スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の映画は劇場で

2月7日(土)  「マンマ・ミーア!」

           mammamia.jpg
 
  ギリシャの島で小さなホテルを営むドナの愛娘ソフィの結婚式前日、三人の男たちが島にやって来る。父親を知らずに育ったソフィの夢は結婚式でヴァージンロードをパパと二人で歩くこと。かつての母の恋人サム、ハリー、ビルのうちの誰かが自分の父親だと見当をつけたソフィが、内緒で招待状を送ったのだ。式の準備でただでさえ大わらわのドナは、昔の恋人たちの出現に大ショック。果たしてソフィの父親は誰なのか?

 「ダンシング・クィーン」「恋のウォータールー」など70年代に次々とヒット曲を放ったABBAの楽曲から誕生したミュージカルは、今や世界中で上演を重ねる大人気の舞台だ。その待望の映画化を担ったのは、ロンドンでのオリジナル版を手がけた演出家フィリダ・ロイド、脚本のキャサリン・ジョンソン、製作のジュディ・クレイマーという女性クリエイター・トリオ。ステージの高揚感を丸ごとスクリーンに甦らせている。歌って踊るヒロインには演技派中の演技派メリル・ストリープ。その娘役をオーディションで勝ち取ったのは『ミーン・ガールズ』のアマンダ・セイフライド。バイタリティに満ちた女性たちの生き様が爽快な一本。
 最高のミュージカルを、大好きなそして懐かしい曲と共に、美しいギリシャの風景と相まって楽しむことができました。パンフレットにあったシーンと曲を紹介します。
 
 SOS サムとドナがお互いの感情を 「僕らの愛に何が起きたの?」「そばにいるのに遠くに感じるのよ」 と問いかけ合うシーンの曲。

 Does Your Mother Know?  ターニャが若者にハイ・テンションで 「ダンスぐらい踊ってもいいけど ママは知っているの?」 とモーションをかけながら歌い踊るナンバー。

 The Winner Takes It All 結婚式の直前に、サムに向けてドナが自らの愛の破局を「何もかも勝者が奪っていくのよ もうやめましょう 悲しくなるから」と切々と歌うドラマティックなナンバー。 

 Slipping Through My Fingers ソフィを送り出すドナが感慨を込めて 「あの子の考えていることが ようやく分かったと思うたびに もう成長している子 私の指の間をすり抜けていく」 と歌う感動的なナンバー。

  I Do I Do I Do I Do I Do 結婚式の教会で、サムがドナに 「認めておくれ 僕を愛していると 分かっているはずだよ」 と求婚するヒューマンなナンバー。

 When All Is Said And Done  結婚したサムがパーティで大人の愛について 「分かれ道に立つ僕ら ゆっくり行けばいい もう急ぐことはない 最後には 何もかも」 としんみり歌い、合わせてドナもハーモニーで加わる、非常にヒューマンなシーンの曲。

 Take A Chance On Me パーティでビルに 「私はフリーよ 試してみて 最高に楽しませるわ」 とモーションをかけるロージーを中心に歌われるハッピーなナンバー。

 Waterloo 物語が終了すると、70年代のABBA風コスチュームで登場した出演者たちがABBAナンバーを披露する。コンサートでいえばアンコールを彷彿させるお楽しみのシーンである。

 Thank You For The Music エンド・クレジットでアマンダ・セイフライドがアコースティックなアレンジでしんみり歌っている。

    楽曲解説/村岡裕司(音楽評論家) 歌詞の一部は映画字幕(翻訳・石田康子)より

この記事へのコメント

共通な作品もあり - やまさん - 2009年03月10日 18:10:59

 花さん、久しぶりです。2月の映画はこの作品1本のみでした!
3月に入って、「オーストラリア」を観てきました。
 そちらのサイトには時々伺うのですが、共通点もいくつか見つかりました。映画では「深呼吸の必要」、本では「私を離さないで」などです。
「利休にたずねよ」も読みたくなりました。
M・アトウッドの「昏(くら)き目の暗殺者」、C・ウィリスの「航路」の2冊で3月は終わるかな? 後者は長すぎる!

ABBAのCD - やまさん - 2009年03月10日 17:59:27

 カポさん、書き込みありがとうございます。
>サントラとアバの作品とどちらか迷ったのですが アバのリプレイスされたベストを購入して聴いていますよ。
→ 私の場合は、<Gold Greatest Hits>を借りてきました。
  wma形式にしてギガビートに入れ、聞きながらジョギングしてます!

>薦めて下さった「君のためなら千回でも」を観ました。
1960年代の平和なアフガニスタンから1973年のクーデター、ソ連によるアフガニスタン侵攻、ムジャヒディンの台頭、タリバン時代、2001年のアメリカによる空爆までの背景で、<愛・友情・絆・裏切り・秘密・贖罪>なるテーマが織り込まれた作品に圧倒される。

こんんちは! - - 2009年03月08日 16:10:40

ABBAの曲を美しい風景やダンスと共に楽しみました。
出演者たちの生き生きとした踊りや歌に元気をもらった気分です。

元気をもらいました~! - カポ - 2009年03月05日 14:14:11

久しぶりに映画でミュージカルを観ましたが 本当に楽しい作品でした。
何と言っても 私よりかなりお姉さんのメリルの歌って踊って飛び跳ねて・・、その彼女の姿に元気をもらって帰ってきました。
パパ候補の3人もそれぞれに個性があって素敵な面々、そして舞台となったギリシャの風景にも癒されました。
サントラとアバの作品とどちらか迷ったのですが アバのリプレイスされたベストを購入して聴いていますよ。

そして やさんが薦めて下さった「君のためなら千回でも」を観ました。
とても素晴らしい作品でした、ありがとうございました。
これも贖罪がテーマですが、ハッサンの手紙に込められた気持ちに涙が止まりませんでした。
アメリカの作品なんですね、製作者たちの懐の深さを感じます。
また良い作品がありましたら 是非教えてくださいね。
よろしくお願いします!!

トラックバック

URL :

プロフィール

やまさん

Author:やまさん
 趣味はいろいろあるのですが、時間とお金の使い方が巧くいかない。
(時間があるときに限って、お金がなかったり)
映画鑑賞、読書(映画の原作を先に読むことも多い)
登山(ハードな山登りもこなすために日頃のトレーニングで汗をかく)
釣り(防波堤や浜での海釣り)
コンピュータのソフトを使い、書籍や雑誌、切り抜きの整理・・

 気軽に何でも書き込みして下さい(場所も気にしないでいいです)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも一覧
最新記事
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。