部下で親友のカレル、英国人の女性スーザン。3人をめぐる友情と恋を軸に、戦争や全体主義体制の不条理を浮き彫りにした本核戦争ドラマ。宮崎駿監督も絶賛した。

          darkblue.jpg          tekiai.jpg

  敵、ある愛の物語   戦争の悲劇か? 3人の女性と重婚するこことになった男のおかしくも苦い愛の物語。ユダヤ人亡命者社会という異常な状況の中での懸命な生き方や迷いが愛と絡めて実によく表現されているし、この辺をよく踏まえた映画でもある。原作読んでるのですが感想が・・

  ザ・カップ/夢のアンテナ   中国から侵略されて国を追われた亡命中のチベットの修行僧がワールドカップを見ようと奮闘する映画です。ほのぼの、という感じの映画です。 現地僧院でオールロケ、プロの俳優が一人も登場しない意欲作。

          kap.jpg          himituto.jpg


  秘密と嘘  養子として育てられた女性が実の親を探し、その家族の中に入っていくことから明かされる、家族をめぐる<秘密と嘘> そこから生まれる新しい家族の姿と和解が描かれます。カンヌ映画祭パルムドール大賞、主演女優賞(ブレンダ・ブレッシン)、国際映画批評家連盟賞を獲得する。

  天空の草原のナンサ  ドキュメンタリー映画の中にファンタジーが入った感じの不思議な映画です。モンゴルの風景と遊牧民の生活に目を釘付けにされる!

           nannsa.jpg         francisco.jpg


フランシスコの2人の息子  小さな田舎町の貧しい小作人の息子が、ブラジルの音楽界を代表するアーティストに成長するまでの紆余曲折を描いた感動作。 
  

  

この記事へのコメント

デンマーク映画 - やまさん - 2009年01月21日 19:56:06

 デンマークの俊英スサンネ・ビア監督 3作品同時リリース!
「アフター・ウェディング」「ある愛の風景」「悲しみが乾くまで」
レンタル店にあるのかな? 探してみます!

 前と同じ内容を掲載したのですが、画像をなるべく「ちらし」にしたいと探したのですが・・・。「フェリシアの旅」が見つかりませんでした。

 「趣味の問題」「フェリシアの旅」「オスカーとルシンダ」「敵、ある愛の物語」は原作も興味深かったです。

こんにちは。 - カポ - 2009年01月19日 12:07:54

こちらは乾燥した日が続いていて インフルエンザが蔓延中です。
やまさんはお元気でお過ごしですか?
改めて やまさんご推薦の地味映画のラインナップを拝見して 未見のものもあるのでリストアップさせて頂きました。
「草の上の月」と「フランシスコの2人の息子」はやまさんの推薦で観た映画で ともに素晴らしい作品でした。
「フランシスコ・・」は実話でしたね、泣けて仕方なかったです。
下でご紹介の2作品も 近々鑑賞してみますね。
私の方は 最近デンマークのスザンネ・ビア監督作品を2作品続けて観ましたが かなり心に迫るテーマでグっと来ました。
あ、タイトルは「アフター・ウェディング」と「ある愛の風景」です ^^;

それから 私のサイトをご紹介頂いてありがとうございます。
ただ、リンク先が違っているようなので お手数ですがお時間のある時にでも訂正をお願い出来たらと思います。
どうぞよろしくお願い致します。(^^ゞ

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。