スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の読書

1月8日(木)  「ガラテイア2.2」 (リチャード・パワーズ著) みすず書房


 2000年春、処女長篇「舞踏会へ向かう三人の農夫」によって、日本の読書界に彗星のごとく登場し、たちまち席巻した現代アメリカ文学の若き鬼才、リチャード・パワーズ。彼の90年代の代表作が、いよいよその姿を現わす。「ガラテイア2.2」。ギリシア神話に名高い女性の名前をタイトルに掲げた本作のテーマは、ずばり人工知知能ピグマリオンは女神アフロディテをモデルにして、理想の女性像を彫刻でこしらえた)。何故か私にとっては最初の作品は、「われらが歌うとき」でした。

 主人公は、その名も「リチャード・パワーズ」。既に話題作を幾つか発表し、将来を嘱望された新進作家である。自らの出身大学に設置された先端科学研究所の客員研究者として招聘された彼は、偏屈な天才(?)科学者レンツ博士と出会うことになる。博士は「人工知能は文学を解釈し、理解しうるか」という究極の実験プロジェクトに取り憑かれ、いつしか主人公も抗いようなく、その試みに心身共にのめり込んでいく……。

 マシンH号機は、ヘレンと名付けられ、言葉が教えられ、人間世界のさまざまな事物を教わるにつれてパワーズが情愛に似た気持ちを抱くようになる。リチャードをめぐる過去および現在の女性たちの物語を絡ませつつ進行する。そして最後のまとまりは感動的です。ここまで読んできた甲斐があった。人間とは、心とは、そして生きるとは・・・
            ↓
        garateia.jpg        irakuhasi.jpg
                               ↑
1月13日(火)  「イラクの小さな橋を渡って」(池澤夏樹/本橋成一)光文社


 もしも戦争になった時、どういう人々の上に爆弾が降るのか、そこが知りたかった―。イラク戦争開戦前夜、実際に現地に入った著者が見たのは、人々の普通に人間的な暮らしだった。その後戦争が強行され、多くの不条理な死者が出てしまった今、我々がなすべきこととは。現地の姿を文と写真で綴り、戦争の現実を突きつける旅行記録。

 「君のためなら千回でも」という映画を観てから、その原作やアフガニスタンを舞台にした作品を読みたいと思った。図書館の予約待ちの間に何気なく手に取ってみたのがこの本でした。

 この戦争を止められなかったら、次の戦争も止められないだろう。国際政治を動かすのは議論ではなく武力ばかりになるだろう。ナシリヤの町で、一人の男がロータリーの縁石を白と緑に塗り分けていた。走る車の中から一瞬見ただけだが、ペンキの刷毛を動かすその手の動きをぼくはよく覚えている。世界中どこでも人がすることに変わりはない。自分と家族と隣人たちが安楽に暮らせるように地道に努力すること。それ以外に何があるか。まだ戦争は回避できるとぼくは思っている。(あとがきより)

1月17日(土)  「蛍」 (吉村昭著) 中公文庫


 刑務官が死刑執行時の支え役を引き受けたことで与えられた特別休暇で出かける新婚旅行での心の揺れを描いた「休暇」の映画のことが地方紙に2度も載っていた。<命と暮らし・家族、社会などについて止めどなく思いが巡るこの映画を、多くの人に観てほしいと思った>(高見優・社会福祉士)
       
 吉村昭というと、「破獄」「冷い夏、熱い夏」「仮釈放」「高熱隧道」などの長編は昔よく読みました。<ささやかな生活のなかに潜む非現実をとらえて、心にしみ通る、忘れられない小説>を味わうことができました。
 角膜移植手術に全神経を集中させる、医師の不思議な日常を追う「眼」
 幼い弟を川で事故死させた少年の内心を見つめる「蛍」など・・・
            ↓
        hotaru.jpg      1000kai_b1.jpg   1000kai_b.jpg
                             ↑           ↑
1月20日(火)「君のためなら千回でも」(カーレド・ホッセイニ著)ハヤカワ文庫


 「君のためなら千回でも!」召使いの息子ハッサンはわたしにこう叫び、落ちてゆく凧を追った。同じ乳母の乳を飲み、一緒に育ったハッサン。知恵と勇気にあふれ、頼りになる最良の友。しかし十二歳の冬の凧合戦の日、臆病者のわたしはハッサンを裏切り、友の人生を破壊した。取り返しのつかない仕打ちだった。だが二十六年を経て、一本の電話がわたしを償いの旅へと導く―全世界八〇〇万人が涙した、衝撃のデビュー長篇。 (上巻の裏表紙)

 映画を観てすぐにでも読んでみたくなり注文した。昨年鑑賞した「つぐない」(=「贖罪」)を思い出しました。下巻は主人公のアフガニスタンでの様子が語られます。ラストは映画では簡単になされたように進みますが、小説ではそれなりの月日が必要だった様子が書かれてました。(ネタばれになるので内容は書きません)
 
 映画も観て欲しいし、小説も読んで欲しいと思った作品です。同じ作家の「千の輝く太陽」も読む予定です。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。